月夜にワイン

wineid.exblog.jp

ドメーヌ デ ボアルキャ

 
テイスティングの水曜日

ドメーヌ デ ボアルキャ_b0016474_1871587.jpg

今日はソーヴィニヨンブラン
最後のワインに選んだのは順子さんが作るボアルキャのトゥーレーヌブラン。
ブラインドで飲み進めていったが、改めて凄いワインだと驚かされる。

初めてのリリースが2002で、今日飲んだのが2003。

若干キュートになった印象はあったが、一度飲めば忘れられない個性的なスタイルと
凝縮した旨みはお世辞抜きで感動!



フランスの畑を買った時から走りっぱなし。
EU以外の人、しかも日本女性が葡萄畑を買うのは初めての事のようで
契約諸々難儀な手続きだったとの事。
ワイナリーの仕事と同時進行で別の仕事も続け新幹線に乗るかのように
日本とフランスを行ったりきたり・・・・・
特に今回の2003年は水害の被害を受けてしまい、仕込んだばかりのワインの一部を
諦めなければならないという悲しい出来事もあった。
この年のワインは彼女いわく会心の出来だったというのに・・・・・・
この時ばかりはもうワイン作りをやめようと思ったらしいが、それでも毎年素晴らしい作品を
作り出すあの底力の強さ・・・・・

やっぱすごいわ順子さん!お見事です!


「なにこれ?ぜんぜん違う!」とみんなが思ったその部分って
単に美味しいだけじゃなく、言葉にはできない伝わるなにかがあったんじゃないかなぁ・・・

そう思いたい。

17日からカベルネフランの収穫が始まっているみたい
どうか雨が降らずに順調に醸造が進むことを願わずにはいられない。
by wineid | 2005-10-20 00:32 | ワイン