月夜にワイン

wineid.exblog.jp

ラグビーW杯開幕!

ラグビーW杯が開幕しましたね!
ルールをなんとなくかじって、にわかファンながらも初戦からしっかり観戦です。
今日は南アフリカvsニュージーランド!
映画・インビクタスの決勝戦のようでわくわくします。

そして今日は、11月10日に開催されるワインのイベント”するがvin(ヴァン)”のワイン選びをしました。
ルカワインは日本ワイン担当なので、大切に保管しているワインから、
「今飲んでほしい!」と思うものをセレクト。

選びながら、ニヤニヤが止まりません!!(笑)
b0016474_16275414.jpg

するがvinは只今チケット発売中です。
楽しくわいわいワインを楽しみましょう(*'ω'*)
ご参加お待ちしています!

●するがvin 2019 VOL.01●
日時 11月10日(日)11時-15時
会場 みしま未来研究所
  (三島市中央町6-2 三島駅南口から徒歩12分)

前売り券:3,500円(税込)
当日券:4,000円(税込・数量限定)
〇グラス5杯分の引換券付
(たくさん試してほしいから量は軽め)
〇当日グラスワイン追加チケットの追加販売をいたします。
〇フードは別料金となります。

【購入方法】
・フード参加各店舗、
・ルカワイン
・または専用フォームからお申し込みください。
http://urx.space/WCuf
(折り返しメールをお送りします。)


# by wineID | 2019-09-21 17:03 | 日常のあれこれ

ボジョレーヌーヴォー2019 ご予約受付中

b0016474_19245483.jpg
今年もボジョレーヌーヴォーの季節がやって来ます!

ボジョレー・ヌーヴォー2019、ご予約始まりました。
定番の味わいから、男らしさ全開の味わい、去年大好評だったヌーヴォーも再登場です。

私にとってヌーヴォーは
「今年も1年ここまで頑張った!」と、慌ただしくなる季節を前にちょっとだけ立ち止まって自分をほめる日。

そして私たちにワインを届けてくれる作り手に、「ありがとう!」を伝える日。

年に一度、この日だけワインを飲む方には「ワインっていいね!」と思ってもらえたら嬉しい日。

いろんな気持ちを込めて、今年もとっておきの作り手のヌーヴォーをセレクトしました。

店頭にて予約表を配布しております。
前もってのご予約がとってもお得です(*'ω'*)よろしくお願いします!



# by wineID | 2019-09-14 19:31 | ワイナリー

久しぶりのワイン会で感じたこと。

「自分に自信がない」ということを一番実感するのが、母とワインのテイスティングをしているとき。
母が「おいしい」と思ったワインに対して、私も同じように「おいしい」と思えないことが時に不安で、
やっぱりこの仕事は私には向かないのでは、と堂々めぐりが始まります。

つい先日の週末試飲でもこの「おいしい」がかみ合いませんでした。
「母がおいしいと思うワインを同じように思えない私はダメなのだ」と、一回このループに入るともうだめです。

部屋の隅っこでいじいじする私に対して母が言うことはいつも同じで、
「あんたのその考え方うっとうしい。」です。

鬼かよ。母親なら優しく抱きしめてよね。

そんなやさぐれ期間中に参加した、とあるワイン会。
登場するのは、名前は聞いたことがあるけれど見たことも飲んだこともないワインたち。
b0016474_17262057.jpg
ワインの名前を伏せて注がれた1本のワイン。
熟成感もあるけれど、まだ芯もあって若々しさも感じる。とても飲み心地が良くて、香りはうーん、わかめ?鉛筆?かな。
でもおいしい。おいしいのはわかる。

そのワインは、シャトー・ムートン・ロートシルト1970でした。
50年も前なのに、未だに張り詰めたニュアンスをかすかに覗かせる味わいの奥行きに驚きました。

その時、なぜか急に強く思ったのが、
「もし私が同じワインを10年後20年後に飲んだ時、今と同じ感想は出ないだろうな」
ということでした。
粗削りな感想も、感覚的な言葉も、とれる香りの幅も、味わいの範囲も。
10年後の私は、もっと成長してるだろうし、劣化することもあるだろうし、もっとかっこつけたことを言うかもしれない。

今の私は、今しかいない。
なぜだか分からないけれど、その意識がぱっと芽を出しました。
(これがムートンの力なのか・・・・?)



私は自分が思う以上に、
人の言葉や、ラベルや、価格でワインを飲んでいたことを、真正面から突き付けられたようでした。

「あの人が言うから、おいしいと思わないといけない」
「みんなが美味しいって言うから」

そうやって思っていたのは自分に自信がないからではなく、
自分の感性でワインを味わって感じたことを、誰かに否定されたくなかっただけなのかもしれません。
プライドが高いことを、自信がないという言葉で隠していただけ。

今しか感じられないことをもっと大切に積み上げていかなければ、
借り物の言葉でしか伝えられない人間になってしまう。

自分の感性に素直に向き合うことを真剣にはじめようと、強く思っています。

私の考え方って、
本当にうっとうしかったんですね。



\(-ω-;)...ハンセイ
# by wineID | 2019-09-12 18:28 | ワイン

台風の夜

b0016474_01243195.jpg
台風が伊豆地方に近づいており、三島市内でも避難勧告が出ています。
家人が避難所の開設に向かったため、起きられるところまで起きていようと思いましたが、
雨や風は一向に止みそうもありません。お店の様子も気がかりです。

陸前高田の方たちから「大丈夫?ニュース見たよ」と心配のメッセージが届いています。
先日、市内で竜巻が発生した時も、同じように心配のメッセージをくれました。

東日本大震災の折、津波被害があった地域では、
いつものように地域の見回りに行った消防団の息子さんが、そのまま帰ってこなかったといいます。
こちらも、あちらも、これが最後だなんて思わなかったでしょう。

強い風の音を聞きながら、
「当たり前のことなどない」ということを、身に染みて感じています。

今日はパジャマではなく私服で、足元に防災バックと懐中電灯を置いて過ごしています。

大きな被害が出ないといいです。

# by wineID | 2019-09-09 01:35 | 日常のあれこれ

【イベント中止のご案内】10/5パブリックビューイング

b0016474_14254153.jpg
10月5日(土)に予定しておりました、日本vsサモアのパブリックビューイング。
ゲストとして参加予定だったチェスター・ウィリアムズさんが急逝されたという訃報を受け、
今回のイベントは中止といたしました。

楽しみにしてくださった皆様、参加を考えていた皆様、ご理解いただけますと幸いです。

アパルトヘイトの象徴と言われていた南アフリカラグビーチームにおいて唯一の黒人選手として活躍し、
マンデラ元大統領が掲げる「one team one country」を生き方で体現してきたチェスターさん。
その訃報を知らせるニュースを読むキャスターたちが涙ぐむ様子を目にしたとき、
南アフリカにおいて、彼がどれほどの存在だったのかを知りました。

チェスターさんがやってくると聞いたから、ラグビーに興味を持つことができました。
それはきっと私だけではないだろうと思います。

彼自身も今回の来日をとても楽しみにしていたといいます。
お昼に行われるランチ会では、チェスターさんを偲びつつラグビーをきっかけに集まった皆様と
楽しい時間を過ごしたいと思っております。

チェスターさんのご冥福をお祈りするとともに、
深い悲しみの中にいる彼の家族、友人、ファンたちの心がいつの日か癒えますように。


# by wineID | 2019-09-08 14:36 | イベント

落語なるものなど。

b0016474_23171536.jpg
修善寺の旅館、柳生の庄で行われている毎年恒例の「柳生の庄寄席」に行きました。
「毎年恒例」なんて、知ってる風に言ってみましたけど、行くのは初めて。
柳生の庄ももちろん初めてで、ここに足を踏み入れるのはきっと最初で最後になるかな・・・と、
気合を入れてお風呂に入ってから行きました。

数か月前に初めて落語を聞き、おもしろさを知って、いつか見てみたいな~と思っていました。
こんなに近くで見られる機会があり、とっても嬉しい!
b0016474_23121087.jpg
写真どヘタ。

初めての生落語、ついていけるかなぁと不安でしたが、夏らしい怪談話があったりと楽しかったぁ!
お客さんたちが声出してめちゃくちゃ笑っていて、それにつられて私もたくさん笑いました。

落語のいいところは、人間のしょうもなさや業を笑いに変えて肯定してくれるところ。
「私ってほんとにしょうもないな・・・」と思うことも、
「落語だったら今日の私をどんな話に仕立てるかな?」と思いをはせることで、前向きになれたりしています。

そんなことを昔から人が求めているんですから、私だって悩んで当然。しょうもなくて当然。
そうやって笑いあって生きていくのってなんだか素敵。人間の営みは、小さくとも尊いものです。

最後にはお楽しみ抽選会がありました。
ここには書けないようなハプニングが続出していて、今日もついつい思い出し笑いしています。

会場である柳生の庄さんの雰囲気はもちろん、温泉場ならではちょっと浮足立っているのがとても心地よかったです。
そこに秋風がふ~っと吹いてくる感じも、よかったなぁ。



# by wineID | 2019-09-06 23:34 | 日常のあれこれ

チーズ入荷しました*

b0016474_13061298.jpg
神楽坂チーズ専門店、アルパージュさんからチーズ新入荷です!
久しぶりの入荷になりました。
ボルドーワインとしっとり、ご一緒にいかがでしょうか?

◆今回のラインナップはこちらです。◆
・ゴルゴンゾーラ マスカルポーネ
・ラングル
・ブルー(アトリエ・ド・フロマージュ)
・パルミジャーノ レッジャーノ2年熟成
・カマンヴェール ヴュー ポルシュ
・ミモレット エクストラ ヴィエイユ18か月熟成

よろしくお願いいたします(*'ω'*)

# by wineID | 2019-09-05 13:11 | 食品

【参加者募集】10/5パブリックビューイング in みしま未来研究所

ラグビーワールドカップに合わせて、10/5(土)のお昼はワイン会を開催いたします。
(⇒詳細はこちらをご覧ください)
お昼にワイン会を行った後、夜はラグビーのパブリックビューイングを行います!

b0016474_13395621.jpg

同じ日の夜、イベントに参加してくれる南アフリカからの2人のゲストがそのまま三島に残り、
一緒にパブリックビューイングをすることが決まりました!10月5日(土)の対戦カードは、なんと、
日本vsサモアです。

参加してくれるのはこちらの2人。
b0016474_13101671.jpg
<南アフリカ>ピート・ゴッゲンズさん
南アフリカ・ステレンボッシュにあるワイナリー"ASARA"のオーナー。
マンデラ元大統領のプライベートシェフを務めた経験も持ち、料理に合うワインを追求します。
(ピートさんがオーナーを務めるASARAは、私が今年の5月に研修で滞在させていただいたワイナリーです。)

b0016474_13425342.jpg
<南アフリカ>チェスター・ウィリアムズさん

元ラグビー南アフリカ代表選手 チェスター・ウィリアムズさんがゲストで登場いたします。
1995年南アフリカで開催されたラグビーW杯において同国が初優勝した際、
唯一の非白人選手として活躍。
ラグビーを通して南アフリカをひとつに融合した象徴的存在です。
その様子は映画『インビクタス』でも描かれました。

当日はチェスターさんによる解説を聞きながら、
ラグビーと南アフリカのつながりについてお話していただく予定です。

気軽にご参加ください!お待ちしております^^

-------------------------

パブリックビューイング@みしま未来研究所
10月5日(土)18:00開場 18:30~お話会 19:30キックオフ
参加費:1,000円(ワインドリンク付)

【ご予約・お申込み】
ルカワイン 055-983-0755 / info@luca-wine.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




# by wineID | 2019-09-01 15:15 | イベント

【イベント情報】10/5(土)ワイン会@ディレッタントカフェ

b0016474_12565372.jpg


まもなくラグビーワールドカップが開幕ですね!
ラグビーワールドカップに合わせて来日する生産者をゲストに招き、ワイン会を開催いたします。
(まさかラグビー関係のイベントをやる日が来ようとは。。。)

10月4日(金)はエコパスタジアム(静岡県袋井市)にて
南アフリカvsイタリアの試合が開催予定です。
その試合を観戦するために来日する両国の生産者たちが、翌日三島に立ち寄ってくれることになり、
「南アフリカvsイタリア第二回戦」として、両国のワインを味わうワイン会を行います。

参加してくれる生産者はこちらの2人!
b0016474_13094674.jpg
<イタリア>ジャンルイジ・キオディン
イタリア中を駆け回り、その土地の味わいを感じられるワインを日本に紹介するスペシャリスト!
当日は彼が奥様の名前を冠して作ったスパークリングワインも登場予定!
b0016474_13101782.jpg
<南アフリカ>ピート・ゴッゲンズ
南アフリカ・ステレンボッシュにあるワイナリー"ASARA"のオーナー。
マンデラ元大統領のプライベートシェフを務めた経験も持ち、料理に合うワインを追求します。
(ピートさんがオーナーを務めるASARAは、私が今年の5月に研修で滞在させていただいたワイナリーです。)

そして、スペシャルゲストも!
b0016474_13100669.jpg
元ラグビー南アフリカ代表選手 チェスター・ウィリアムズさんがゲストで登場いたします。
1995年南アフリカで開催されたラグビーW杯において同国が初優勝した際、
唯一の非白人選手として活躍。
ラグビーを通して南アフリカをひとつに融合した象徴的存在です。
その様子は映画『インビクタス』でも描かれました。


前日の試合の結果次第では、大荒れになるかも?!しれないワイン会。
一生に一度、この奇跡のワイン会にぜひご参加ください^^
皆様のご参加をお待ちしております!


10/5 WINE WORLD CUP 2019
10月5日(土)11:00開場 11:30スタート
会場:ディレッタントカフェさま
会費:5,000+税(ワイン・お食事代込、お土産付き)
   立食スタイルでの気軽なワイン会です。

【ご予約・お問い合わせ】
ルカワイン 055-983-0755 / info@luca-wine.com

# by wineID | 2019-09-01 13:24 | イベント

弾丸山形。

仏・ロワールでワイン醸造をする新井順子さんが、なんと日本で初めてワインを仕込むことが決まりました。
その舞台は山形県!藤巻一臣さん率いるグレープリパブリックさんがそのコラボ先です。

デラウェアの栽培面積・出荷量共に日本一を誇る山形県でワインを作るのですから、やはり選んだ葡萄はデラウェア。
生食用葡萄によるワイン造りという点においても、順子さんにとって初めての挑戦になるでしょう。
b0016474_19003091.jpg
見覚えのあるこの景色は、酒井ワイナリーさんの名子山の葡萄畑すぐ上から撮影したもの。
またこの景色に出会えたことがうれしいです。稲穂の緑を胸いっぱいに吸い込みました。

朝6:00から始まったデラウェアの収穫。
この日の収穫には都内、横浜、そして私たち静岡のワインショップ経営者4名が集合。
全員女性というのも面白いです。
天気予報とは裏腹に変わっていく天気にじりじりしながら、収穫が始まりました。
「まりこさん」という女性が作るデラウェアが今回のワインの主人公です。

(せわしない収穫作業に、気が付けば写真が全くありませんでした・・・。)

b0016474_19084518.jpg
想像を超える収量の多さで長引いた収穫。
葡萄畑でも丁寧な選果作業を行いつつの収穫だっため、時間もかかりました。
足早に休憩をとりつつも、しっかりと腰を据えて食事をとったのは15時ころ。
みんな本当によく頑張りました!(もちろん私もー!笑)
b0016474_19102477.jpg
収穫終了予定時刻の12時には出来上がっていたパスタたち。
私たちの到着をカチコチになりながらも待っていてくれた、けなげな明太子パスタとペペロンチーノ。

食事の後には仕込みが始まりますが、順子さんセレクトの素晴らしいワインたちも場を彩ります。
こういう瞬間が何よりの幸せです。
b0016474_19121535.jpg

収穫した葡萄は畑で溜めずにすぐさまワイナリーへ運ばれます。
私たちが収穫している間も、ワイナリースタッフが何回も畑とワイナリーを往復です。
そして醸造所の冷蔵庫で葡萄の温度をぐっと下げます。
冷やすことで発酵時の温度上昇を抑えるためです。
この日の山形も日中はとても暑かった!


さぁ!仕込みが始まります!
まずプレス機でジュースにするものと、つぶさずに果粒のまま漬け込むぶどうの2つに選別されました。
酸味を補うための工夫としてとられた醸造方法で、見た目が青いものがジュースになります。
b0016474_19152086.jpg
ジュースにしない漬け込み用葡萄は、丁寧に軸から果粒を外していきます。
手で行われるこのエグラッペ(手除梗)という作業は、10人がかりでも3時間以上たちっぱなしで続きました。
b0016474_19191612.jpg
見てみてー!ぴかぴかー!
丁寧に手で外された葡萄たち。時間をかけて2つのタンクいっぱいになりました。
こんなに時間がかかるとは・・・。その分愛着が湧いてきますね。かわいい(*'ω'*)

全てが終わったが21時過ぎ。
畑や醸造所での順子さんはいつも以上にパワフルで、
葡萄や人の動きを見ながら最善を尽くせるようにいろんなことを考え動いているのだなぁと思いました。

この葡萄がどんなワインに変容していくのか、とっても楽しみです!


# by wineID | 2019-08-31 19:24 | ワイナリー