月夜にワイン

wineid.exblog.jp

婦人デビュー。

学生時代からの恩師が寄稿していると聞き、『婦人之友』を始めて購入。

「これからの教育は、”答えを提供する”から”答えのない問いを共有して考える”へ。
そこでは想像力がすべての基盤になっていきます。」

と締めくくられた先生の寄稿文。
折に触れて「問いを生きよ」と投げかけられながら生きた学生時代。
答えは見つからなくとも、問いを持ち続けられる心を大切にしていきたいと
改めて思った時間でした。
婦人デビュー。_b0016474_15123517.jpg
そうそう。
婦人之友をじっくり読んで、夕ご飯が決まった。

答えのある問いもあるから、なんとかやっていけるよね~。

by wineID | 2021-09-15 15:21 | 日常のあれこれ