月夜にワイン

wineid.exblog.jp

<有料試飲レヴュー>Kewin Decomb

<有料試飲レヴュー>Kewin Decomb_b0016474_19064062.jpg
1/19-20の有料試飲はこちらの3本をご紹介しました!
すべて同じ生産者、フランス/ボジョレー/モルゴンのKewin Decomb(ケヴィン・デコンヴ)です。
エチケットのかわいらしさも印象的のワインたち。想像以上のナイスな味わいでした!

ワイナリー情報
ケヴィン・デコンヴは若干26歳。この地で有名な生産者であるジョルジュ・デコンヴを父に持ち、その背中に憧れ同じ道に進みました。
醸造家になるという夢を叶えるべく農業学校に進学。2012年、20歳のときに畑を譲り受け独立しました。
ケヴィンが主戦場とするモルゴンは、ボジョレー地区の中でも特に北のエリアは花崗岩土壌の地質が影響していることなどの要因から
骨格と肉付きのある味わいを生み出すエリアと言われます。酸味とタンニンの豊富さから長期熟成も期待できるため、
リリースしたてと少し寝かせたあとと、その両方の違いを楽しめる興味深いエリアです。
<有料試飲レヴュー>Kewin Decomb_b0016474_12061262.jpg
買い付けをしているインポーターさんが初めてケヴィンと会った時、金髪にピアス、ダメージジーンズの出で立ちで不安になったそう!笑
しかし味わいは別格。(容姿は・・・EXILEっぽい?)
父親がその世界で有名な醸造家だというだけで「ジョルジュの息子」という世間の目がついてまわるのが世の常。
そんな中でも同じ道に進み、そのために学校も選択し、着実に夢を形にする生き方はかっこいいです。
エグザイルが作るワインがエレガントっというギャップに、恋に落ちそうです。

試飲レヴューです。

①AC Beaujolais 2017 Cuvée KéKé / キュヴェ・ケケ
キーワード:『まるっ、ほくっとしたまろやかワイン』

生産者:ケヴィン・デコンヴ
生産地:フランス/ボジョレー
品 種:ガメイ100%
その他:粘土質の混ざった花崗岩

〔コメント〕
開けたては香り控えめなので、「あれ?」と思いますがスワリングしていくと徐々にいちごミルク、フランボワーズ、やや酸味のあるブルーベリーの香りが芳醇に香ります。とても豊かで広がりのある香りで、まるでケーキ屋さんにいるみたい!
酸味はやや高め、フレッシュな果実味ながら後味にビターな苦味があり味わいに厚みをもたらしています。
酸味はあるのに重心な低めのワインです。ネガティヴな要素が全く無いので、葡萄の質の良さを感じられます。
ワイン名のKéKé(ケケ)はケヴィンのあだ名に由来しています。

②AC Morgon 2016 / モルゴン
キーワード:『パリパリしたミネラル感のある、都会的な美人ワイン』

生産者:ケヴィン・デコンヴ
生産地:フランス/ボジョレー/モルゴン
品 種:ガメイ100%
その他:花崗岩質の砂地、ビオロジック(認証なし)、樹齢52年平均

〔コメント〕
村名モルゴンの比較試飲、まずは2016年のものです。香りの時点で、ケケからぐぐーーーん!と格があがったとわかります。
香りの要素がケケと大きく異なります。黒糖、セロリ、バラ、プルーン、海苔。
酸味は高く、タンニンは中程度。口当たりは優しいけれど、鉱物的なひんやりとしたキリッと硬質な味わいが印象的です。
インポーター資料の中でケヴィンが「Croquant(ぱりぱりした)」と例えるミネラル感がしっかりと捉えられ、なるほどと思います。
このあたりの張り詰めたようなミネラル感や冷涼さがあることが、モルゴンが「男性的」と言われる所以かもしれませんが、
私はこの味わいに「女性的」なニュアンスを感じました。(このあたりの微妙なニュアンスは、畑と作りてによると思います)
都会をヒールでカツカツ歩くクールな女性。ミネラル感が長く余韻に残り、とてもきれいな印象を与えていると思います。


③AC Morgon 2016 Vieilles Vignes / モルゴン ヴィエーユヴィーニュ
キーワード:『例えるなら、とよえつ(半分、青いの時の)』

生産者:ケヴィン・デコンヴ
生産地:フランス/ボジョレー/モルゴン
品 種:ガメイ100%
その他:黒花崗岩、ビオロジック(認証なし)、樹齢72年平均

〔コメント〕
ワイン名にも記載されている通り、②との大きな違いは樹齢です。(②でも52年平均なので十分高樹齢じゃない?と思いますが・・・)
②のワインが持つ香りに加えて、ややドライフルーツのニュアンスが強くなります。枯れたような、熟した香りです。
なんとも複雑な香りに、くらくらします!ときめくー(*´ω`*)
やや高い酸味ですが角がとれてまろやか。ほどよく熟成した風味があるものの、熟成を期待させるきれいなまとまり感。
②で感じたミネラル感が全面に出てくるというよりも、それを超える果実味がとても印象的です。タンニンも細かく染み込みます。
落ち着きや全体的なまとまりも感じられ、ちょっと円熟期に入った艷やかな男性のイメージ。そうです、とよえつです。
数年後に開けた時、どんなふうに成長しているのかが楽しみなワインです。


ケヴィンのワインは香りや味わいの複雑さがおもしろい!
ガメイの魅力を改めて感じることできる素晴らしいワインたち。土っぽさや重心低めの味わいも魅力的。


************
ご一読くださりありがとうございます。来週の試飲は何にしようかな^^
************





by wineID | 2019-01-21 12:17 | ワインの感想