月夜にワイン

wineid.exblog.jp

ワインを越えた話

きのうは竹芝で“自然派ワインセミナー&試飲会”

ネットでのお客様と初めてお会いできたり、数年ぶりのお友達との再会に楽しいひととき♪

お互いホームページやブログにお邪魔しているので、日々の生活ぶりは確認済み。
「懐かしいね」というより「飲みすぎだよ~」と重々承知の会話が続く・・・

ワインの試飲会は様々なテーマで催されるけど、
自然派をテーマにした会は疲れなくていい。
何十種類とティスティングしていくと後半はかなりきつくなる(勿論全部吐き出しですが)
でもナチュラルなワインは最後までクリアな感覚が落ちない
というより丁寧な作りに勿体無くて飲みたくなっちゃう・・・・(オイオイ)

順子さんとも夏の温泉以来だ。
近々おいしい魚を食べに行くお約束♪
ワインを越えた話_b0016474_16275484.jpg


セミナーの内容もとても充実していた!
ゲスト生産者はフランス、ローヌ地方からルネ・ジャン・ダール氏と大岡弘武氏。
ワインを越えた話_b0016474_18303276.jpg

“多様性の統一”について、テロワールを取り巻く環境や葡萄の相関図を使い
とてもわかりやすい説明。

大岡氏の経験からの言葉には力強さがあり、それを裏付けるかのように
素晴らしく純粋な彼のワイン。

葡萄の根っこの地の世界から上へ上へと向かう天の世界。
それは月、太陽、宇宙にまで広がっているという・・・
そこで健全に実った葡萄には不必要なものは一切ない、そして
自身を守る強い抵抗力もあるという・・・・

そんな葡萄になりたいもんだ

質疑応答中での大岡氏
『気候条件に恵まれない不運な年であっても人間が操作しないで
その年のミレジムを表現する・・・・だって悪い年もあるから良い年があるのです。』

この潔さ! 惚れます(笑)
by wineid | 2004-12-02 18:45 | ワイン