月夜にワイン

wineid.exblog.jp

カメとの遭遇。

夕方。
住んでいるアパートの駐車場に車を停めたら、
前から小さなものがそれなりのスピードでこっちに向かってくる。

近づいてみると、ちっちゃなカメ。

カメ!!!!

車通りもあるしそのままにするわけにもいかず、
とりあえずお隣さんが飼ってるカメが逃げたのかもしれない!と思い、
ピンポンして聞いてみるも、カメは飼っておらず。。。
でもそれは大変だー!と家を出てきてくれて、
カメに触れずおろおろしている私をよそに
心優しきお隣さんがカメをひょいっと持ち上げて、
近くの水槽に石を積み、即席のカメ池を作ってくれた。
人間力!!!!('Д')
カメとの遭遇。_b0016474_11484602.jpg
ちゃんと息できてるかしら、、、
と触れないながらに心配で、家の窓から即席カメ池をたまに観察。
(家を出てまでは確認しない薄情さ。)

数時間に一度カメ池確認。
「よし、動いた。」と、窓を閉める。(つくづく薄情者。)


こうなると、次はこのカメをどうしたものかという悩み。
ネットで検索してみると、

カメとの遭遇。_b0016474_11565261.jpg

いろんなひとがyahoo知恵袋で同じような内容で悩んでいることを発見。
(日本中でカメが拾われているんだな、、、)

例えば、
カメとの遭遇。_b0016474_11595762.jpg

こんな悩み。
交番に届けたけれど最終的に保健所に行って殺処分されるのなら、
私のした行動は非常識だったのか
と悩む方や、


カメとの遭遇。_b0016474_12013203.jpg

電柱や掲示板に貼り紙をして連絡を待つ方。
(この方はこの後警察に届け出て、無事飼い主が見つかったらしい!!)


カメを拾った人々、優しすぎじゃない???


私はカメがどうにもこうにも触れないので、
いろんな方に相談しつつどうしようかと悩み中。。。。

つづく。


by wineID | 2021-07-12 12:03 | 日常のあれこれ