月夜にワイン

wineid.exblog.jp

5/18 令和最初のワイン会開催しました*

気軽に飲みたいワインを飲もう!をコンセプトに、不定期に開催しているルカワイン主催のワイン会”le petit poisson”。
5/18(土)、ターブルドクドウ さまにて開催いたしました。
毎回テーマを決めていて、今回のテーマは「ペトリュスを飲む」でした。
ずっと寝かせていた87年のものを「ちょっと飲んでみたいよね・・・」という気持ちで決めたテーマです。
なのでいつもより少し高めの会費となりましたが、計10名で行いました。

いつもは店内で行っているのですが、今回はクドウさんのお食事と一緒に楽しみました。
(さすがに店内で飲むワインではないですよね。笑)
b0016474_13584989.jpg
ワインのラインナップはこちら。

1.アンティカ・フラッタ(イタリア)/フランチャコルタ ロゼ2008(マグナム)
2.ローレンス・ファミリー・ワインズ(南アフリカ)/リンディ・カリアン22017
3.シャトー・ペトリュス(フランス)/ペトリュス1987
4. ドメーヌ・ド・シャソルネイ / ニュイ・サン・ジョルジュ 1er クリュ 2006
5. ヴィニヤード・デ・ルカ / VDN バニュルス

b0016474_14441244.jpg
白ワインとして選んだのは、南アフリカワイン。
ローレンス・ファミリー・ワインズのリンディカリアンです。
様々な品種のブレンドによるワインという点と、作り手が若いということ、そして味わいに感じられる躍動感・・・・
わたしが感じる「多様性あふれる南アフリカ」がギュッと詰まった大好きな1本です。
b0016474_14455727.jpg
エチケットに描かれているのは奥さまのスケッチ。
見た目の印象を裏切らない味わいも好きで、このワインにしよう!と決めるのに時間はかかりませんでした。
白に合わせて一緒にいただいたエビがとてもよく合っていて、嬉しかったなぁ。
(ペトリュスを飲んだ後にこのワインに戻ってもしっかり美味しかった!すごくないですか!)

リンディカリアンがきれいな序章となり、次に続くペトリュスへ幸せなバトンパス。
ペトリュスを飲むのは初めて。オールドヴィンテージを抜栓するのも初めて。どきどき。
b0016474_13584415.jpg
開けて驚いたのは、コルクの長さと密度の高さ。こんなコルク初めて見ました。
長期熟成を考えて作られた緻密な計算がこんなところにも。
リコルクしていないのに、30年経ってもこのような良好な状態に驚きました。
(ボロボロになって開けるのに苦労するのを想像していたのです。)
b0016474_15030132.jpg
そして今日の主役、ペトリュス1987年の登場です。
30年以上経っても、未だに「若々しさ」を感じさせる酸味が味わいをしっかり支えています。
パワフルさよりも、上品さ。そして、永遠に続くような長い余韻と、口の中にとどまり続ける華やかな香り。

パーカーポイントが決して高くなかった87年。
しかし、評価とは一体何なのだろうと、様々な思いがめぐる味わいを堪能しました。
瞬発力も大事だけれど、答えを急ぐと大切なことを見失うのは、ワインにこそ言えること。試されているのは、私たちの寛容さ。

裏切らない安定感、王道の品格、ペトリュスという存在。
なんだか、言葉で味わいを表現するのがとても無粋に思えてしまいます。。。

わたしが生まれる前に作られたこのワインが届けてくれるのは、その美味しさだけではありませんでした。
その当時に思いを馳せる私たち一人ひとりの気持ちも入っているようで、ぐっときます。

SNSの流行で、見た目が重視されるようになった昨今。
中身が伴わなくてもモノが売れるようになった時代に、何かを守り抜くことの価値に美しさを感じられる自分でありたいと思いました。

ワインを囲み、温かな人たちの和の中で過ごす時間は何にも代えがたい豊かな時間ですね。
まだまだまだまだ知らないことだらけのワインの世界。
その深淵を垣間見て、少し足がすくみつつ、ワインを仕事にすることの重大さを感じた日でした。

素晴らしいひとときをご一緒してくださった皆様、本当にありがとうございました。
またやりましょうね!


「時を売る仕事」って、なんだかいい響き。




# by wineID | 2019-05-19 16:46 | プティ・ポワソン

ワインが生まれた場所に行く意味。

イタリアワインの第一人者である内藤和雄さん。
『イタリア好き!』に掲載されていた内藤さんのインタビューがとても心に残りました。

「大切なことは何度も会って、何度も土を踏み、何度も風を感じ、イタリア人のアイデンティティを理解し、
造り手のパッショーネを感じることだ。それが世界の中のイタリアワインを語るのではなく、
イタリアの中のイタリアワインを語る上で重要なことでもある。

b0016474_13454322.jpg
イタリアの中のイタリアワインを語る、という文脈。
そんなに多くはないけれどワイン産地を訪問する中で感じていたことを、
すっきりと言葉にして表してくれたようで、すとんと腑に落ちました。

こういう考え方を持ってワインに向き合うことは、本当にチャレンジングなことだと思います。
やらないといけないことがあるのは大変だけど、でも、わくわく!

ふっ、と突然やってくるこういう見つめ直しの機会が嬉しいです。



















# by wineID | 2019-05-18 16:37 | ワイン

1年前の今ごろ。

b0016474_12251982.jpg
去年の今頃は、フランスに行っていたらしいです。
(SNSがお知らせしてくれる時代。)

まだ1年しか経ってないなんて驚きです。なんだかとお~くの日の出来事のよう。
去年の今頃は馬に乗っていたんだなぁ・・・と思っていたのですが、
b0016474_12311108.jpg
たまたま今年もお馬さんと一緒の時間を過ごしました。
かわいいお顔のこの子は優香ちゃん。対馬の日本固有種らしいです。小さくって優しい目。

ここは、中伊豆ワイナリーにできた乗馬施設。初めて行きました!
お馬さんたくさんいます^^
b0016474_12311778.jpg
写真の撮り方によってはアメリカです。

とてもきれいで、山々に囲まれた清々しい場所!ちょっとお出かけしてみる場所としておすすめです。
近くに温泉もあったりして、中伊豆楽しいなぁ(*´∀`*)

# by wineID | 2019-05-16 12:35 | 日常のあれこれ

楽しかった日曜日。

大学で出会った後輩の結婚式で渋谷へ。遠方から参加する友達と待ち合わせ。
渋谷に何があるのかよくわからず「マルキュー前で!」と連絡しあったのを、当日激しく後悔しました。
とても恥ずかしい・・・・。(;^ω^)

b0016474_12370469.jpg

この結婚式、いままで参加してきた結婚式で感じたモヤモヤを全部晴らしてくれた見事な式でした。b0016474_13255874.jpg
新郎新婦のお父さんたちは出番があるのに、お母さんがないのはなんでだろう。
新婦からご家族に手紙を読むのに、新郎が読まないのはなんでだろう。
最後に流すムービーを、新郎新婦とご家族が見られないのはなんでだろう・・・などなど。

誓いの言葉を神父が読み上げるのではなく、両家のお母さんが手紙形式で読み上げるところから会は始まり、
「おおー、さすがー。」と、いつも道を切り開いていくタイプだった後輩らしくて惚れ惚れしました。

と同時に、結婚式には親御さんの対応力が求められる時代に・・・。
b0016474_13281462.jpg
とてもかわいらいい会場。

大学時代に大変お世話になった教授とも久しぶりに再会でき、一緒にインドに行きましたね~と話に花が咲きました。
学生時代、がむしゃらに悩み、考え、語り合った友人たちとの時間は、自分の根っこを改めて見つめる豊かな時間でした。

今、とてつもないエネルギーが自分の体に満ちているのを実感しています!!!笑

集まっていた後輩や友人と、夏になったら久しぶりにゼミ合宿をしよう!という話で盛り上がり会はおひらき。
夏に再び集まれるのが、今から楽しみでなりません。



# by wineID | 2019-05-13 13:32 | 日常のあれこれ

星の王子さまではないけれど。

b0016474_18545546.jpg
お昼に食べたメロンパンによく似ているなぁ、と写真を撮って気が付きました。
白いブロッコリーは袋に入れてみるとメロンパンですね。

このお野菜は沼津で有機野菜をつくる遠藤さんちのもの。
遠藤さんのエネルギーたっぷりのお野菜は、味が濃くて本当に美味しい。
遠藤野菜がたくさん届く日は、野菜だけで十分幸せな食卓です。

「オーガニック」や「有機栽培」という言葉でまとめてしまいがちだけれど、
それを作る農家さんの大変さは相当なもの。
腰をさすりさすり話をする遠藤さんの姿を見ながら、わかった気になったらいけないぞと思いました。

オーガニック食品を選ぶ入り口はなんであれ、その気付きをもう一歩深めるための導線をつくるのは私たちの仕事。
生産者がひとりぼっちにならないように、踏ん張れるように、お互いの声を届けあうことの大切さに気づいた日です。

そういえば、農作業から帰ってきたおじいちゃんの車ってくさかったっけ。
そんな空気を感じにくい今だけど、そういう感じられないことの中にこそ本当に大切なものがあるのかもしれないなぁ。

と、ブログを書いていたら蚊にさされました。今年初蚊。令和初蚊。




# by wineID | 2019-05-10 19:06 | 日常のあれこれ

WINE BAR MISHIMA開催しました

WINE BAR MISHIMA 2019 終了しました。
三島市内の飲食店有志が集まり、ワインと食事を楽しむイベント”ワインバーミシマ”が5/8に開催されました。b0016474_15520776.jpg
毎年テーマが決まっているのですが、今年のテーマは「酒とバラの日々」。
テーマにちなんで会場内には色とりどりのバラが飾られ、華やかななロゼワインが並べられました。

会場となったのは三島市広小路のディレッタントカフェさん。
川沿いの美しい風景を眺めながらのロゼって最高ですね。
アコーディオンの音色も花を添えてくれて、まるでパリにいるようなそんな雰囲気でした。
b0016474_15521485.jpg
フードも豪華!
ワインとのペアリングを意識したメニューなので、食べることもこのイベントの醍醐味の一つです。

今回のイベントの中では時間をいただいて、私の南アフリカ体験記をお話しさせていただきました。
少しでもその雰囲気が伝わっていたらいいな、と思います^^
(みなさんが保護者のような温かな眼差しを向けてくださって、それでもう十分でした。)

当日までは準備やら何やらとあわただしいのがイベントの常ですが、
その日になれば参加してくださった皆様の楽しそうな笑顔とおしゃべりに「やってよかったなぁ!」という気持ちでいっぱい!

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
よき一日を共に過ごせて、私もちゃっかり楽しんでいました。

またお会いしましょー!




# by wineID | 2019-05-09 16:03 | イベント

ホーホケキョ。

b0016474_14230431.jpg
GWの連勤やり切りましたー!ぱちぱちぱち。
この10日間はとても不思議な日々で、いつもの常連さんたちに加えてはじめましての方も多く、
いつも以上におしゃべーりが忙しかったです。
なんか、毎日楽しかったなぁ。ご来店、ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

そして昨日は連休明けはじめての定休日!
ずっと心に決めていた山登りへ。(正確には丘登り。)
遠くから眺めていた沼津アルプスの新緑が気持ちよいほどきれいで、山に行きたかったのです。(でも行ったのは丘。)

冗談のようにうぐいすが「ホーホケキョ」と鳴いていて、お山(丘)は春満開でした。
芝生に寝っ転がったりして、とても気持ち良い時間でした。誰も見ていませんように。

今年は友達と「ひとつ大きな山に登ろう!」と決めていて、その準備も少しづつしていこうと思います。

南アフリカに行って以来、自然を愛でている自分がいる・・・・。



# by wineID | 2019-05-09 14:32 | 日常のあれこれ

似ている。

b0016474_10523077.jpg
後輩の結婚式でもらった、わたしの似顔絵イラスト缶バッチ。
似てる。(笑)

わたしって、絵にしやすい顔なんだなぁ。

似すぎててこの缶バッチの使いどこがわかりません。

# by wineID | 2019-05-08 10:52 | 日常のあれこれ

GW満喫。

GWの間、仕事をはやめに上がらせてもらって1日だけ東京に行ってきました。
サービス、セレクト、知識など、どれをとっても学びがいっぱい詰まったあこがれのビストロへ。
まだ2回しか来たことはないけれど、密度が濃く、何時間でもいられる。(笑)
その雰囲気づくりも、いいなぁ、とうっとりします。

b0016474_10243627.jpg
そのお店で出てきたワインの1本。シュレールのバックビンテージ。
出し惜しみせず、出す人には出す、という姿勢もかっこいい。

この日は6人で食事に出かけて、7本のワインを堪能しました。
偏見のないようにすべてブラインドで出してもらい、産地や品種を考えながら飲みましたが・・・

見当違いもいいとこだった。涙。


ああへこみ。。。
まだまだ修行がたりーん!

おいしいお肉もたっぷり食べられて幸せのきわみなり。

# by wineID | 2019-05-07 10:34 | 日常のあれこれ

語り継がれる名曲。

b0016474_22000689.jpg
いつかのブリオッシュ。突然ルカワインにやってきた女神からの贈り物。
バターの香りって、癒やしですね(*´∀`*)

昨日は仕事のあと家族でお出かけしました。
車の中で小さな声で歌を口ずさんでいた甥っ子くん(4才)
よくよく耳を澄ませてみると、

「ちゅっぱることがおとこのー、たたひとちゅのくんしょー」

まさかの嶋大輔でした。

保育園で同じクラスのしげちゃんが教えてくれたそうです。
しげちゃん!笑

# by wineID | 2019-05-04 22:06 | 日常のあれこれ