月夜にワイン

wineid.exblog.jp

カテゴリ:イベント( 180 )

【明日開催】アヴィニョネージ社試飲会@ルカワイン

10/20(土)14:30-17:00 試飲会開催します!
b0016474_16504974.jpg

イタリア・トスカーナ州モンテプルチアーノ地区に本拠地を置き、「ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチアーノ」の世界的な名声を築いたアヴィニョネージ。
生産者も来店しての、とっておきの試飲会です♪

明日はなんと7種類の試飲を予定しています。ぷらりとお立ち寄りください(*'ω'*)

お待ちしております!

by wineID | 2018-10-19 16:52 | イベント

9/22(土)トスカーナ・バンフィ社がやってきた!

9/22(土)、イタリア・トスカーナ州からバンフィ社が三島にやってきました!
イタリアの中でもその規模、歴史、ワインへの貢献のどの分野をとってもトップカンパニーとして知られるバンフィ。
「え、三島にバンフィが?!」と言うひともいるほど、実はそんな出来事なのでした。

BANFIってなに?
b0016474_09542615.jpg
写真はカステッロ・バンフィと呼ばれる、バンフィ社が所有するお城!
トスカーナ州の中心部に位置する、シエナ県モンタルチーノ市は、サンジョヴェーゼ種から造られるブルネッロ・ディ・モンタルチーノの産地として世界的に有名な産地。
バンフィ社はこのモンタルチーノに約800ヘクタールのブドウ畑を含む広大な土地を所有し、創立以来、土壌の分析、葡萄栽培法の研究、土着品種であるサンジョヴェーゼ種のクローン研究、樽材や醸造法の研究を行ってきました。
伝統的な葡萄品種はもちろん、カベルネ・ソーヴィニョン種などの国際品種も手掛け、世界中に優れたワインを輸出するビック・カンパニーとして名実ともに成功を収めています。

b0016474_10291432.jpg
バンフィからやって来てくれたのは、パオロ・ファッシーナさん!
北アジアエリア全体の営業活動を担っています。
知識豊富で、バンフィのワインへの愛情と情熱にあふれ、絶え間なく説明をしてくださるとてもスマートな方でした。

b0016474_10342242.jpgb0016474_10341728.jpg

まずはルカワインで試飲会を開催しました!
1つのワイナリーのワインをいろいろと試すことができて、またワイナリーの方から直接話を聞ける機会はなかなかないもの。
たくさんの方に足を運んでいただき、盛況となった試飲会でした。

ランチはVITISさんへ。
b0016474_10430155.jpg
b0016474_10432000.jpg
b0016474_10435090.jpg
ソムリエ田中さんが、このランチに合わせて2012年のブルネッロを開栓してくださいました。
現行ヴィンテージである2013年との飲み比べがとてもおもしろかったです。

そして鎌野さんのお料理。
和食のテイストも取り入れつつのお料理は、ひとつひとつがとてもきれいで繊細。
特に印象的だったのは、サンマのコンフィ。
b0016474_10190866.jpg
こちらに合わせて田中さんがセレクトしたのが、バンフィのヴェルメンティーノ”ペッテゴラ”でした。
アロマが凝縮し、女性的な雰囲気を持つこのペッテゴラ。
「ヴェルメンティーノの畑は海岸沿いにあるので、海の料理とよく合います」というパオロさんの言葉通り、
サンマのコンフィとの相性抜群!和のテイストと味わうことで、ヴェルメンティーノの新たな魅力を発見しました。

バンフィにとってもこのペッテゴラは大切なワイン。
「ヴェルメンティーノという土着品種を使って自分たちのアイデンティティを表すということ。
その土地の土着品種でないと、その土地の味わいは表現できないですからね。」
というパオロさんの言葉で、このワインのおいしさが一層際立った気がします。


夜はマスティカヴィーノさんでワイン会!
ワイン会は、三島大社そばの源平川沿いにオープンしたばかりのマスティカヴィーノさんで開催しました。
b0016474_10493636.jpgb0016474_10494136.jpg
マスティカヴィーノさんは、広小路のイルコッチュートのけんさんがオーナーを務める、もうひとつのイタリアへの入り口。
店長として料理を任されているのは菊地君。気軽に料理とワインを楽しめる雰囲気が好評です。
b0016474_10355686.jpg
夜のマスティカヴィーノさんはこんな感じ!灯りがきれいでこれからはじまるワイン会への期待が高まります。

そしてワイン会のはじまりです!まずはパオロさんの挨拶から。
隣にいるのは、バンフィ社のワインを輸入しているモンテ物産の社員さんで通訳のマカロン。
1日中ずーっとパオロさんの通訳をこなしていたのに、どの場面でもきっちりと仕事をこなす姿勢は圧巻でした。
めちゃくちゃ勉強&刺激になりましたm(__)m
b0016474_11023160.jpg

そして、1本1本のワインの説明をパオロさんがしつつ、運ばれてくるのはこの日のためのスペシャルコース!
バンフィ社がワイナリーを構えるトスカーナといえば、肉料理が有名なエリア。
そのため今日のコースにも様々な肉料理が使われていました!
パワフルなバンフィ社のワインと相性抜群。その土地の味わいを、ワインと食事でたっぷりと堪能することのできた豊かな時間でした。
b0016474_11284385.jpg

特に「おおおお!」と思ったのは、イノシシとブルーベリーのラグーを使用したピーチ!
「ブルーベリー?ピーチ?桃?」とざわつく店内。
ピーチはトスカーナ州で生まれたうどんのようなロングパスタのこと。卵を使わず、水、塩、粉だけで作られます。
そこに使われるのはブルーベリーのソース!
ワインのフレッシュ感とよくマッチしていて、「これがワインと食事を楽しむことの醍醐味ってやつかぁ( *´艸`)」と感心しきり。b0016474_12020847.jpg
ワイン会も終盤に近付き、ちょっぴりリラックスモードのイルコッチュート・けんさんと、モンテ物産の山口さん。

パオロさんがワイン会でこんなことを言っていました。
「ブルネッロを味わうときは、
どこで味わうのか、どんなグラスで味わうのか、何と味わうのか、そして誰と味わうのかがとても大切です。」

ブルネッロというイタリアを代表する偉大なワインだからこそ、そのすべてがそろった時、飲む人を魅了する力がこのワインにはあります。
この夜は、そのすべてがきっちりとそこにあり、トスカーナの風を心行くまで感じることのできた時間でした。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

by wineID | 2018-10-09 15:13 | イベント

9/21(金)バローロナイトinイルコッチュートさん。

その日はまるで、イタリア・ピエモンテ州の地元のレストランで夕食を食べているような、そんな気分でした。
本だけでしか知らなかったピエモンテの郷土料理、にぎやかなおしゃべりと、聞こえてくるイタリア語。
すべての空気が心地よく重なったドージオワイン会!ぜひご覧ください~~~(*'ω'*)

************

9月21日(金)
イタリア・ピエモンテ州のワイナリー”ドージオ・ヴィニェーティ”から、オーナーのマッシモさんが三島にやってきました。
マッシモさんにとって初めての日本、初めての三島(そりゃそうかw)!なんて光栄なことでしょ♡


三島にようこそ!
b0016474_11033315.jpg
ドージオ社は、1974年に設立。今回来日したオーナのマッシモさんは、2010年に経営を引き継ぎました。
畑はバローロ地区ラ・モッラに位置し、ワイナリー周辺に10haと少し離れたフォッサーティのエリアにも1ha所有しています。
エリアの違う畑を持つことで、味わいを補完し合えることも可能になります。

年間生産量は55,000~65,000本で、正社員はなんとマッシモさんいれて4人!
そのうち一人はワイナリーを掃除するお姉さんだそうで、めっちゃきれいにしてくれるんやで~と言ってました。
私も雇ってほしい('_')・・・。めっちゃがんばる。きれいにする。

b0016474_11291939.jpgb0016474_11291382.jpg
三島大社へお参りして、三島を散策。途中でカモの写真をたくさん撮ってました。カモ好きなのかな。
そして夜は、イルコッチュートさんでワイン会です!
b0016474_11401517.jpg
実は今回のドージオの三島訪問は、イルコッチュートさんのけんさんとの縁がつないでくださったもの。
今年5月にけんさんが研修でピエモンテのドージオ社を訪問したことがきっかけでした。
イルコッチュートさんが近づくにつれ、笑顔が増えるマッシモさん。
b0016474_11472665.jpg
けんさんと再会!緊張が少し解けたように、リラックスした表情のマッシモさん。
そしていよいよディナー会がはじまります。
b0016474_11500043.jpgb0016474_11501488.jpg











料理に合わせて登場するワインたち1本1本をマッシモさんが説明していきます。
時には地図を使いながら、
・バローロというワインはどういうワインなのか
・イタリアのどこで造られ、どのような特徴があるのか
などを詳しく説明してくださり、まるで畑に立っているようなそんな気持ちになりました。

ドージオ社が畑をもつエリアは、標高400m以上と同地区の中でも高い位置にあります。
暑い年でもほかのバローロエリアよりも平均気温が低く、暑さの影響を受けにくいというテロワールの恩恵を受けています。
畑違い、標高違い、熟成年数違いなど、飲み比べることで「バローロ」とひとくくりにできない味わいの奥行きが見えてきます。
まだまだ熟成の可能性を感じさせるポテンシャルの高さもあり、葡萄栽培や醸造に手間をかけていることがうかがい知れました。

b0016474_12564926.jpg
b0016474_12561377.jpg


b0016474_12561980.jpgb0016474_12560741.jpg
b0016474_12562636.jpg
ワインに合わせて出されるのは、ピエモンテの郷土料理たち。
卵を多く使用し、どしっとした味わいがワインととてもよく合います。
ワインの本の中でしか見聞きしたことのなかった料理が次々に登場し、とっても楽しい!
こういうペアリングが楽しめるのは、ワイン会の何よりの醍醐味ですね(*'ω'*)
b0016474_13125911.jpg
ワインのささやきを聞いているのは、ドージオ社のワインを輸入しているパシフィック洋行の小林さん。
通訳もしてくださって、独特(?)のユーモアあふれる話し方もおもしろかったです。勉強になりましたφ(..)メモメモ

バローロは「ワインの王」と称えられるように、軽い味わいではないし、お値段もお安いものではありません。
じゃあどんなお料理と合わせようか?と考えたとき、私は「やっぱり高級なお肉!!!」と考えてしまいます。
しかし今回、けんさんが用意したのは馬肉やタヤリンなどのピエモンテの郷土料理たち。
それらが高級でない、という意味ではなく、郷土料理と合わせたことにとても意味があると改めて思いました。
”本当のピエモンテ”が感じられたからです。

b0016474_18151967.jpg
食事をいただきながら隣に座っていたマッシモが言いました。
「ピエモンテで食べる料理と、ピエモンテで飲むワインと、全部がここにあるね。」と。

ワイナリーを訪問したけんさん。
そして今度は三島にやってきてくれたマッシモさん。
その2人が見てきたピエモンテが、今度は三島で新しい物語として広がって、みんなの心に思い出として残る。
いいなぁ、こういうつながりは。

いつもお世話になっているパシフィック洋行のまるちゃんが今回の声掛けをしてくださって、
1本のワインを通してつながるいろんな思いたち。

とても楽しく、おいしく、しみじみといい時間でした!
関わってくださったみなさま、ありがとうございました。


〔おいしい料理〕
イルコッチュートさま
三島市泉町14-10

〔おいしいワイン〕
ドージオ ヴィニェーティさま
パシフィック洋行(輸入会社)さま


by wineID | 2018-10-01 18:33 | イベント

【今週土曜日】イタリアワイン試飲会

b0016474_17292396.jpg
ルカワイン改装前のラストイベント、バンフィ試飲会の開催が土曜日にせまりました!
バンフィは、”イタリアワインの女王”ともいわれる高貴なワイン「ブルネッロ」を世に広めた立役者です。

はじめてブルネッロを飲んだ時、その複雑な香りや奥行きのある味わい、ずっと消えない余韻の長さに驚きました。
カジュアルな味わいのワインがある一方で、このようなエレガントなワインも網羅する、イタリアワインの幅広さと多様性。
イタリアワインの底知れぬ魅力は、こんなところにも隠れていますね♪

試飲会ではお手頃価格のワインから、ちょっとごほうび価格のワインまでいろいろご用意してお待ちしています!
当日は、バンフィからパオロさんもご来店予定です。
とっておきのワインとともに、皆様のご参加をお待ちしております(*'ω'*)


◆店頭試飲会詳細◆
日時:9月22日(土)14:30-17:00
場所:ルカワイン (三島市中央町2-6)
会費:無料  ※ご予約不要です。お好きな時間にご来店ください。

by wineID | 2018-09-19 17:35 | イベント

◆9月のイベント情報◆

b0016474_14454230.jpg
9月!芋に、かぼちゃに、栗に、紅葉に・・・。
異常なくらい暑かった季節も、少し懐かしく思えてくるから不思議です。
そして、赤ワインが飲みたい欲も戻ってきた今日この頃。うーん、しあわせ♡

今月はイベント盛りだくさんです。
イタリアからなんと3名も生産者さんがやってきてくださいます。
ワイン会を開催しますので、みなさまぜひぜひご参加ください^^

「ワイン会」といっても、グラスをくるくる回したり、これは森の下草の香り・・・
なんてコメントを求められることはありません。
おいしいワインと、おいしいお食事を、そのワインを造った生産者さんと一緒に囲む楽しい飲み会です。
はじめての方も気軽にご参加くださいね♪♪いずれも要予約です。


〔イタリア・シチリア ”マラビーノ”ワイン会〕
9月11日(火)18:00-22:00
「おいしいワイン」という名前を住所に持つ、シチリアのマラビーノ社。
太陽をたっぷり浴びて育った芳醇なぶどうから作られるワインは、気軽で楽しい味わい。
当日は、営業マネージャーのサンティーノ氏が来店!シチリアの風を感じにいらしてください。

会場:ディチョット(三島市広小路町9-4 ナガクラBLD1F)
会費:5,500円(ワイン・食事代込)
時間:18:00~22:00 ※ご都合のよい時間にお越しください。
予約・お問い合わせ
ディチョット 055-973-6699 もしくは ルカワイン 055-983-0755


〔イタリア・ピエモンテ ”ドージオ ヴィニェーティ”ワイン会〕
9月21日(金)19:00スタート
イタリアを代表するワインの一つ「バローロ」の作り手。
”高品質のぶどうからのみ偉大なワインは生まれる”を信条にかかげ、
葡萄が生み出される大地に敬意を払いながら、気品あふれるワインを生み出しています。
なんと、イルコッチュートの健介シェフは5月にこのワイナリーを訪問!
そんなダイナミズムも感じられる、とっておきの時間になる予感。

会場:イルコッチュート(三島市泉町14-10)
会費:10,000円(ワイン・食事代込)
時間:19:00 スタート
予約・お問い合わせ
イルコッチュート 055-941-7599 もしくは ルカワイン 055-983-0755



〔イタリア・トスカーナ ”バンフィ” ワイン会〕
9月22日(土)18:00スタート
イタリアワイン会月間の最後にやってくるのは、ブルネッロの大御所生産者バンフィ!
ブルネッロはサンジョヴェーゼ種から造られる、品格溢れる高級イタリアワイン。
バンフィは、名実ともにイタリアを代表するトップワイナリー。
営業マネージャーのパオロさんを三島に迎え、美しいワインの夕べを堪能いたしましょう。

会場:マスティカヴィーノ(三島市大宮町1-11)
会費:16,000円(ワイン・食事代込)
時間:18:00 スタート
予約・お問い合わせ
マスティカヴィーノ 055-900-8459 もしくは ルカワイン 055-983-0755


皆様のご参加をこころよりお待ちしております!
イタリアの風を感じながら、美しいワインとともに初秋を味わいつくしましょう♪
 













by wineID | 2018-09-04 19:02 | イベント

今週末はルカワインへ!

b0016474_18435009.jpg

「飲んで選べたらいいのにな。」というお客様の声におこたえして、
ワインの試飲販売会を開催します!

ルカワイン初のこころみ、どきどき(*ノωノ)


実際にワインを飲みながら、お気に入りのワインをみつけてください♪

当日はご予約をお受けして、後日ワインをお渡しします。発送も可能です。
通常の販売価格よりも、お得な価格でご案内!


気軽にお立ち寄りください。
ご来店お待ちしております(*'ω'*)


by wineID | 2018-07-10 18:45 | イベント

チェンブラワイン会 in INAHO(御殿場)

6/16(土)御殿場市のINAHOさんにて、

北イタリア トレンティーノ・アルト・アディジェ州”CEMBRA(チェンブラ)”社を招いてのワイン会を開催しました!

b0016474_18322447.jpg


イタリアで最も北に位置する州で、北はオーストリア・スイスと国境を接し、

またドイツの影響も強く受けるエリアです。

素朴な山の料理が多く、燻製したハムや野菜など、シンプルながら滋味深さを感じる料理が食されています。

そこでできるワインは、代々畑を大切に守り続ける農家さんたちのブドウを使って作られる、

まっすぐでピュア、きれいな酸味が印象的。

INAHOの坂元シェフの言葉を借りるなら「いいやつ」なワイン。


b0016474_18551819.jpgb0016474_18552653.jpg




御殿場市はトレンティーノと同じく標高が高い山のエリアにあります。

そして地元・御殿場のシカやイノシシを使った自家製生ハムをお店で提供しているINAHOさん。

トレンティーノと御殿場をつなぐいろいろな共通点を探りつつ、INAHOさんでのワイン会が実現しました。


イタリアを代表する白ワイン産地であるこの地域。

きれいでフレッシュな酸をもち、香り高い白ワインは抜群の安定感!

今日は6種類のワインうち、5種類が白ワイン。

品種のちがいや、同じ品種でも畑がある場所の標高の高さで味わいの違いを比較します。

さてさて、どんなワイン会になるのでしょうか。


やってきたのはチェンブラ社営業マネージャーのジョヴァンニさん!

イタリアの大学で日本文学を専攻していたこともあり、日本語ぺらぺーら。

お客様と直接やりとりできるのが嬉しいですね。


b0016474_19002712.jpg


いつもほっとするお店の雰囲気の中に、INAHOの坂元さん作の本日の資料が並んでいます。

和紙風の紙がすてき。こういう準備うれしい(*‘ω‘ *)

b0016474_19021702.jpg


本日のメニューはこちら。

〇季節野菜のバーニャカウダ

〇スモークチーズ/小山町 鱒のスモーク/自家製生ハム4種/竹炭バゲット

〇焼鶏6種

〇御殿場コシヒカリ土鍋炊き/そば粉の手打ちパスタ

〇自家製リコッタと糀の甘酒のアイスクリーム



地元御殿場市や、お隣の小山町で採れた食材を坂元さんが料理して、

チェンブラのワインと合わせていきました。

坂元さんの御殿場という”テロワール”への意識・愛情が一皿一皿に感じられて、その心の在り方にとても幸せな気持ちになりました。


b0016474_20035959.jpgb0016474_20040866.jpg

普段口にしている地元の食材が、チェンブラのワインと出会うことで

今まで知らなかった味わいの広がりを見せてくれる発見の連続に驚き!

特に、INAHOさん特製梅干しとリースリングの相性が良くてびっくり!!!


b0016474_20060190.jpg


点と点でしかなかったひとつひとつの食材が、ワインとともに1本の線になっていく。そして新しい物語が生まれる。

ワイン会の最初から最後まで、食べることや飲むことの楽しさをずっと感じることのできた心ふるえる時間でした。



そしてそして、

「ジョヴァンニさんにもこの土地の味わいをいろんな視点から知ってほしい」

というINAHOさんの粋な計らいで、

御殿場・渡辺ハム工房さんの自家製生ハムやサラミが登場!

ひとつひとつ手作りの生ハムは衝撃的なおいしさ。なんて豊かな御殿場・・・・。


b0016474_20081314.jpg


チェンブラの故郷では生ハムとチェンブラのワインがテッパンの組み合わせ。

渡辺ハムさんとチェンブラのワイン。感動するほどおいしいマリアージュでした。

これは忘れられないなぁ。


奥様の、押しつけがましくなく、だけど思いの伝わるサービス。

地元への愛情と、とっておきの食材をとっておきの方法で魅せてくれるシェフの料理。

毎日の暮らしの中で私たちが当たり前に食している地元食材を、ワインと合わせるおもしろさ。

何度も何度も「美味しい!!」という言葉がお客様の口からこぼれていました。

INAHOさんでなければできなかった、ここにしかないしみじみと素晴らしい時間でした。


b0016474_20102771.jpgb0016474_20101154.jpg

世界中でいろんなワイン会に参加しているジョバンニさんですが、

「本当に素晴らしかった。もちろん美味しかったし、楽しかったし、みんな素晴らしかった。また必ず戻ってきたい!」

と、ずっとずっとこの夜をかみしめていました。




■■Special thanks■■


<ワイン会会場>

炭と酒 YAKITTORIA INAHO (ヤキットリア イナホ)

御殿場市萩原738


<CEMBRA輸入会社>

株式会社 仙石

和歌山県和歌山市岡山丁83





by wineID | 2018-06-19 20:14 | イベント

ワインと水辺と音楽と。

先週の日曜日は、WINE BAR MISHIMA というイベントが行われました。
これは、三島市内外の飲食店、酒屋、花屋さんなどの有志があつまって造り上げる”ワインのための1日”です。
毎回多くのお客様にご来場いただくこのイベントも、今回で3回目を迎えました。
b0016474_21055299.jpg

この日のために、参加店舗同士であつまって「あーでもない」「こーでもない」と打ち合わせ。
料理を決めたり、ワインを決めたり、音楽はどうしようとか・・・
ワインを楽しむためにできる最大限の努力を、参加店舗一同で考えてきました。

三島はもともと飲食店同士、横のつながりがある町です。
WINE BAR MISHIMA まとめ役の広瀬さんも言っていますが、
「お客さんを奪い合うのではなく、それぞれのお店の個性を知って、まわって、楽しむ」
そんな風土が無理なくできあがっているように思います。

ひとりでしっかり立つ”個”がいくつもあって、そしてお互いを尊重し合いながら成り立っている街だからその仲間に入りたいと思う。
その個性の1つになって
「三島っていい町だね!」って言ってもらえるようなそんな存在にいつかなれたら・・・
と、三島の先輩たちの姿が自分のモチベーションになっていることは間違いないです。

自分がこうして楽しく幸せにワインの仕事ができるのはなぜか。
改めて考えなくたってわかるとても単純なことです。
そのバトンをわたしもしっかりと受け取れるように、大好きなこの街で自分なりにできることを考えたいです。

ご来場くださった皆様、ありがとうございました!
ワインを片手に絶え間なく聞こえる笑い声を聞きながら、この仕事が好きだー!と叫びたくなりました。

by wineID | 2018-06-06 12:06 | イベント

【参加者募集】6/16(土)ワイン会のお知らせ*

b0016474_12393655.jpg

御殿場の焼き鳥の名店”INAHO”さんにて、ワイン会を開催します。
先日INAHOさんのご夫婦と打ち合わせをしましたが、もう聞いているだけでよだれが・・・・。
地元の食材を使ったお料理と、イタリアのワイン。
どんな1日になるのか、とても楽しみです^^

久しぶりの御殿場でのワイン会。
「三島はいつも遠いわぁ~」と思っている方にも、ご参加いただけたら嬉しいです。

ご予約はルカワイン、またはイナホさんまでお気軽にご連絡ください。
ご参加お待ちしております♪

■□イベント詳細□■
6月16日(日)18:00-
会場 YAKITTORIA INAHO(御殿場市萩原738)
会費 10,000円(税込・要予約)

<ご予約・お問い合わせ>
ルカワイン 0559830755
イナホ   0550820601



by wineID | 2018-06-05 12:43 | イベント

5/26(土)ワインイベントのお知らせ*

b0016474_19035891.jpg

2016年に三島に遊びに来てくれた、スペインの女性醸造家・ロサリアさん!
大好評だったこの試飲会を再び開催することが決定しました^^

もちろんロサリアさんも来店!かわいい笑顔に会いに遊びに来てくださいね。


〇イベント情報〇
日時 5/26(土)14:00-16:00
場所 ルカワイン

*参加費無料
*ご予約不要
*入退場自由


お問い合わせなどお気軽に!
ルカワイン 055-983-0755



by wineID | 2018-05-17 19:05 | イベント