月夜にワイン

wineid.exblog.jp

グルーポ・ペスケラ セミナーに参加しました

b0016474_18300538.jpg
ワイン輸入会社・ミレジムさん主催の、ペスケラグループのワインセミナーに参加しました。
ペスケラは、アレハンドロ・フェルナンデス氏により1972年に設立されたワイナリーです。
スペインの土着品種であるテンプラニーリョに注目し、その可能性を高め、
スペイン国内で、その土地や風土の個性を表現したワイナリーを4エリアにまたがって所有しています。
土壌でがらりと変わるテンプラニーリョの味わいはとても興味深く、貴重な飲み比べに参加できたことはとても光栄な時間でした。


「暑いからスペインは簡単にワインができる場所」と思われていた考え方を覆し、
「スペインワインは長期熟成で美味しいワイン」というイメージに革新をもたらしたフェルナンデス氏のワイン。
ティント・ペスケラを飲んだロバート・パーカーが「これぞスペインのペトリュス」と書いたことで、一躍その名は世界に知れ渡ります。

b0016474_18301833.jpg

スペインでは19世紀まで良質なワインが随所で作られていましたが、
20世紀に入ると経済も国際的地位も一気に低下し、ベガシシリアが造るウニコなど一部のものを除き、
安価な大量生産のワインが定番化していました。
アルコール分が高く、重たいだけのスペインワインではなく、もっと酸の効いた上質なワインを造りたいと考えたフェルナンデスは
ブドウ畑を購入し、自らのワイナリーの創設を切望するようになります。

もともとスペインはワインに酸を与える土壌に恵まれ、あちこちにブドウ畑が広がっていましたが、
他の作物に転向するブドウ農家も多く、良質なブドウ畑がいつしか砂糖大根の畑に変わっていました。
そんな中、最高のワイン造りに情熱を燃やすフェルナンデスは、
アメリカ人スティーヴン・メルラーと組み、遂に1972年、リベラ・デル・ドゥエロのペスケラの街に、
理想的な土壌を見出し、若い頃からの夢であった自らのボデガを40代にして設立しました。

16世紀に建設された石造りのボデガは街の名前に因みペスケラと名付けられ、
スペインの土着品種で作るティント・ペスケラで一躍脚光を浴び、スペインで最も権威あるボデガとして、
世界中で広く認知され、最高の評価を受けています。(インポーター資料より抜粋)

b0016474_18301251.jpg
写真の中心に座る女性は、アレハンドロ・フェルナンデス氏の娘さんでオルガ・フェルナンデスさん。
アレハンドロさんの意志は彼女をはじめとする家族にしっかりと伝えられ継承されています。

ペスケラグループが大切にしていることは
①テンプラニーリョ100%でワインを作ること
②ブドウを自然な形で栽培・醸造すること
 →ボルドー液のみ使用し、基本的に農薬は不使用。自然酵母で発酵。
③品質に見合った価格で提供すること

の3つ。それらを実現するために畑で出来ることには惜しみない時間を使うといいます。
そして価格。どれほど国際的な評価が高まっても、価格を上げることは決してしないというポリシー。
そのおかげで私もペスケラのワインを飲む機会に恵まれ、その美味しさを知ることができました。
(しかも長期熟成が可能。なんてスペシャルなんだ・・・)


そして今回伺ったお話の中で印象的だったのは、アレハンドロ氏の孫世代のワイナリーへの参加がはじまったことでした。
今年初リリースされた 2016 Tinto Pesquera MHI は、4人の孫(全員女性)のアイデアによって誕生したそう。
従来のペスケラワイン同様にテンプラニーリョ100%で造られますが、
✓熟成期間の短縮(クリアンサなら最低18ヶ月熟成ですが、このワインでは14ヶ月)
✓フレッシュなタンニン、赤果実系の風味、若々しい色合いと豊かな果実味

をワインで表現し、若い消費者に向けた「ペスケラ ビギナーズラック」的な味わいに仕上がっていました。
世界各国の産地で世代交代が進んでいるのはペスケラも同様。
若い感性で造られていくこれからのペスケラが楽しみでなりません!
いつか訪問してみたいです。


大きなグループ企業になっても、中心にはアレハンドロ・フェルナンデスの情熱が息づき、
それを家族が誇りを持ってよりよいものにしようと努力する――――。
ペスケラがペスケラたる所以を、垣間見せていただいた時間でした。



by wineID | 2019-06-22 19:53 | ワイナリー