月夜にワイン

wineid.exblog.jp

イタリア旅行記④~ワインの魔法使い、イ・カンピを訪ねて!

イタリアのワイナリー巡りに出かけました!
約10日間のスケジュールで、トレンティーノ州、フリウリ州、ヴェネト州、マルケ州、シチリア州を回りました。
初めてのイタリアで、見るものすべてがキラキラ!
たくさんの感動体験を、少しでも伝えられたらいいなと思います。どうぞお付き合いください^^


2016年6月16日 ヴェネト州 ”イカンピ”へ
チェンブラを後にし、車にゆられて午後はヴェネトにもう一度戻ってきました。その目的はここ、イカンピ社。
イタリアを代表する白ワイン”ソアヴェ”と、代表的な赤ワイン”ヴァルポリツェラ”の作り手さん。
美味しいワインに言葉はいらない!!と身をもって知った、素晴らしいワイナリーでした。
イタリア旅行記④~ワインの魔法使い、イ・カンピを訪ねて!_b0016474_14513713.jpg
イカンピがワイナリーを構えるのは、ロミオとジュリエットの舞台として知られるヴェローナ近郊。
2007年に創設された新しいワイナリーで、
ソアヴェクラシコとヴァルポリツェラに合計12ヘクタールの畑を有しています。

***************
当主を務めるのはフラビオ・プラさん。ソアヴェの名門”プラ”家の4代目です。
フラビオさんはヴェネトでは有名な醸造家で、約15社ほどのワイナリーのコンサルタントをつとめる実力派!
イタリア旅行記④~ワインの魔法使い、イ・カンピを訪ねて!_b0016474_1561711.jpg

コンサルタントや、これまでの醸造人生で培った経験がまるごと詰め込まれ、イカンピ社は誕生しました。
フラビオさんの溢れんばかりのワイン作りへの才能はイカンピの誕生と共に開花し、
ソアヴェ・クラシコ”カンポ・ヴルカーノ”はなんと6年連続トレビッケーリという実を結んでいます。

イタリア旅行記④~ワインの魔法使い、イ・カンピを訪ねて!_b0016474_16105921.jpg


***************
「ワイナリーの個性は醸造テクニックではなく、畑のちがいです」
フラビオさんが15~20年のコンサルタント経験から導き出したのは、土壌に徹底的にこだわることの大切さ。
お話しの中でも、土壌の質や、土壌の重要性にまつわる話が軸となっていました。
イタリア旅行記④~ワインの魔法使い、イ・カンピを訪ねて!_b0016474_15325954.jpg

”すべてのワインは、ふさわしい土壌を求めている。私はそれを探し、そしてその”土壌”を見つけた。”
これはワイナリーでいただいたイカンピのパンフレットの表紙。
1ページ目に意思するほど、フラビオさんにとって”最適な土壌”を求めることはワイン作りの要なのだと強く伝わってきます。

イタリア旅行記④~ワインの魔法使い、イ・カンピを訪ねて!_b0016474_1672291.jpg

これはイカンピ社のロゴマーク。そもそも社名のI CAMPIとは、イタリア語で「畑」の複数形。
ライン状にぶどう畑が並び、そこに太陽の光が入っていくイメージが描かれています。

***************
イタリア旅行記④~ワインの魔法使い、イ・カンピを訪ねて!_b0016474_16121284.jpg

試飲の時間です。フラビオさんが1本1本説明しながらワインを紹介してくださいました。
どのワインも美味しくて、エレガントで・・・。
「いいことがあったときに飲みたいのはこういうワインだなぁ」と、心からうっとりする味わいでした。
土壌へのこだわりが味わいにどのように反映するのかー。
これまでフラビオさんが話してくださった内容が、ワインを1口のんでストンと腑に落ちました。

イタリア旅行記④~ワインの魔法使い、イ・カンピを訪ねて!_b0016474_17485325.jpg

イカンピのワインは、テーブルワインにするには少々お高いワインです。
だけど彼のワインを飲んだ時にうかぶのは、美味しいという感想より先に、幸せのイメージ。
嬉しいこと、楽しいこと、幸せなことがあったとき片隅にこのワインがあったらなぁ・・・
そう強く連想させるようなワインに出会えることは、とても幸福なことかも。


***************
ワイナリーを後にし、フラビオさんのソアヴェの畑へ案内していただきました!
畑は、ソアべのど真ん中、ソアべクラシコのエリア。一面に広がるソアべの畑が、遠くまで続いていきます。
ソアべの畑にいるなんて、夢のようだ~~~~(ん、前にもこの言った気がするこのセリフ。)
イタリア旅行記④~ワインの魔法使い、イ・カンピを訪ねて!_b0016474_17501358.jpgイタリア旅行記④~ワインの魔法使い、イ・カンピを訪ねて!_b0016474_17502496.jpg

畑の中にぽつんとあるのは、フラビオさんのお父さんがつくった小さなお庭と小さなおうち。
ここでフラビオさんのお父さんが自家製サラミをふるまってくださいました!
温かなおもてなしを、元気よく生い茂る畑の中でいただく豊かなひとときでした。ごちそうさまでした。

***************
ヴァルポリツェラとソアヴェの両方をハイクオリティで作る人は珍しいそう。
フラビオさんの誠実で物腰柔らかな人柄からは想像できませんが、まさにワインの魔法使いのような人!
イカンピのかけるワインの魔法は、とってもおいしいのです(*^^*)



◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by wineID | 2016-08-18 18:04 | るかさんぽ?