月夜にワイン

wineid.exblog.jp

<   2007年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

運命の出会いなの?

っていうほど大袈裟ではないけれど
こんな偶然もあるんだと、妙に感慨深気な長野&山梨暴走日記(爆)


今回の小布施行きを決めたのは前日!
だって突然「明日行くぞ!」って思っちゃったんだもん(笑)

どうしても行かなきゃ片付かないってワケでもなかったけど
なぜか行った方がいいと思えて、ちょっと強引に出発。
いつもどおり5時に出て、いつもどおり9時に到着。

実家に帰って好き勝手に冷蔵庫の中のもんを食べるように
片っ端からどんどん試飲。←おろおろする娘

世話かけないようにするのが身上で(笑)

詳しくはこちらを

でね
小布施の曽我さんにこの後どうするの?って聞かれたから
行きたかった某ワイナリーにどうしても連絡つかないから、今日は帰るつもりだと言ったら
曽我さんが直接そのワイナリーに連絡してくれて、2時間半後にアポをとってくれた。

曽我さんとそのワイナリーのオーナーとは親友なので
直接本人の携帯に連絡してくださり、1時半に予定があるのでその前に着くならどうぞと・・・

うわーん、ありがとう!

ってかもうそんなに時間がないじゃん!
畑も見に行きたいし、早々に小布施ワイナリーを出発。

畑に着いたら、いつものおじさまたちが剪定作業の準備中。
暑いの寒いのと話をしながらメルローとシャルドネの畑を見てきました。

b0016474_125276.jpg
遠くに飯縄山が見える

畑にいるとついつい長居しちゃう、でさらに時間がなくなり焦る・・・・
後ろ髪を引かれながら須玉へ出発。



山梨のワイナリーなんていつでも行けるじゃんって思ったら大間違い!
そりゃ大手だったら人手もあるし見学コーナーなんてもあるけどね
家族経営の小規模のとこは、ほとんど畑や醸造所にいるので
電話が繋がらないのも珍しくない。
それに仕事の邪魔になるんじゃないかと思うと、訪問するのも気が引ける。

でも今回はせっかくのチャンスなので
少しでもいいから話を聞かせてもらいましょう。

もーこんな時は、いつもは出さないスピードもつい出ちゃいますね(爆)


長坂ICから20分ぐらいでしょうか
待ち合わせ場所で無事合流。
挨拶もそこそこに畑へ。


岡本英史さん
b0016474_1354532.jpg
メルローの畑の前で



b0016474_13623100.jpg
9年間一度も耕運機を使わない畑



なんというか、物凄く飄々とした雰囲気で静かな口調な方ですが
話している内容は物凄く熱いです。
聞いてると自分の小ささを感じて、質問することが失礼ちゃうの?と恥かしくなります。

若いのにすごいな

彼のワインは数が少ない(畑が2ha)
でも熱烈なファンがいる理由がわかる。

時間が来たので畑で別れ、近くのレストランで娘と昼食をとっていたら
岡本さんがいらして、中澤ヴィンヤードの中澤さんを紹介してくださった。
中澤さんのことは以前雑誌の記事で読んだことがあったけど
お会いするのは勿論初めて。
そりゃそうだ北海道の方だもん。

偶然にもこの日、北海道から岡本さんのところに来ていたそうです。

なんだか朝から目まぐるしく時間が早く進んでいるのに
私の時間だけ、所々で止まってたんじゃないかと思えた一日だった。

随分とタイミングよく素晴らしい方々と会わせてもらい
曽我さんや岡本さんの心づかいに感謝するとともに
こーゆーのを奇跡的って言うんだよな~と
誰にというわけでなく手を合わせたくなった。
[PR]
by wineid | 2007-03-31 00:14 | ワイン

梓川PA

b0016474_19152826.jpg

久しぶりの虹♪

ただ今、強い横風と闘っております。
[PR]
by wineID | 2007-03-29 08:10

らっしゃい

もう来てたのね

ツバメっち!!!!

到着早々に古巣の修理とはご苦労様です。

駐車場の桜も3分咲き
季節がどんどんと進んでいます。



えー
明日は小布施ワイナリーに行ってきます♪

なので今夜は早寝です。
[PR]
by wineid | 2007-03-28 22:29 | 日記

ノドがどーもね・・・・

痛いよーな、痒いよーなでやれやれです。

咳もすっきりしないので昨日病院へ行ってきました。
漢方で処方してもらいましたが、まおう(魔王?・爆)がブレンドされているようです。

で、副作用に不眠とあったので心配でしたが

驚きです

目が覚めたら9時ちょっと前(爆)
ぎぇぇぇ9時間も寝てんじゃん!


盛られたか?


というかこの家の人間はどーなってんだ
だれも起きてないってなんだよ


とりあえず、眉毛だけ描いて9時に開店。


ふっ・・・
なんとかなるもんだ。



こんなだめだめな親の話じゃなくて
娘のことをちょっと・・・・・


b0016474_2337476.jpg

これなんだと思います?

続き・・・
[PR]
by wineid | 2007-03-27 23:31 | 日記

散歩から帰ったら

b0016474_1610114.jpg
花びら!

花見♪ 花見♪ 花見♪ 花見♪
[PR]
by wineid | 2007-03-26 16:12 | マックス

雨と風の日曜日

コーヒーを飲みながら曇り空を眺めていると、とっても落ち着く。
なんというリラックス効果
仕事も淡々と進む。

でもお休みだったらこの恨めしいお天気に逆上はお約束(笑)



ここ数日で続いて起きた“偶然の一致”ってやつ
驚きのあまり人に話すけど
話しているうちにどーでもいいレベルに成り下がってしまう。
ま、経験したのは自分で、他人にとってはつまらないこと。
だから人には話さない。
一人で興奮するのさ!(爆)



先月転勤した営業君が、昨夜崎陽軒を片手にひょっこりと寄ってくれた。
今日ゴルフだそうで・・・・
こんなお天気で・・・・
プププ
見た目と違って、かわいいやつだな!


で、もう一人
いつのまにか飲み会メンバーにランクインしていたSッチ
彼も転勤が決まったと、ゆうべ顔を見せに来てくれた。
ありがと、ありがと。
次の転勤先でもがんばれよー
歓楽街に負けんなよー


その後、美人の友の切実なお悩みタイム。
あーこれぞ正負の法則。
美しさと引き換えの苦悩だな~

万歳!人並み。




やっぱり好きだ“よしもとばなな”

先日病院の薬待ちで読んでたら涙が出た
だけど待ち時間の長さに腹も立ってきて
悲しいわ、イラッとするわで・・・・これってAB型だから?

ばななファンとしては、前日公開の映画アルゼンチンババアも気になる。

ロケ地の松崎町岩池や
ばなながよく訪れる土肥や戸田の蟹の店にも行ってみたいな・・・・
[PR]
by wineid | 2007-03-25 13:37 | 日記

やっぱりまだ怖いわ~

b0016474_13343917.jpg
仮免中のドライバーさん。
「殺生しそう」と呟くのはやめて…
[PR]
by wineID | 2007-03-24 13:29

洗車中

b0016474_16135054.jpg

車が動いてる!と言い張る江戸っ子。
[PR]
by wineID | 2007-03-23 16:13

のれそれ

b0016474_018122.jpg
穴子の稚魚です。

ひらべったくて、いかにも穴子の子って思わせる身の長さ。
のどごしが葛きりっぽい、で美味。

閉店間際の魚屋さんのおまけ♪
ありがとう!孫悟空似のおにーちゃん
ありがとう!駿河湾

今夜はにっこり笑ったような綺麗な三日月
その斜め上にはウインクしたように☆が光っていて
何度も見上げてはこちらもにっこり。


ここ数日、実は怒涛の毎日で
ある意味ターニングポイントなのかも。

考えるんじゃなくて決定するってエネルギーがいるねー
それも走りながら(爆)

試飲会も行けなかった
ちょっと残念・・・・・

どーでもいいけどドラマ“愛ルケ”も見れなかった
家族全員を前に見たいって言えんかった・・・・・ちょっと恥ずかしいよ、やっぱ。


そんなこんなの大人な日々で(笑)




バイト代を握りしめSUMIYAで豪遊する娘。
この江戸っ子は、誰に似たのかアホです!
先日も福山のライブに泊まりで2日通して出かけ
明日もスカパラのライブに都入り・・・・
貯金するという概念はゼロです。

ま、CDもDVDも拝借しておりますがね。
[PR]
by wineid | 2007-03-22 00:34

お彼岸

b0016474_116585.jpg

お墓参りにいく途中、車で待っているからと娘に花を買ってきてもらう。
数分後、買ってきた花の値段を聞いてのけぞる母(私)

いつも感じるのですが・・・・なんだよこの彼岸相場は!

ま、ここんとこの寒の戻りで花の持ちがいいよねって
お墓に語りながら、すきすきな感じの花立てにお水をじゃぶじゃぶとサービス。

チューリップを単品で追加すればよかったと、
線香片手に悔いる娘・・・・

お盆は頑張るからねって墓前で誓う母娘(爆)

で、
帰宅後は、おきまりのおはぎでランチ。
きっと明日もおはぎモーニング。






昨日は新月。

ひっそりと願掛け。

病気を抱えた彼女が最低限の負担で済むようにが、一番最初のお願い。
そして、みんなが幸せであるようにが二番目のお願い。


不幸ってなんだろう
今の私にどんな不幸があるのだろうって考えたところで、残念ながら思いつかない。
子供の頃から、いろんな壁があっても不幸だと思ったことはなかった。
そう思えたのも親のおかげだと、今になるとしみじみ思う。
だって、悲しいことはあっても辛いって思ったことがなかったのは
全てを覆う愛情で守られていたという実感があったから。

今その親はいなくなったが
ここまでの軌跡でつくられた世界が、きっと強いガードを持って
自分を守ってくれているのだろう。

自分だけの力ではない。

誰かが見守ってくれている。

だからこそ
真面目に生きなくてはといけないと思う、新月&彼岸&春分の
トリプル交差点な夜。
[PR]
by wineid | 2007-03-20 01:58 | 日記