月夜にワイン

wineid.exblog.jp

おでかけですか?

おでかけですか?_b0016474_229591.jpg
ほぼ毎日顔をあわせているので、最近声かけてます(変?

「ゆうべは寒かったね~」 とか
「もうご飯食べたの?」 など

・・・・・・危ない?(爆)
つーかヘビって聞こえてるの?



今夜は家族で御殿場高原のバイキングへ

外食の始まりに子供たちが必ずする質問 「どっちが運転するの?」
イコール“どっちかが飲んでもいい”を意味するので
一瞬微妙な空気が流れる。

静かだ・・・・・・・

どうやら夫は私の出方を見ている様子。
悔しいが今日は譲ってあげよう
ま、たまにはいいじゃないかと己に言い聞かせる。

で、ありえないお茶でバイキング
おでかけですか?_b0016474_22292756.jpg
あ~ たのしーなー
おいしそーだなー 地ビール


制限時間を待たずして、みんなもうおなかいっぱい!
そろそろ帰ろうって

(゚o゚;)・・・・・・・

「え?ビール一杯でいいの? ここ呑み放題ですけど・・・・」

(-"-;)チッ!

譲るんじゃなかった、元取るぐらい飲んだのに 

今度友達と来る!タクシーで!!!
と、密かに決意の運転手でした。









難民の子供の里親になり、会いに行く。
瞳の大きな可愛らしい女の子で3歳ぐらい、最初は怖がってい中々懐かないが
我が家に着く頃には私にべったりして離れなくなる。

広い和室に何組もの布団が敷いてあって、何人かが寝ている。(旅館ぽい)
真ん中あたりにその子を寝かせて私はイトーヨーカドーへ行こうとするのだが
その子が一緒に行きたいと泣いて離れない。
ヨーカドーへは彼女のヘアピンを買うため。
くせ毛な前髪を横分けにしてあげたくて、かわいいヘアピンをプレゼントしたい私。

しつこく泣いている。
最初はかわいそうにと思っていたが、だんだん媚びるような泣き方になり
芝居がかった涙目に怖くなる。

なんとか言いきかせ、私は深夜一人でヨーカド-に向かう。
もう閉店していたが警備室から通してもらう。
真っ暗な店内を一人歩き回り当然ながら買えずに帰る。

田んぼのあぜ道を家に向かい歩いている
林に囲まれ、家も外灯もなく深緑一色の世界が広がっている。
月明かりがすごく明るいので足元はよくわかる。
遠くで蛙が泣いている。
この風景は今でも鮮明に覚えている位印象的
・・・・・神秘的な美しさ、先の見えない深さ、宇宙っぽい異次元な感じ

奥の田んぼに誰かいて、私を呼んでる。
こんな夜中に誰だろうと近づくと義母で、モンペ姿で仕事していた。

で、私に田んぼでの仕事ぶりを自慢気に話す。
「見てよ、がんばったでしょ、全部私一人でやったんだから!」

見まわすと広い田んぼは真っ白なババロアになっていて
私達はその柔らかくてユラユラと揺れるババロアの上に立っていた。
義母の説明は続く
「この角はまだしっかり固まっていないから気をつけて」

見るとたしかに不完全、ここは危険だとチェックしている私・・・・・

このヘンテコな夢はこれを見た影響と思われます(爆)
by wineid | 2005-03-06 23:34 | 今日のルカワイン