月夜にワイン

wineid.exblog.jp

2019年 01月 28日 ( 2 )

<有料試飲レビュー>Domaine Atsushi Suzuki/cantine Valpane

b0016474_15315334.jpg
1/26-27の有料試飲はこちらの2本をご紹介しました!
イタリア・ピエモンテ州のCantine Valpane(カンティーネ・ヴァルパーネ)と北海道・余市のドメーヌ・アツシスズキです。
新しい発見にあふれた楽しい2本でした^^


①Cantine Valpane ワイナリー情報

ずーっと前にルカワインでも取り扱っていたのですがその時はあまり評判がよくなく、久しぶりの入荷となりました。
(その時も私は美味しいと思っていたし、今もやっぱり美味しかった!)
イタリア・ピエモンテで19世紀からワイン造りをしているArditi(アルディーティ)一族が所有するワイナリー。
現当主のピエトロ・アルディティさんは、彼の父と同じく医者を目指し医学部へ進学します。
勉強をすすめるうちに人間のテーマに悩み、人生の方針を変え、大学を中退。お祖父様が残した30haの土地を管理し始めます。
1997年から無農薬を実践。丁寧に几帳面に来客をもてなす様子から、仕事に対する真面目さも伺い知れるワイナリーです。

試飲レヴューです。

①Euli 2014/ エウーリ
キーワード:『ゆるゆる、うまうま、だしだし。』

生産者:カンティーネ・ヴァルパーネ(ピエトロ・アルディーティさん)
生産地:イタリア/ピエモンテ州
品 種:グリニョリーニョ100%
その他:粘土質の石灰土壌、無農薬、軽く濾過・無清澄

〔コメント〕
とても薄く、まるで濃いロゼワインのような色合いはこの土地を代表する固有品種グリニョリーニョ種の特徴を表現しています。
b0016474_16434443.jpg
グリニョリーニョ種から作られるワインは色合いが薄いけれど、高い酸味と渋みがあります。
そのため味わいのバランスを取るのが難しいと言われることも。(近年はそのどっちつかず感から人気下降気味だとか・・)
「わかりやすい」味わいではないけれど、いわゆる「ゆるく出汁っぽい」味わいはとても魅力的で癖になります。
個人的にこういうのすっっっっっっごく好きです!笑
抜栓直後の香りは控えめですが2日目以降ぐぐ~んと広がります。ドライいちじく、ラベンダーの香り。
ほんのり鉄っぽさを感じる味わい。香りの特徴は味わいにも感じ取ることができ、いちごジャムを薄めたような旨味のある後味と、
ちょっときつく煮出した紅茶のような苦味が後味にあり、味わいをしっかりまとめています。
口当たりの軽さと、味わいの厚み。そのバランスがハナマルです!


②Tomo Rouge2016 / トモルージュ
キーワード:『This is 日本のワイン

生産者:ドメーヌ アツシスズキ(鈴木淳之さん)
生産地:北海道/余市
品 種:ツヴァイゲルト100%
その他:遅摘みツヴァイゲルト使用、有機栽培

〔コメント〕
昨年リリースされたトモルージュ2016を定点観測的に試飲しています。(前回のトモルージュが抜栓直後から濃い果実味のワインだったという印象があり、今回の2016はそれに比べてややおとなしめだったので販売時期を見定めています。なのでまだ販売してません)
ラベンダー、クローヴ、バニラ、ブラックチェリー、ブラックプラム、イチジクなどの様々なフルーツの香りとともに感じられる、
白檀のようなお香の香りに驚きました!ああ、日本のワインだなぁ。と嬉しい気持ちになりました。

まだ快活な酸味があり、オーク由来のバニラ香が余韻にとてもエレガントに香ります。とても長い余韻で、心地よすぎます・・・。
淳之さんのワインらしい「ほっこりした暖かみのある」味わいは健在。若々しい果実味が好きな方は今でも十分かも。
もう少し酸味の角がとれた味わいになったとき果実感がひらいてより均整のとれたきれいなワインになるように感じるので、
ルカワインではもう少し様子を見て販売時期を決めたいな、と思いました!
こうやって、ワインの成長を感じながらお客様に紹介していけるのがとても楽しいです(*´ω`*)


************
ご一読くださりありがとうございます。来週の試飲は何にしようかな^^
************


by wineID | 2019-01-28 15:18 | ワインの感想

ゆーあーまいそーそー

b0016474_10233813.jpg
先月嵐のファンクラブに入ったばかりの親友の安否が気になる月曜の朝です。
「今の私は、嵐がすべて」と言っていたので、大丈夫かな(笑)

さて、写真の酒粕は、小布施ワイナリーさんが仕込む日本酒”趣味のSAKE”のもの。
年に一度のお楽しみです。
ルカワインでは年末から甘酒を飲んでいて、この酒粕が届いてからは小布施さんの味を毎朝楽しんでいます^^

最近は豆乳が美肌に効くと聞いて、豆乳甘酒にも挑戦中。
豆乳に酒粕を溶いて、そこに砂糖少し、カルダモンとシナモンを入れても美味しいです。
←こうなると、もはや甘酒の要素は無いです。

甘酒に保湿効果があると聞いて甘酒を飲み始め、豆乳に美肌効果があると聞いて豆乳を飲み、
血管にはミミズの頭の粉末が良いと聞いてちょっと検索しちゃったり。

方向性に迷いが出まくりのルカワイン。笑


by wineID | 2019-01-28 10:35