月夜にワイン

wineid.exblog.jp

<有料試飲レヴュー>BOW!赤・白 / Domaine Oyamada

<有料試飲レヴュー>BOW!赤・白 / Domaine Oyamada_b0016474_12524500.jpg
2/23-24の有料試飲はこちらのワインをご紹介しました!
山梨県甲州市勝沼町にワイナリーを構える、ドメーヌオヤマダさんのBOW!白とBOW!赤の2種類です。

まさに日本のヴァンドソワフ!この味わいが1,000円台で買えることにいつも気持ちが追いつきません(;'∀')
今年もとっておきのワインを飲めてうれしいです♪

Domaine Oyamada ワイナリー情報

ドメーヌ・オヤマダの小山田幸紀さんは福島県郡山市出身。中央大学文学部ドイツ文学科卒という経歴ながらワインづくりの世界に。
山梨県笛吹市のルミエールに16年間勤務し、栽培・醸造責任者を務めました。

山梨ならではの気候・風土の中で最適な栽培方法を考え、実践し、選択する根っからの「畑の人」です。
2004年からビオディナミ農法をスタートさせましたが、ヨーロッパとは気候条件や歴史の成り立ちが大きく異なる環境の中では
調合剤を撒いても、茂った雑草に覆われ実際には地面に届かないのでは意味があるのだろうか。。。と常に疑問を持っていました。

小山田さんは日々の実践の中で、
●雑草といかに共生するか
●植生の多様化による虫の防除
●不耕起で草を生やす土づくり
これらの要素にそれぞれの答えを見出し、「日々の畑の観察とタイミングの良い管理作業」によりよい葡萄を育てています。

参考:ヴァンクゥール提供資料より
<有料試飲レヴュー>BOW!赤・白 / Domaine Oyamada_b0016474_13035038.jpg
とりちゃんを愛する小山田さん。本業は養鶏だそうです。コケコッコー。

文字だけを追うとなんだか気難しそうなひと・・と思ってしまうのですが、
確かな経験に裏打ちされた言葉には重みと説得力があり、フランクな人柄も相まって人としてもとても魅力的な作り手の一人です
小山田さんを慕う作り手、酒屋、飲食店が多いのも納得です。

私自身も小山田さんのふとした一言に学ぶことがたくさんあり、小山田さんたちの輪に入れてもらえる幸せをいつも感じます。

<ペイザナ農事組合法人>
ドメーヌ・オヤマダのワインは、ペイザナ農事組合法人中原ワイナリーにて醸造されています。
ペイザナ農事組合法人は、山梨市、広州市、笛吹市、甲府市、北斗市を拠点に活動。
農業人口の減少、若者の農業離れが進む中、「日本の農業の将来を見据え、農地を継承・活用し、農業従事者の雇用・育成を目的」として、
小山田さん、小林さん(共栄堂)により2011年に設立されました。

試飲レビューです。

①Domaine Oyamada / BOW! 赤 2018
キーワード:『飲みやすい!けど、それだけじゃない!』

生産者:ドメーヌ・オヤマダ(小山田幸紀さん)
生産地:醸造所は勝沼町中原、葡萄は山梨市内の3か所の畑から
品 種:カベルネフラン、マスカットベリーA、ムールヴェードル少量
その他:無施肥、合成農薬不使用、不耕起、草生栽培

〔コメント〕
グラスに注ぐと、マスカットベリーAらしいイチゴやフランボワーズのかわいい香りが溢れます。
グラスを少しスワリングするとそのほかのブドウの香りも程よく交じり合い、心地よい香りに癒されます^^
口に含んだ最初の印象は、口当たり軽やか、ピュア、フレッシュ。きれいな果実味が口をすーっと滑っていきます。
例年よりも色・香りともに薄め。落ち着かせると風味に変化が出るでしょうか?

※抜栓直後、香りに豆感がありましたが3日目に消えました。時間がたつごとに良いほうに変化してます。
 赤はもう少し置いてから飲んだほうがいいのか・・・判断が難しいです。


②Domaine Oyamada / BOW! 白 2018
キーワード:『そのおいしさにお手上げ。』

生産者:ドメーヌ・オヤマダ(小山田幸紀さん)
生産地:醸造所は勝沼町中原、葡萄は山梨市内の5か所の畑から
品 種:デラウェア主体、プチマンサン、シュナンブラン少量
その他:無施肥、合成農薬不使用、不耕起、草生栽培

〔コメント〕
砂糖漬けレモン、みかんの花、りんご、カモミール、洋ナシなど・・・、
南国系フルーツのニュアンスも感じる厚みのある味わいに、無条件に期待値があがります。
「フレッシュ」「華やか」では括れない香りの複雑さから、ロワールのソーヴィニヨンブランを連想させます。
果実感もたっぷり。やや粘性のある液体。
やや辛口ですが、透明感のある酸とミネラル感が果実感に寄り添い、静かな品格をもたらしています。
小ぶりグラスのほうが香りがふくよかに感じられ、私は好みでした!
4日目でも香り、味わいともにまだまだ元気!でも酸はだいぶ大人しくなるので、バランスとして考えるなら1~2日目が好みです。
4日目だと甘さがだいぶ際立ちます。日を追って楽しめる料理が変わるのがいいですね!

<有料試飲レヴュー>BOW!赤・白 / Domaine Oyamada_b0016474_12525394.jpg
BOW白と、揚げ出し豆腐を合わせました。出汁の風味とすごく合います!!!
おすすめです^^

**********
ご一読くださりありがとうございます。来週は何の試飲にしようかな~^^
**********

by wineID | 2019-02-26 15:52 | ワインの感想