月夜にワイン

wineid.exblog.jp

〈有料試飲レビュー〉Les Herbes Folles/Anthemis2015,Aristoloche2015

1月12・13・14日の有料試飲ワインはフランス・ラングドック「レ・ゼルブ・フォル」の赤ワイン2種類でした。
〈有料試飲レビュー〉Les Herbes Folles/Anthemis2015,Aristoloche2015_b0016474_13413425.jpg
ワイナリー情報
フランス・ラングドックのナチュール生産者「レ・ゼルブ・フォル」のオリヴィエは、もともとサーカスやダンスのイメージビデオなど、
映像制作の仕事に携わり世界中を飛び回っていました。畑やワイン造りに魅せられ家族とともに醸造家としての生活がはじまります。
ファーストヴィンテージは2014年。ワイナリーがあるのは南フランス・ラングドック。
フォジェールの北東あたりですが、AOC認定がないためできあがるワインはすべてVdF(ヴァン・ド・フランス)です。
グルナッシュ(樹齢30年)、カリニャン(古木100年)、シラー(30~40年)の畑を約3ha所有し、1年目からビオロジック。

ワイナリー名 Les Herbes Folles を直訳すると「ハーブ狂い」。何かスラングなのでしょうか??
ワイン名もそれぞれハーブ名が付いていて、anthemisはコウヤカミルレ(カモミールの1種)、aristolocheはウマノスズクサというお花。

あ、考えてみると、このエチケットのデザイン、ハーブがゆらゆら揺れているように見えますね!

〈有料試飲レビュー〉Les Herbes Folles/Anthemis2015,Aristoloche2015_b0016474_15365502.jpg
ボトルがたくさん並んでいると、小さな草原のよう。
南フランスのワインを代表する香りとして「ガリック」があります。ローズマリーやタイムなどのハーブの花束のような香りのことで、
南仏のぶどう畑に行くと実際にそれらの植物が下草にたくさん生えているので、南仏=ガリックがよく使用されます。
ボトルからも南フランスを感じられる、なんて素敵なデザイン!


キーワード:「ゆるゆる&パワフル!親しみやすさ&しっかりした骨格!」


①Anthemis アンテミ15
生産者:レ・ゼルブ・フォル
生産地:フランス/ラングドック/
品 種:シラー80% グルナッシュ20%
その他:粘土石灰土壌、30hlのグラスファイバータンクで30日間醸しと発酵、古樽で20ヶ月熟成
    酸化防止剤無添加

〔コメント〕
凝縮感のある、干しぶどうや干しいちじくなどドライフルーツのニュアンスが印象的。ハーブの爽やかな香り(ガリック)もあります。
収斂性がやや高めです。香りから想像すると味わいは濃いのかな、と思いきや酸味はやや高め。
石灰岩土壌と、常に吹き下ろしの風が山から彼の畑に向かって吹いているという気候条件がこの酸味を生み出しており、
まさに気候の恩恵が生み出すThis is les herbes follesな味わいです。
抜栓直後は香りに揮発的な要素がありますので、テイスティンググラスはおすすめしません。大ぶりグラスで飲むと気になりません。
大ぶりグラスで飲むと渇いた風味が増し渋みも穏やかになるので、全体のバランスがより整います。
ドライフルーツとの相性がとても良いので、食後にしっぽり飲むのも似合うワインです。


②Aristoloche アリストロシュ 15
生産者:レ・ゼルブ・フォル
生産地:フランス/ラングドック/
品 種:シラー100%
その他:自然酵母、30hlのグラスファイバータンクで30日間醸しと発酵
    酸化防止剤無添加

〔コメント〕
こちらは単一シラー100%で仕上げています。またアルコール度数がアンテミより1.5%高い14.5%のパワフルボディ!
ゆるさと力強さが絶妙なバランスで共鳴しあっている、とてもきれいな味わいです。
ドライフルーツやガリックの香りに加え、ナツメグやコリアンダーなどオリエンタルな香りも。
干しイモっぽさもあり、アンテミより香りのボリュームが大きくなっています。
こちらも大ぶりグラスで飲むのがおすすめです。熟成感のあるまろやかな香りになり、とても心地よいです^^♫
(大ぶりグラスで飲むと)全体のまとまりがあり、アルコールの高さを感じさせないバランスの良さ!
ピュアでジューシーな味わいだけれど、アルコール由来の力強さとタンニンがあり、ほどよい厚みを与えています。
南仏のニュアンスを残しつつも、それだけで一括りにできない興味深い1本です。こちらもドライフルーツと最高♡


************
ご一読くださりありがとうございます。来週の試飲は何にしようかな^^
************

by wineID | 2019-01-15 16:36 | ワインの感想