月夜にワイン

wineid.exblog.jp

<有料試飲レビュー>さっぽろ藤野ワイナリー/三氣のほとり&くまコーラ

b0016474_13580973.jpg

4月6-7日の有料試飲はこちらのワインをご紹介しました!

北海道・札幌市 さっぽろ藤野ワイナリーさんです。


「ルカワインの店頭試飲はさっぽろ藤野ワイナリーさん率高いよね・ω・」

という声に耳をふさいで、今週もさっぽろ藤野ワイナリーさん行ってみます!


さっぽろ藤野ワイナリー ワイナリー情報

さっぽろ藤野ワイナリーは、札幌駅から車で30分ほど行った南区藤野にあるワイナリーです。

2000年春から土地や気候に合う品種、栽培方法などに試行錯誤を繰り返しながら、

およそ10年がかりでぶどう畑を広げ多品種のぶどうを栽培しています。

また、ワインに使うぶどうは北海道の契約農家で大切に育てられたぶどうのみを使用しています。

丁寧な選果実と亜硫酸塩(酸化防止剤)を最小限に抑え、無濾過であることと天然酵母で醸造するワイン作りをしています。

より自然に寄り添うワイン作りを目指しています。(ワイナリーHPより引用)


栽培醸造責任者は1986年生まれの浦本忠幸さん。北海道大学在学中にワイン造りを志しています。


きっかけは大学3年生のときに起きた東日本大震災。

将来の生き方を思い悩んだ末。浦本さんは農業を志す。

「家庭を築き、自然と向き合い、実直に生きていきたい」。そう思ったのだ。

さらにぶどうを育ててワイン造りを生業にしようと思うに至る。 (引用:dancyu 2018.12月号)


b0016474_14004863.jpg
さっぽろ藤野ワイナリーさんからご紹介したのはこちらの4本。

①三氣のほとり2017(品種:ピノノワール&ツヴァイゲルトレーベ)
南アフリカ旅行から帰ってきて、最初に飲んだ日本のワインがこのワインで、私は本当に幸せ者だと思う。
ブラックチェリー、スグリ、いちご、ハーブ、ひのき、お香、醤油、サラミ、きのこなど複雑で繊細な香り。
酸の高さに北海道らしさを感じます。
2017年ヴィンテージでこの満足度はすごい!
数年後の表情も見てみたいですが、ルカワイン入荷分は全てお嫁に行ってしまいました・・・
どこかで縁があり、また出会えたら嬉しいな!
静かな言葉で語りかけてくるような、そんなワインです。とっても好きでした。

②くまコーラ2017(品種:ナイアガラ)
くまコーラは、さっぽろ藤野ワイナリーの浦本さんと、ジュラの生産者(現在は佐渡在住)であるジャンマルクさんのコラボワイン。
2017が初リリース。ナイアガラの豊かな香りに頼りすぎず、きれいな泡感の絶妙なバランス。
「こういうナイアガラもあるんだぁ!」と、新しい発見をくれたワインでした。
そのくまコーラを1年寝かせて改めて試飲。泡もまだまだ元気。
初めて飲んだときの驚きに、若干のコクが加わった印象でこれまた美味しい!

③くまコーラ2018&くまコーラoriginal2018(品種:ナイアガラ)
こちらが新着のくまコーラ。生産者さん違いで、2種類登場しています。
前回同様、丁寧にハンドプレスしたことから生まれる柔らかな味わいは健在。
酸味が高く、味の厚みは昨年よりも柔らかめ。1年経過するとどのように変化するのかを楽しみに寝かせようと思います!


*****************

ご一読くださりありがとうございます。

来週はなんの試飲にしようかな〜

*****************



by wineID | 2019-04-13 15:33 | ワインの感想