月夜にワイン

wineid.exblog.jp

2019年 02月 18日 ( 2 )

日本ワインのホットスポット!東御ーその②ー

日本ワインのホットスポット!東御ーその②ー_b0016474_11060188.jpg
「葡萄のイラストが描いてあるエチケットと見せかけて、ひよどりのイラストのエチケット」
でお馴染みの、巨峰のペティアン・ナチュール・ロゼを作っているドメーヌ・ナカジマさんへ。

日本ワインのホットスポット!東御ーその②ー_b0016474_00434909.jpg
あ。
とりちゃんたちがウェルカムしてくれた。
年間を通してお手頃価格でおいしい”日本のペティアン”をつくっている中島さん。もうすぐ結婚ですって!おめでたい~。
スティルワインは生産量が少なくたくさんの方に飲んでいただくことは難しいのがとてもジレンマ!!
自分の信念にまっすぐに、丁寧に葡萄を栽培する中島さんのワインがこれからも楽しみです。

中島さんは、ロワールの新井順子さんのもとで醸造の勉強をされていました。
昨年ロワールを訪問したときの話や、最近のぶどうのこと、これからのワインのことなどをお話しました。

気候変動の影響を受けて、葡萄の樹に現れる病害虫に変化があることが深刻な悩みとおっしゃっていた中島さん。
防ぐためには資金が必要となり、栽培自体を諦めなければならない農家さんがいることも教えていただきました。
ボトルの向こうの世界にもっともっと目を向けていかなければ、大切なことを見落としてしまいそうです。
食について、考えていかねばいけないなぁ。

中島さんのスティルワインは、どこかの週末有料試飲でご紹介しようと思います!お楽しみに♪♪

新しくお取引がはじまったはすみファームさん。
日本ワインのホットスポット!東御ーその②ー_b0016474_11055346.jpg
軽やかなワインと、保存料を使わずに作られるジュースやジャムなど、食品の品質も高くてとてもいい出会い!!
みなさんに早くご紹介したい~~。驚いてほしい~~~!笑

日本ワインのホットスポット!東御ーその②ー_b0016474_00433655.jpg
移動の途中で目に入った葡萄畑。若い樹など、こうやって藁を巻き付けて寒さ対策をしているそうです。
この寒さ対策はじめてみた!思わずパシャリ。そしてきれいな畑だなぁ。ここのワイン飲んでみたいなぁ・・・。


ランチはここ!そばカフェ TOKI さん。長野に来たらお蕎麦でしょ!と思って目指していたお店がことごとく定休日。
「最後の一軒、ここがお休みだったらお昼なし!」の瀬戸際でたどり着いたお店です。
やってた(;_;)
日本ワインのホットスポット!東御ーその②ー_b0016474_00434341.jpg
偶然入ったお店でしたが、こことても素敵なお店でした。
息子さんとお母さんがテキパキと動いている姿や、ちょっと本でも読んでみたくなる温かな雰囲気もとても好き!
お蕎麦のセットを頼んだのですが、冷たいつゆ&温かいつゆ&ちょっとの白ご飯(+自家製味噌)が付いていてなんて優しさ(;_;)
しかもなんとなんとサラダバーも付いていて、今が旬のリンゴがむいてあったり、つけものがあったり、良心的すぎるのです。
大盛りじゃないか?ってくらい満足の量も嬉しくて、このお店に出会えてラッキーでした!

東御市にお出かけの際はぜひ!(正確には小諸市です)

自然の恵み そばと、カフェ 凱 -Toki-


このあとは名物のくるみやら、野菜やらを買い帰宅。私は後部座席でずっと寝てて、起きたら静岡。わーいわい。

たくさんの収穫と学びのあった東御めぐりでした!
行ききれなかったワイナリーに行けるのがとっても楽しみ(*´ω`*)










by wineID | 2019-02-18 11:42 | ワイナリー

日本ワインのホットスポット!東御ーその①ー

日本ワインのホットスポット!東御ーその①ー_b0016474_00435602.jpg
とある定休日、長野県東御市に行ってきました。朝6時過ぎに車で三島を出発し、11時頃に東御市に到着。
雨予報でしたが途中晴れ間も見える好天に恵まれたよき1日!
近年ワイナリーやヴィンヤード(葡萄畑)設立の動きが一際大きな東御市。
その動向の速さに恥ずかしながら付いていけておらず、早いうちに訪れなければとずっと思っていた場所に、念願の初訪問です(^^)

東御市とワインの結びつき。はじまりは1991年から。

東御市とワインのつながりは1991年からはじまります。
この年、画家でエッセイストの玉村豊男さんが東御市に移住し、500本のワイン用葡萄の苗を植えました。
数年後これらの樹から約14本のワインが誕生します。
2004年に”ヴィラデスト ガーデンファームアンドワイナリー”が設立されると、この地域が持つ可能性に魅せられた生産者が続々と集まり、
その後毎年のようにワイナリーやヴィンヤードが設立されるようになりました。
現在10軒のワイナリーと6軒のヴィンヤードが東御を舞台にワインの輪を広げています。

2013年3月には、長野県が「信州ワインバレー」構想を策定しました。
ワイン用ぶどう栽培に適した立地を信州ワインバレーと名付け、栽培から醸造、販売、消費にわたる振興策を示したものです。
この構想では長野県各地に点在する栽培・醸造エリアをおおよそ4つに分けています。

○桔梗ヶ原ワインバレー(塩尻市)
全国的に知られた産地である塩尻市桔梗ヶ原。老舗のワイナリーを中心に、新規の小規模ワイナリーも増えつつある地域

○日本アルプスワインバレー(松本市、安曇野市、大町市、池川町など)
松本から安曇野に広がるエリア。長野県内のぶどう栽培の発祥の地といわれる場所を有するなど、古くからの栽培地域。

○千曲川ワインバレー(小諸市、東御市、長野市、須坂市、青木村、小布施町、飯綱町、上田市、坂城町、高山村などの市町村)
降水量が少なく日照時間が長い気候と、水はけがよく土壌の質がワイン用ぶどうの栽培に適しているエリア。
近年個人経営のワイナリーが増加しつつあり、さらなる開業も予定されている。

○天竜川ワインバレー(宮川村、松川町などの市町村)
中央アルプスと南アルプスの間に天竜川が流れ、川の両側位に河岸段丘と扇状地が多く、水はけが良いことから、古くから果物の産地。


なぜ東御市には新規就農者が多いのか。「ワイン特区」と「アルカンヴィーニュ」

今回訪問した東御市は千曲川ワインバレーにあたります。
これらのワインバレーの中でも東御市はワイン特区(構造改革特別区)に指定されているエリアです。
かつての酒税法の定める最低生産量は6キロリットルですが、エリア内の原料を使う場合には最低生産量が2キロリットルとなり、
小規模ワイナリーでも参入しやすい条件が整っています。

参入しやすいと言っても新規就農者たちは資金面や技術面など、ワインを作るためにクリアしなければならない多くの課題があります。

そんな彼らの受け皿として”アルカンヴィーニュ”が2015年に開業すると、東御でのワイン・葡萄産業は更に盛り上がりを見せます。
アルカンヴィーニュでは、新規就農者らの委託ワイン醸造のほか、栽培・醸造・ワイナリー経営を学ぶ「千曲川ワインアカデミー」を開催。
将来ワイナリー開業を目指す人々が様々な場所からこの地に集まっています。

ワインをめぐって盛り上がる東御市。
ワインツーリズムなども開催され、多くの観光客がこの地に足を運ぶ様子はまるで海外のワイン観光地の様なにぎわいがあります。
新規就農者たちならではのコミュニケーションのあり方や、ワイン初心者でも入りやすいく雰囲気がこの土地には感じられます。

しかし、すべてのワイン関係者がこの構想を手放しで受け入れているわけではありません。
容易に参入しやすい環境は一方で、極端な言い方をしてしまうと「無責任さ」と表裏一体。
補助金がなくなり、日本ワインブームが去っても葡萄は毎年実をつけ続けるのです。
とある生産者は昨今の急激なワイナリー増加の現状に対して「危うい」という言葉を選んでいました。

ワインショップとしては、ワイン産業が盛り上がることはとてもうれしいです。
ご紹介できる選択肢が増えていくことは、なんて贅沢なことなんだろう。とわくわくした気持ちになります。

様々な視点があることももちろん踏まえた上で、美味しいと思うワインを皆様にご紹介できたらと思っています(^o^)


その①おわり。

<参考資料>
信州ワインバレー構想 (平成25年3月)/長野県
東御市雇用創造協議会資料


by wineID | 2019-02-18 10:55 | ワイナリー