月夜にワイン

wineid.exblog.jp

カテゴリ:プティ・ポワソン( 6 )

5/18 令和最初のワイン会開催しました*

気軽に飲みたいワインを飲もう!をコンセプトに、不定期に開催しているルカワイン主催のワイン会”le petit poisson”。
5/18(土)、ターブルドクドウ さまにて開催いたしました。
毎回テーマを決めていて、今回のテーマは「ペトリュスを飲む」でした。
ずっと寝かせていた87年のものを「ちょっと飲んでみたいよね・・・」という気持ちで決めたテーマです。
なのでいつもより少し高めの会費となりましたが、計10名で行いました。

いつもは店内で行っているのですが、今回はクドウさんのお食事と一緒に楽しみました。
(さすがに店内で飲むワインではないですよね。笑)
b0016474_13584989.jpg
ワインのラインナップはこちら。

1.アンティカ・フラッタ(イタリア)/フランチャコルタ ロゼ2008(マグナム)
2.ローレンス・ファミリー・ワインズ(南アフリカ)/リンディ・カリアン22017
3.シャトー・ペトリュス(フランス)/ペトリュス1987
4. ドメーヌ・ド・シャソルネイ / ニュイ・サン・ジョルジュ 1er クリュ 2006
5. ヴィニヤード・デ・ルカ / VDN バニュルス

b0016474_14441244.jpg
白ワインとして選んだのは、南アフリカワイン。
ローレンス・ファミリー・ワインズのリンディカリアンです。
様々な品種のブレンドによるワインという点と、作り手が若いということ、そして味わいに感じられる躍動感・・・・
わたしが感じる「多様性あふれる南アフリカ」がギュッと詰まった大好きな1本です。
b0016474_14455727.jpg
エチケットに描かれているのは奥さまのスケッチ。
見た目の印象を裏切らない味わいも好きで、このワインにしよう!と決めるのに時間はかかりませんでした。
白に合わせて一緒にいただいたエビがとてもよく合っていて、嬉しかったなぁ。
(ペトリュスを飲んだ後にこのワインに戻ってもしっかり美味しかった!すごくないですか!)

リンディカリアンがきれいな序章となり、次に続くペトリュスへ幸せなバトンパス。
ペトリュスを飲むのは初めて。オールドヴィンテージを抜栓するのも初めて。どきどき。
b0016474_13584415.jpg
開けて驚いたのは、コルクの長さと密度の高さ。こんなコルク初めて見ました。
長期熟成を考えて作られた緻密な計算がこんなところにも。
リコルクしていないのに、30年経ってもこのような良好な状態に驚きました。
(ボロボロになって開けるのに苦労するのを想像していたのです。)
b0016474_15030132.jpg
そして今日の主役、ペトリュス1987年の登場です。
30年以上経っても、未だに「若々しさ」を感じさせる酸味が味わいをしっかり支えています。
パワフルさよりも、上品さ。そして、永遠に続くような長い余韻と、口の中にとどまり続ける華やかな香り。

パーカーポイントが決して高くなかった87年。
しかし、評価とは一体何なのだろうと、様々な思いがめぐる味わいを堪能しました。
瞬発力も大事だけれど、答えを急ぐと大切なことを見失うのは、ワインにこそ言えること。試されているのは、私たちの寛容さ。

裏切らない安定感、王道の品格、ペトリュスという存在。
なんだか、言葉で味わいを表現するのがとても無粋に思えてしまいます。。。

わたしが生まれる前に作られたこのワインが届けてくれるのは、その美味しさだけではありませんでした。
その当時に思いを馳せる私たち一人ひとりの気持ちも入っているようで、ぐっときます。

SNSの流行で、見た目が重視されるようになった昨今。
中身が伴わなくてもモノが売れるようになった時代に、何かを守り抜くことの価値に美しさを感じられる自分でありたいと思いました。

ワインを囲み、温かな人たちの和の中で過ごす時間は何にも代えがたい豊かな時間ですね。
まだまだまだまだ知らないことだらけのワインの世界。
その深淵を垣間見て、少し足がすくみつつ、ワインを仕事にすることの重大さを感じた日でした。

素晴らしいひとときをご一緒してくださった皆様、本当にありがとうございました。
またやりましょうね!


「時を売る仕事」って、なんだかいい響き。




by wineID | 2019-05-19 16:46 | プティ・ポワソン

【第8回開催しました】プティ・ポワソン

b0016474_11200591.jpg
月に一度のワインを気軽に楽しむワインサロン”le petit poisson” (ル・プティポワソン)を開催しました。
8月のテーマは「小布施ワインに学ぶ”官能”」

毎度、ワイナリーについての説明などなどを資料にしてお渡ししているのですが、今回は何を書けばいいかわからなかった(笑)
自分でテーマを設定してるのにね('_')苦笑

今回のラインアップはこちらです。
<1本目>
・ドメイヌソガ ヴィーニュサンシミ シャルドネ2017
<2本目>
・ドメイヌソガ ヴァンサンシミ クレレシラー2013
<3本目>
・ドメイヌソガ ヴァンサンシミ プティヴェルド69 2016
<4本目>
・ドメイヌソガ ヴァンサンシミ メルロールミリアシオン 2016
<5本目>
・ソガペールエフィス オシヌアイリシアゲ 2007

計5本を、ご参加いただいた8名の皆様と一緒に楽しみました。

なぜ今回このテーマにしたのかというと、
エロティックやら、官能やら、男やら女やら、そんな言葉が並ぶ小布施ワインの裏ラベルの文言が私にはキャパオーバーで、
みんなでワインを飲みながら、その言葉の意味を理解したい!と思ったからという理由が大きいです。

が、ワインを飲んでみてわかったことは、理解しようとする行為自体が無粋だった、ということです。
そのワインの持つ味わいをどう受け止めるのかは、その人が経てきた今日までの道のりを映す、ということもわかったことかな。

何を言っているのかさっぱりでしょう?


今回のワイン会にあたり、麻井宇介さんの本を読み返しました。
b0016474_11201203.jpg
今のような日本ワインブーム(ブームにしちゃだめだけど)が全くなかった時代に、
垣根栽培を周囲から否定され、日本でおいしいワインは作れないと言われた彼らにとって
宇介さんの存在がどれだけ支えになったのかを想いました。

”銘醸地は人間が作り出すものである。だから動く。”

そう宇介さんが断言してくれたことで、救われた人は多いだろうなぁと素人ながらに考えました。
曽我さんが、魂をすり減らし、体を使って作り上げてきた「小布施」という銘醸地。
そして、その銘醸地から生まれるワインの感動的な味わい。

点と点が線になり、そしてつながっていく。

小布施ワイナリーがいつもそばにあることが、本当にうれしいです。

さて、次回は9月下旬にオーストラリアをテーマに開催予定です。
詳細決まり次第参加者を募集したいと思っていますので、よろしければお付き合いくださいm(__)m




by wineID | 2018-08-20 14:08 | プティ・ポワソン

8月のプティポワソン

b0016474_11263346.jpg

※おかげさまで満席となりました

月イチワインサロン”le petit poisson”

今月のテーマは小布施ワイナリー!
ワインの表現でたびたび登場する”官能”。
小布施ワインを飲みながら、官能とは何ぞや・・・を紐解きましょう。

官能を語るにはまだまだ未熟者なので、教えてくださるお姉さまもふるってご参加くださいm(__)m

日時:8月19日(日)17:00~
場所:ルカワイン
会費:ワイン代(参加人数で割り勘)
   +資料・おつまみ代¥1000/人   

※要予約です。
※キャンセルは原則不可です。

〔ご予約・お問い合わせ〕ルカワイン 055-983-0755


by wineID | 2018-08-11 11:28 | プティ・ポワソン

le petit poisson

昨日は久々復活、月イチワインサロン”le petit poisson”の日でした。テーマは「ロワール」。b0016474_17504843.jpg
どれも飲みごろには少し早いかな・・・と感じましたが、芯のある美しさは健在。
偶然にも、どの生産者も代々のワイナリーではなく、その人が創始者。
困難を乗り越えて、人生経験を積み、愛情とともにワイン造りをする作り手の意志は、味わいに出る。
そんなことを感じさせてくれたワインたちでした。

そういうのは感情論だよ、と言われることもありますが、いいんです。幸せなんです(´ω`*)

なんだろう。”作り手”を強く感じるワインは、ロワール産なことが多いなぁ。
もっともっとロワールとご縁がもてるように、フランス語もがんばらにゃー。










by wineID | 2018-07-23 17:59 | プティ・ポワソン

【3/13(火)開催】テーマは”オレンジワイン”

b0016474_11421539.jpg

自然派ワインを楽しむ月いちワインサロン、”le petit poisson” (ル・プティ・ポワソン)
3月は3/13(火)19:00~開催です。

2月は「オレンジワイン」をテーマに、3種類のワインをご用意しております。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
経験値や知識はいりません!ワインを囲むたのしいひとときをご一緒に♪

<1本目>
イタリア/フリウリヴェネツィアジューリア
ヴォトピーヴェッツ ヴィトフスカ 2007

<2本目>
日本/栃木県
ココファーム&ワイナリー 甲州FOS 2015

<3本目>
ジョージア/カヘティ
Tchotiashvili Khikhvi 2014

※要予約/定員になり次第しめきりです。

***********************
自然派ワインサロン "le petit poisson"とは--------

「あの作り手のワインが飲みたいけれど、高くてなかなか手が出ない・・・」
だったらみんなで飲めばいいのでは!!

そんな思い付きではじまったのがこのサロンです。
一方的に話す時間は少しだけで、ワインを飲んであーだこーだ言う時間を大切にしたいです。

お互いが学びあえるような、ゆるりと楽しい時間を過ごせたらとても幸せです(*'ω'*)

***********************
◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by wineID | 2018-03-01 11:40 | プティ・ポワソン

【2月26日(月)開催】テーマは”オレンジワイン”

(ただいまキャンセル待ちです。)
b0016474_18545924.jpg

自然派ワインを楽しむ月いちワインサロン、”le petit poisson” (ル・プティ・ポワソン)
2月は2/26(月)19:00~開催です。

2月は「オレンジワイン」をテーマに、3種類のワインをご用意しております。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
経験値や知識はいりません!ワインを囲むたのしいひとときをご一緒に♪

<1本目>
イタリア/フリウリヴェネツィアジューリア
Radikon リヴォラジャッラ 2007

<2本目>
日本/栃木県
ココファーム&ワイナリー 甲州FOS

<3本目>
ジョージア/カヘティ
Tchotiashvili Khikhvi 2014

※要予約/定員になり次第しめきりです。

***********************
自然派ワインサロン "le petit poisson"とは--------

「あの作り手のワインが飲みたいけれど、高くてなかなか手が出ない・・・」
だったらみんなで飲めばいいのでは!!

そんな思い付きではじまったのがこのサロンです。
一方的に話す時間は少しだけで、ワインを飲んであーだこーだ言う時間を大切にしたいです。

お互いが学びあえるような、ゆるりと楽しい時間を過ごせたらとても幸せです(*'ω'*)

***********************



◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by wineID | 2018-02-05 18:56 | プティ・ポワソン