月夜にワイン

wineid.exblog.jp

新酒

新酒_b0016474_22125155.jpg

濁ってますな〜


わずか12本しか瓶詰めされなかった、ボアルカ・プリムールのシュールリー
激しく美味しいです!

樹齢が高く、しかも完全無農薬で作られたソーヴィニヨンブランの新酒なぞ
世界中探しても皆無なのでは?

香りだけでも、メロン・アプリコット・完熟リンゴ・花の蜜・タルトタタン・シナモン
シトラス・オレンジ・根菜類・ココア・メープルシロップetc

キリがない・・・
美味しいだけでは現せられない深みを感じます。

理想のワインを作るための無農薬、しかもボルドー液すら一度も散布しないで
そこにきて今年の異常気象・・・
結果的には、通常のワインが作れないほどの低収量だった2010年

ぜひ、ボアルカのプリムールを飲むチャンスがある方は
この背景も感じて味わってください!

病気にやられたブドウ畑に立ち、愕然とした順子さんの思いに
ぜひ寄り添ってください。

ワイン作りは自然との共存です。

毎年同じ味わいにはならないし
特に、今年のような厳しい条件で解禁日に余裕の輸入はありえません!
だとしたら、何かしら手を加えているということでしょう。

ワインは農産物です
できましたら、このような事を思い巡らせ味わっていただけたなら
その味わいの奥深さに気づかされるのではないでしょうか。
by wineID | 2010-11-17 23:44