月夜にワイン

wineid.exblog.jp

キムラセラーズの木村さんと!

先週の金曜日、KIMURA CELLARSの木村滋久さんが三島にやってきてくれました!
b0016474_1665540.jpg

(うっかり木村さんの写真を撮り忘れてしまったので、木村さんの写真を拝借・・・)

ご存知の方も多いであろうこのKIMURA CELLARS。オーナーは日本人醸造家である木村滋久さんです。
ニュージーランドにて、上質なピノノワールとソーヴィニヨンブランからワインを作っています。
ルカワインでもリピーターのお客様がいらっしゃる、人気ワインのひとつです。

木村さん、木村さんのワインの輸入をしているVai&Companyの唄さんとともに、ランチをしながら様々なお話を伺いました。


フランスで飲んだワインの美味しさが忘れられず、醸造家の道へ。

「現地で飲むワインって、ほんとうにおいしいですよね。」
そんな言葉ではじまった私たちの会話。きっと多くのひとが体験したことのあるこの感動。
解放された気持ちの中で飲むワインはとてもおいしく、舌にも心にも忘れられない印象を残します。

キムラセラーズを立ち上げた木村滋久さんは。1973年東京生まれ。
ホテルマンとして勤務する中で受験したソムリエ試験合格のごほうびとして訪れた、
ボルドー、シャンパーニュのワイナリーツアーで様々なワインに出会い、その美味しさに魅了されます。
日本に帰ってもその感動が忘れられず、10年勤務したホテルを思い切って退社。
「本当は、そんな大きな決断できる性格じゃないんですけど・・・このときは。」
と、自分の気持ちにまっすぐ生きることを選びます。

2004年、30歳のときにニュージーランドへ夫婦で渡り、ワイン醸造・葡萄栽培を学びます。
卒業後はNZの大手ワイナリーの醸造スタッフとして経験を積み、2009年キムラセラーズ設立を果たしました。
b0016474_16213818.jpg


ワイナリーのロゴに込められた”新しいはじまり”の思い

キムラセラーズのラベルには、桜でぐるぐるした形が描かれています。
これはNZのいたるところに自生している”シダ”だそうで、
このシダは原住民族マオリの人たちにとって「新しいはじまり」「成長」「調和」のシンボル。
そのシダを桜であしらったデザインには、木村さん自身の決意が詰め込まれた想いのこもったものです。


美しい自然のなかで、家族とともに。

「とにかくニュージーランドは広い、羊がおおい、そして住んでいる人たちが温かいです」
と話す木村さんの言葉の向こうに、雄大な自然やたくさんの羊たちの姿が浮かんできます。
人種差別をすることなく原住民族とゆるやかに共生し、羊たちを優先する交通事情。
大変なこともたくさんあるけれど、ふと顔をあげれば変わらぬ自然が待っていてくれる。
「やっぱり、今は幸せですよ。」
同じくワインの仕事をしていれば、輝かしい面だけでない苦労がたくさんあることは理解できます。
でも、それでも幸せだと思い描く理想のワインについて語る木村さんの姿はとてもまぶしかったです。

b0016474_16434879.jpg

目指すのは、笑顔になれるワイン

木村さんの印象を一言で表すなら「誠実」でしょうか。
たわいない会話も、ワイン造りに関する話題も、すべてに真摯に答えてくださる姿勢は誠実そのもの。
葡萄の98%が機械収穫されるこの土地で、完全手摘みで収穫を行っています。
手摘みならまだしも、選果まできっちり行う作り手は本当に稀だそうです。
手摘みだからいい、機械だからだめ、ということではありません。
みんなが機械だから自分も機械を選ぶ、というのではなく、
理想のワイン造りのためにどの手段を選ぶべきなのかということを選び取るという姿勢。
やはりワイン造り・葡萄づくりは「人」ですね。

「香りをかいだとき、飲んだ時、笑顔になれるワインを目指していきたいです。」
と目指すワインを教えてくれた木村さん。
未だ手つかずの自然が残り、自然との共生を体現できるニュージーランド。
人にも動物にも寛容なこの雄大な大地を舞台に、今日も木村さんの夢は深化を続けています。

貴重な機会をいただきありがとうございました。来年は行ってみたいなぁ、ニュージーランド。


*KIMURA CELLARS新ヴィンテージ入荷しました*
Marlborough Sauvignon Blanc 2017 (白)
品種:ソーヴィニヨンブラン
〔コメント〕
フレッシュな酸味と熟れた果実味の風味がバランスよく調和した力強い味わい。
マールボロ地区のSBの個性をたっぷり感じられるKIMURA CELLARSフラグシップワイン。

Marlborough Special Cuvee Sauvignon Blanc 2016 (白)
品種:ソーヴィニヨンブラン
〔コメント〕
典型的なマールボロ地区のソーヴィニヨンブラン以上に、骨格があり厚みが感じるドライな味わい。

Marlborough Pinot Noir 2016 (赤)
品種:ピノノワール
〔コメント〕
心地よい酸味と魅惑的な赤い果実の風味。上品な渋みが広がるエレガントピノノワール!








◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by wineID | 2017-10-13 16:56 | ワイン