月夜にワイン

wineid.exblog.jp

言葉についてのあれこれ。

b0016474_11552170.jpg
2月2日にEテレ『SWITCHインタビュー達人たち』のゲストが、糸井さんと芦田愛菜ちゃんでした。
まなちゃんの感情を糸井さんが言葉にして解釈していくやりとりが見事で、
糸井さんの話をちゃんと理解して、ちゃんと対談になってるまなちゃんも見事で、すごくいい時間でした。

その番組が終わったあと、糸井さんの『ボールのような言葉たち』をしっかり読み返してみました。
誰かの力に頼りたいときにランダムにぱっとひらいてみたりしています。

その中に書かれていた言葉。

見えないものとか、聞こえない声だとか、
あえて言ってないこととか、
うまく言えないままのこととか、
そういうことのほうが、
ずっと多いのだということを、
ぼくたちは忘れそうになる。

対談の中でも軸になっていたひとつの要素。

映画館や美術館を見て回ったあと、「どうだった??」と聞かれるのが昔からすごく苦手でした。
でも最近、「どうだった?」と友達に無意識に聞いてしまっている自分に気が付き、はっとしました。
言葉にすることはとても楽だけど、言葉にしたら消えちゃう気持ちがあることを、私はすっかり忘れていたように思います。
そんな風に慌ただしく過ごしている時間が重なると、相手の優しさや我慢に気がつけなくなったりして、
「自分ばっかりこんなにつらい」なんて感情が大きくなり、どんどん傲慢になってしまっている気がします。

ワインは、その味わいを言葉にしていく作業です。どんな色、どんな香り、どんな味・・・・。
だけど本当に心に響いた気持ちは、どうやっても言葉にできない。
でもどうにか伝えたいから、どうにか言葉にするけれど、どうにもこうにも腑に落ちない・・・・。
その言葉にならないところが一番伝えたいとこなのに、できない。

言葉にしてワインを説明していくことに追われて、
迷子になってた自分の気持が置いてけぼりになっているのを忘れてしまっていました。

そして。
このままじゃいけない、迷子になった気持ちに蓋をしたくないなぁ、という思いから、ワインにコメントをつける作業をはじめました。
1本1本のボトルに、個人的な思いを書いた紙をつけたりしています。
まだ始めたばかりで全然追いついていないんですけどね・・・汗汗汗

先日、その紙を読んでくださったとあるお客様から
「ワインの味もおいしかったけれど、一緒に入っていた紙に書かれていた言葉に感動して、それを伝えたかった」
とわざわざ足を運んでくださりました。

すごく、すごく嬉しかったです。

言葉にならない気持ちと付き合っていくのは、たまにとても面倒くさいけれど、それが一番肝心なとこなのかもしれないなぁ。
それが伝わった時、こんなにうれしい気持ちになれることも、すっかり忘れてしまっていました。

もっともっと丁寧に、自分の気持を掬っていきたいと思います。
糸井さん、まなちゃん、ありがとう!

# by wineID | 2019-02-17 12:18 | 日常のあれこれ

学び直しの契機。

b0016474_12265547.jpg
学生時代の友人たちが、今年の春からこぞって大学院に進学する。
学び直しというやつです。
同じような問題意識を持ち「世界を変えるぞー!」と熱くなってた仲間たちが、社会人になり、
自分の仕事の分野から具体的にどう社会の変容に関わるのかを、理論と一緒に整理したいと思う時期らしい。
みんな同じタイミングすぎてちょっとおもしろい(笑)

あの頃はただ漠然と「俺たちなら何かできるはず!!!」って思っていただけだったけれど、
社会の仕組みがなんとなくわかり、その上で具体的にどう変革していくのかを考え、実践していく年齢になってきたんだなぁ。

私もがんばろっと!



# by wineID | 2019-02-14 13:05 | 日常のあれこれ

Take on me.

ラ・ラ・ランドの主人公の一人・セバスチャンが劇中で演奏していたa-haのtake on me.
前にお客さんが教えてくれたセルフカバーバージョンがお気に入りでたまに無性に聞きたくなります。
黄昏時、ちょっと大人なお酒を飲みながら



結局見てしまったラ・ラ・ランドのテレビ放送。そして泣いた。(つД`)

映画館で見たときも印象的な映画だったけれど、ジョン・レジェンドの歌声やミュージカルの要素に圧倒されて、
とりこぼしていたミアとセブの感情がたくさんあったと気づきました。
相変わらず主人公は人格破綻してるよな、って思ったし、セブは本当に幸せになってね!って願っちゃうのは変わらないけど←ひどい。


twitterで流れてきたラ・ラ・ランド監督の言葉。

人は、残りの人生を決定づける人と結びつくことはできるが、その結びつきは残りの人生までは続かない。
そのことは、ものすごく美しくて、切なくて、驚くべきことだと僕は気づいたんだ。
この映画ではそのことを描きたかった。


ああ、なるほどなぁ。


明日は定休日です。仕事じゃないけど朝から予定びっちりにしてしまって、休みに休めない性格をどうにかしたいです。
気持ちがお疲れ気味だから、ぼーっとしたいのに。

そういえば、最近友達がそろって「疲れた。」と言っています。寒いからかな?
あんまり緑もないこういう季節は、未来が拓けなくって頑張る理由を探しちゃうよね。
でも、ルカワインの店前にある瀕死の状態だったオリーブも新芽が出てきてるから、みんなもゆっくり乗り越えられるといいな。
(めっちゃ薬品まいたけどね。撒きすぎだよって言われちゃうくらい、鬼のように蒔いたけどね)。

今日も平和なナチュラルワインショップ、ルカワインです('ω')












# by wineID | 2019-02-12 19:33 | 日常のあれこれ

アモーレミシマ!

2月9日(土)は、AMORE MISHIMAというイベントにワインバーミシマのメンバーとして参加しました!
ワインバーミシマは市内の飲食店やワインショップの有志があつまり、ワインと食を楽しむイベントを開催しています。
今回は旧中央幼稚園を改装して新しく誕生した、みしま未来研究所で行われましたー(*´ω`*)
b0016474_12383722.jpg
この日は前日から雪予報が出ており「なぜこの日に。」と、誰もが思ったことでしょう。笑
でも始まってみると、途中パラパラと雨が降ったものの、晴れ間も見える良き日になりました!
b0016474_12380632.jpg
ワイン輸入会社のパシフィック洋行の丸ちゃん、モンテ物産の山口くんがお手伝いに来てくれて、セミナーを開催したりも!
ワインを飲みながら、和気あいあいとした時間でした。お手伝いありがとうございますm(_ _)m
とは言うものの、やっぱり寒かった!・ω・
ホットココアやホットワインがとても人気で、温かいってありがたいな、と身にしみました。
b0016474_12382254.jpg
ホットワインは地元フルーツたっぷり!いちごに、こんた(金柑)がこんなにたーくさん。b0016474_12382997.jpg
ホットワインも大鍋でどーんと作ったほうが美味しい気がする。豚汁と同じ理論ですね。
こういう味が楽しめるのがイベントの醍醐味だなぁ。今日も寒からまた飲みたい・・・!

たくさんの方にご来場いただきありがとうございましたー!ルカワインのお客様にもたくさんお会いできて嬉しかったです。
ワインバーミシマは今年もイベントを開催予定なので、またお楽しみに^^

**********
翌日、ちょっと風邪を引きそうな予感がしたので修善寺のお気に入りの温泉におでかけ。
元を取るくらい長風呂をして、からだほくほく!リフレッシュ!

さて、三連休最終日。ルカワインやってますよぉー、営業中ですよぉー。
みなさーーーーん・ω・

# by wineID | 2019-02-11 12:53 | イベント

ぷしゅ~~~。

って音が聞こえそうな金曜日。
最近何かしら考え事や、追いつかないことがたくさんあって、家の掃除やごはんが手抜きになってしまっているのを見て見ぬふり・・・。
キャパの小ささを実感する1週間です。へこみ。orz

SNSに入ってくるメッセージや海外の生産者さんからも続けてメールが入ったりして、慣れないイタリア語に四苦八苦。
ふと鏡にうつった顔が怖くって、これじゃいかーーーーん!と我に帰りました。

今日は朝からフランス語の先生と1時間勉強。
久しぶりに仕事に関係のない時間を過ごしていたら、帰りには昨日からの頭痛が治っていてすがすがしい気持ちになっていました。

そのあとお昼に入ったパン屋さんで、おばあさんが店員さんを怒鳴りつけていて、
泣きそうなのをこらえている店員さんを見ていられず仲裁に入り、おばあさんをさらに逆上させてしまった。
結果、誰も救えなかったうえに、私もそのパン屋に行きにくくなった。笑
あたしゃ泣きたい気分だよ。(←ちびまるこ風に読んでね)

いろんな感情がぐるぐるしながらの帰路、友達から唐突に動画が送られてきました。



いや、送ってくるタイミング!!!笑

今日も1日ありがとうございましたー!これから金曜ロードショーでラ・ラ・ランド!
ライアン・ゴズリングがかわいそすぎて、仲裁に入りたくなっちゃうから見ない(*ノωノ)

はよ寝よ。



# by wineID | 2019-02-08 20:42 | 日常のあれこれ

<有料試飲レヴュー>Nautile / Les sylphe

b0016474_14393740.jpg
2/2-3の有料試飲はこちらのワインをご紹介しました!
2017年に南仏・バニュルスでデビューしたばかりの新人生産者、ノティール。
怪しげなエチケットにちょっと身構えてしまいましたが・・流れるように優しくきれいなまとまりのある味わいに驚き!

また新しいワインに出会えて嬉しかったです(*´ω`*)


Nautile(ノティール) ワイナリー情報

南仏・バニュルスに、Les 9 caves という醸造所があります。ワイン造りの新人さんや、小規模生産者が集まり共同でワインを作っています。ノティールのファビアンも、2017年から9 cavesの一部屋でワインづくりをはじめました。

ノティールは、1979年フランス・リヨン生まれのFabien Blacherのワイナリー。
美術学校を卒業したあと10年間音楽の世界にいましたが、南仏ペルピニャンを旅行している途中に今の奥さんに出会い、
太陽に憧れ2人で南仏に移住することをきめました。
せっかく南仏に来たのだから「自然の中で仕事がしたい!」とワイン造りをはじめます。
2008年から5.2haの畑をビオで栽培していましたが、ワインの「造り」については未経験のためブドウは共同組合に売っていました。
そんな中ナチュラルワインに出会い衝撃を受け、自分で作りたいと思うようになり、9 cavesのメンバーに加わりました!
そして彼のワインを日本で飲めるわけですから、人生って、出会いって、おもしろいですね~(^o^) 

しかもこのワイン、500本しか作ってない!
そんなワインが三島に来る奇跡。めるしーぼくー(;_;)

b0016474_15442727.jpg
ワイナリー名、Nautileとは・・・ファビアンより。

『まず第一に、私が美しいと思う名前です。ノティールは深海に住む生きた化石・オウムガイです。
侵食された海辺のテロワール、古いブドウ樹(ほとんど化石!)と塩と太陽の関係性、
そして、スパイラルに関連したすべての象徴主義のために、この貝の名前をドメーヌ名に冠しました。』


試飲レビューです。

Nautile / Les Sylphes レ シルフ2017
キーワード:『男性らしさと女性らしさの絶妙バランス!』

生産者:ノティール(ファビアンさん)
生産地:フランス/ルーション/IGPコート・ヴェルメイユ
品 種:ムールヴェードル2/3,グルナッシュ1/3
その他:ビオディナミカレンダー運用(収穫、プレス、瓶詰め、すべて果実の日に行う)

〔コメント〕
開けたては揮発のツーンとした香りが気になりますが、2日目には穏やかに。気になる人は気になるかも。
グラスに注ぐといちごのショートケーキ、プラム、ドライフルーツの香り。
旨味エキス、果実味がとても豊か。パワフルですが、やや高い酸味のおかげで全体的にはミディアムにまとまっています。
風味、タンニン、酸味、果実味のバランスが実に絶妙で、男性的な骨太感と女性的なエレガントさを味わえます。
やや粗いタンニンとドライフルーツの風味が重なり、しっとりと落ち着きのある余韻につながっている印象。
このタンニンは「ピュアだけど、軽すぎない」という要素に貢献していて、とってもグッジョブ!
豚肉と一緒に食べたいな~。と思いました!
朝9時に抜栓して、その日の夕方あたりが私は一番好みでした。

え、初めてのワイン造りでこんなの作っちゃうの?どうなってるの?
素直に、とってもおいしいです!!!!

**********
ご一読くださりありがとうございます。男性らしさ、女性らしさ、って表現は現代にそぐわないのかしら・・と思い始めた・ω・
来週は何の試飲にしようかな~^^
**********

# by wineID | 2019-02-05 16:32 | ワインの感想

ぽかぽかお天気

ぽかぽか陽気がとっても気持ちよかったので、ちょっとお散歩(*´v`*)b0016474_13453551.jpg
b0016474_13482215.jpg
b0016474_13483523.jpg
街中に小川が流れてるから、どこを歩いていても気持ちよくて大好き。
きょうは空を眺めてるひともたくさんいて、そんな光景もイイね!

さて、午後もがんばるぞー!



# by wineID | 2019-02-04 13:53 | 日常のあれこれ

<店頭試飲会開催>2/16(土)11:00-17:00

b0016474_15153465.jpg

2019年は、イタリアワインのイベントからスタート!(あれ、いつもか!笑)
作り手のぬくもりと、その土地らしい味わいが感じられるワインをたくさん輸入しているモナカさん。

まだ”モナカ”というインポーターを知らなかった時のこと。(すいません。。。)
とあるイタリアンレストランで「おまかせで」とワインを頼むと、いつもモナカさんのワインが出てきていました。
赤も白も、そのどれもがとても好印象で「おいしいなぁ」と常々思っていました。

想いはどこかで通じるもので、しばらくしてモナカさんとのお付き合いがはじまり、
ルカワインのお客様にも美味しいワインをご紹介することができるようになりました。

ルカワインにいつも営業に来てくれるのは望月さん。望月さんと味の好みが合うのも嬉しいです。
ワインについてはもちろん、お料理との相性について抜群の知識を持っているので、とても勉強になります。

当日は望月さんにも来ていただき、ワインについて詳しく聞けるようになっています。
今日の夕御飯に合わせたワインセレクトも、ばっちりおすすめしてくれることでしょう!

ちょっと立呑の感覚で、気軽にお立ち寄りいただけたらと思います!よろしくお願いしたします。


○●モナカ 店頭試飲販売会●○

2月16日(土)11:00-17:00
場所:ルカワイン店内
備考:ご予約、入場料不要。
お好きな時間にご来店ください。


# by wineID | 2019-02-01 15:13 | 日常のあれこれ

春はもうすぐ。

2月のはじまり。徐々に暖かくなっていく天気予報を見ているだけで、とてもうれしくなります。
1月はごつごつと地味な日々が流れていて、気持ちが疲れた1か月でした。あっという間に2月、という感覚はあまりないかな。
やっと終わったか、1月。そしてはじまる2月。

こうして根っこをはっていくことが、暖かくなる気候とともに開いてくれるといいな、と思います。
ちょっとグレーな気持ちから抜け出すために、節分ってやっぱ大切だし、立春という区切りはありがたいです。
なんて甘美な響き、立春(*´ω`*)
2月4日の立春の日は気温が17度になるとテレビで言っていたのも、わくわくのひとつ。
(でもその後すぐとても寒くなったりして裏切られた去年を、私は忘れてないよ・・・)b0016474_11000618.jpg

寒かった季節をすぎて春が近づく頃に、思い出す和歌があります。

君がため 春の野に出でて 若菜つむわが衣手に 雪は降りつつ

田辺聖子さんの訳をそのまま掲載させていただくと、

あなたにと思ってまだ寒い早春の野に私は出て
やっと生いそめたみどりの若菜をつみました
その私の袖に雪がちらちら

と書かれています。『田辺聖子の小倉百人一首/角川文庫/78-79』


なんてかわいい歌なんでしょう。


知識があるわけではないけれど、百人一首を読むととても心地よい気持ちになるので好きです。
旅先にもっていって、なんてことない山をながめながら百人一首を読むのがけっこう幸せな時間。
たぶん、むかし平安貴族だったと思う。

今と変わらぬ月を見て、こんなこと考えてたんだなぁとか、今も昔も人の気持ちは同じように揺らぐんだなぁとか。
恥ずかしいよーそんな言葉を大々的に公表しちゃうの?!って歌もたくさんあって、みんなイタリア人かよ!と、
たまに百人一首の本を開くたび、ひとりざわついています。

愛情表現を大々的にしないっていう日本人らしさは、貴族の間にはなかったのかな。光源氏とかすごいし。
それとも昔はみんな声に出していたけれど、いつの間にか奥ゆかしさが良しとされるようになったのか・・・。

いずれにしても、自分の気持をとてもきれいな言葉で教養たっぷりに伝えるというのは、いとをかし。
春を心待ちにするむかしの人たちの気持ちに、自分の気持ちもぴったり重なり、時代を超えたエールをもらっている気分。



# by wineID | 2019-02-01 11:25 | 日常のあれこれ

〈イベント出店〉2/9(土)アモーレ・ミシマ!

b0016474_15022784.jpg
バレンタインに合わせて毎年行われるイベント、アモーレミシマ!
三島の町中を舞台に、いろいろな場所で三島をまるごと楽しめる企画がたくさん開催される1日です。
詳細はアモーレミシマのホームページをチェックしてみてください。

ルカワインはWINE BAR MISHIMAのメンバーとして、みしま未来研究所さんに出店します。
みしま未来研究所は、旧中央幼稚園のリノベーション施設として先日オープンしたばかり。
ワインやフードの屋台など、美味しい食べ物とワインをご用意して、みなさまをお待ちしております^^

当日はワインを輸入する会社の方にもイベントをお手伝いしていただきます!
生産者に近い彼らだからこそ知ってる「あんなこと」や「こんなこと」を、お話する時間をつくる予定です。

お気軽に遊びにきてくださいね!お待ちしています!


2月9日(土)11:00-17:00
会場:みしま未来研究所(三島市中央町6-2)


# by wineID | 2019-01-31 15:11 | 日常のあれこれ