月夜にワイン

wineid.exblog.jp

えーっと

こちらからの丸投げ!
受けてたとーじゃないの! フンフン←鼻息


じぃぃぃぃぃぃぃぃ


えーえーきれいに落としてみせましょうと
先程からラベルをガン見してるけど
なーんも浮かばない(笑)


プロのお笑いとして失格!<え?


ちょっと焦り気味にさらにラベルを見続けていたら
PとAがだんだん卑猥に見えてきた(爆)

じっちゃんの名にかけられても困ります <ついに逆ギレ

これ以上続けていると仕事に支障がでるので
降参!←あっさり


ふつーでいいですか?

いいよ~♪ ←シェフの声が!まるで天使!


PAとは、このワインの生産者Pic Aubeilのことですが
2の意味は不明です。
(2005年は彼の2度目の醸造なので、もしかしてその2?)


以下はインポーターの資料です。

生産者のスティーヴ・コロンブ氏は植物生理学者で
大学では植物の干ばつに対する耐性を研究していました。
もともとは野鳥への関心が強かったので生物学を専攻、専門は水鳥や海鳥で
イギリス沿岸に広範囲にわたって点在する石油会社を顧客として
開発が野生環境にどのような影響を与え、そのリスクをどのように軽減させるかを
アドバイスする仕事に従事していたそうです。
しかし2003年に体調を崩して仕事を辞め、自然に囲まれた環境の中で
以前から好きだったワイン造りを始めることを決断、初ヴィンテージは2004年。

ブドウ栽培は、バイオダイナミクスを採り入れている。
彼が20年以上にもわたり有機野菜を食べて育ってきたため
有機農法以外は考えられなかったこと。
彼がそれまで飲んできたワインで感銘を受けたものにはビオワインが多く
その中でも最高のものと感じるワインにはバイオダイナミクスによるものが
多かったことが理由である。

 
ラベルに野鳥のイラストがあるのも、これで納得いただけたでしょうか?

ガワさんのブログのオチを解決できず、誠に残念 _| ̄|○ il||li
午後は修行の旅(配達)に行ってきます。
by wineID | 2007-11-29 12:01 | ワイン