月夜にワイン

wineid.exblog.jp

<   2018年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ここからの10年。

友達に会いに東京に行ってきました。
ワインのこと考えたり、お店のこと考えたり、そういう時間からまるっと解放された休日は久しぶり。
仕事が楽しいから、ついつい頭の中がいつもワインでいっぱいになってしまうけど、やっぱり大事ですね。オンとオフの切り替え。

その友達(Y子)は大学時代のサークル仲間。
すっごく久しぶりの再会で、会った瞬間にこの人で間違いないか確信がお互い持ててなくて笑えた(笑)

Y子の家に入ったら、こじんまりとした居酒屋並みに芋焼酎のボトルが並んでいて、
やっぱりY子だ、と確信しました。

もうすぐ30歳になる私たち。
「ここからの10年が死ぬほど大事だよね」とがっちり握手。

Y子がデザートに出してくれたすもも。
「すももってさ、超ノスタルジックだよね」と共感し合いながら、かぶりつく2人の三十路。

フェイスブックよりツイッター派。
好きな番組はテラスハウス一択。
最近デビューしたジャニーズの男の子たちの名前が覚えにくくなり始めて、
たまに芸能人の名前が出てこない。
これからの自分の生き方とか、周りとの距離感とか、人生にちょっと不安を感じる世代。

ただただ楽しいことしかなかった学生時代に、喧嘩したり、大笑いしたり、お酒の失敗をしたり、
何者でもない時間を一緒に過ごしてきた思い出が、とても大きな宝物だと感じた休日。

ここからの10年をがんばらねば。

b0016474_18390813.jpg

by wineID | 2018-05-31 18:44 | 日常のあれこれ

NEW OPEN マスティカヴィーノ!

三島のフィレンツェといえば、広小路のイルコッチュートさん。
そのイルコッチュートさんが、
ランチから気軽にワインを楽しめるイタリアン”マスティカヴィーノ”を三島にオープンしたと聞いて、さっそく行ってきました!

b0016474_15441741.jpgb0016474_15443700.jpg

三島駅南口を背に三島大社方面に向かって歩いていきます。
三島のおいしい水をくれるかわいいこを横目にみつつ、気持ちのいい川沿いをぶらぶらと。
b0016474_16281123.jpg

てくてく歩いていくと、あっ!見えてきました。マスティカヴィーノ!

b0016474_16593607.jpgb0016474_17011155.jpgb0016474_16594741.jpg

イルコッチュートのけんさんと、マスティカヴィーノをしきる店長の菊池くんが迎えてくれました。

b0016474_17034075.jpg

東京出身の菊池くん。イルコッチュートでの経験を経て、マスティカヴィーノへとやってきました。
本店の流れを汲みつつも、菊池くんのエッセンスがそこに加わり、昼から気軽にワインを楽しめる雰囲気が魅力です。

b0016474_17041668.jpg

こちらが菊池くん。
「地域に根差したお店を目指したいです」と、話してくれました。
趣味は街あるき、神社めぐり。お気に入りは清水町の八幡神社。
スポーツ観戦、とくに大相撲が好きで「がんばれ安美錦関!」とのこと。(笑)


今日はランチをいただきに(*'ω'*)とても天気が良かったので、テラスで白ワインをいただきながらお料理を待ちます。・・・幸せかよ。

b0016474_17074188.jpg

こちらがランチメニュー。いろいろなランチがありますが、私は前菜・パスタ・ドリンクセットを選びました!
日によって内容は多少変わりますが、この前菜が基本メニュー。
(この日はフリット、フリッタータ、カポナータ、大麦のサラダ、スープ、生ハム・サラミ、カナッペ)

b0016474_17113032.jpgb0016474_17113579.jpg
b0016474_17114123.jpgb0016474_17114552.jpg
この量とクオリティ!丁寧に作られていて、おいしくて、昼間から幸せいっぱい。。。。


マスティカヴィーノの意味は、イタリア語で”ワインを噛む”。
ワインを楽しんでほしい、かみしめてほしい、という願いが込められています。

b0016474_17115168.jpg

ワインは全部イタリア産。
お客様の好みに合わせ、イタリア通のけんさんがワインを厳選。月替わりで、グラスでもボトルでもいろいろなワインを楽しめます。

b0016474_17120206.jpg

こだわりの生ハムは、手動のスライサーでカットしています。
機械では出せない薄さで、口に入れるととろけるような最高の食感・・・・(*'ω'*)
この味わいのおもしろさは、ぜひ一度味わってほしいです!!!

b0016474_17155200.jpg

昼のみ、外のみ、ちょっといっぱい、そして気持ちいい気候・・・
なんだここは天国なのか( *´艸`)

夜はまた雰囲気が変わり、しっとりと。ワインをメインに、アラカルトのお料理も楽しめます。
まさに、ワインをかみしめる夜ですね。

ランチをいただいた後は、ほろ酔い気分で三島大社へお散歩。
三島の街がまた好きになる、とっておきのお店”マスティカヴィーノ”オープンです!

□■□■□■□■□
MASTICAVINO(マスティカヴィーノ)
〒411-0035 三島市大宮町1-11-28
TEL&FAX 055-900-8459
月曜定休
open 11:30-13:30 L.O. (14:00 close)
17:30-23:00 L.O.

by wineID | 2018-05-21 01:12

いただきもので。

b0016474_16335053.jpg
お客さまにいただいた、ニューサマーオレンジとこんたのタルト!
かわいい~~~。しかも手作り。うれしいなぁ。

柑橘のさわやかさが、今日の暑さをぐっと和らげてくれました。
シェリーと一緒にいただきました。ごちそうさまでした(*‘ω‘ *)

このケーキをくださったかたは最近こちらに引っ越してきていて、
スーパーにたくさん柑橘類が並んでいることがとても新鮮!と言っていました。
住んでいるとわからないけれど、静岡ってけっこう柑橘大国なんですかね。
意識してみると、小さなスーパーでもいろんな柑橘が売ってるなぁ。

新しい発見でした。



by wineID | 2018-05-20 16:38

5/26(土)ワインイベントのお知らせ*

b0016474_19035891.jpg

2016年に三島に遊びに来てくれた、スペインの女性醸造家・ロサリアさん!
大好評だったこの試飲会を再び開催することが決定しました^^

もちろんロサリアさんも来店!かわいい笑顔に会いに遊びに来てくださいね。


〇イベント情報〇
日時 5/26(土)14:00-16:00
場所 ルカワイン

*参加費無料
*ご予約不要
*入退場自由


お問い合わせなどお気軽に!
ルカワイン 055-983-0755



by wineID | 2018-05-17 19:05 | イベント

中央葡萄酒オープンカレッジへ

山梨・中央葡萄酒で行われた「グレイスワインオープンカレッジ 2018初夏」に行ってきました。b0016474_16090518.jpg

年に何度か、中央葡萄酒のワインを扱うレストランやホテル、酒屋さんを対象に開かれるこのセミナー。
栽培醸造責任者の三澤彩奈さん自ら、新ヴィンテージの特徴や土壌の個性について説明してくださいます。b0016474_16091081.jpg
写真はブドウの栽培方法について説明しているところ。
中央葡萄酒がつくる「甲州」は、山梨でよくみられる棚栽培ではなく「垣根栽培」を採用しています。
垣根栽培によりぶどうは小粒でバラ房に育つそうで、凝縮度の高いぶどうを収穫することにつながります。
この仕立てだと光合成が促進され、風通しもよいためブドウの病気を防ぐことにもつながります。
結果、収穫期に健康な状態でブドウが完熟するのを待つことにつながる、という好循環が生まれます。

発酵終了後のぶどうの澱と果汁を接触させ、ワインにうま味を与える「シュールリー」という醸造方法があります。
これは甲州種でワインを作る際に広く採用されている方法ですが、
中央葡萄酒ではこの製法を一切採用していません。(びっくり!)
その理由は、シュールリーをすることで味わいが均一的になってしまうことを避けるため。
畑で努力をすれば、醸造方法に頼らずとも葡萄のポテンシャルを最大限発揮できると彩奈さんは断言していました。
b0016474_16313860.jpg
今回のセミナーでは、甲州種の畑ごとの比較試飲に加えてそれぞれのワインに食材を合わせていきました。
このペアリングがとてもおもしろかったです!
”食事を通してその土地の風景をイメージする”ことが、このペアリングのねらい。

例えば、グレイス甲州×菜の花・リコッタチーズ・ごま(白和えのイメージ)
菜の花のにがみと、ぶどうの皮のニュアンス、後味の香ばしさとごまの風味がよく合っていました。

彩奈さんは日本の固有品種である甲州に誇りと愛着を持っていることが、その話の節々から伝わってきます。
「甲州は滋味深い品種だと思います」と話す彩奈さん。
今回菜の花を合わせたのは、甲州と同じように「滋味深さ」を感じる食材だったからという理由もあったのだそうです。
「小さいころ、父が、菜の花は千利休が愛でた花です、と教えてくれました。
 バラやひまわりを愛でたのではなく、菜の花を愛でていたところがいいですね。」
その彩奈さんの視点の持ち方に、改めて信頼のおける作り手だなぁ、と聞き入ってしまいました。
b0016474_16555520.jpg
菜の花と甲州が「やさしさ、滋味深さ」を接点につながり合った瞬間に、
飲み手はその甲州のもつイメージを、より深く、より広がりを持って理解することにつながることを知りました。
そして生産者の「こんなワインを届けたい」という気持ちにも、少し触れられるような気がしました。

とにかく天気がよくて、風が気持ちよくて、勉強になって、最高の1日でした。
フランス帰りで翌々日に山梨に行ったアクティブさに、我ながら拍手。笑

by wineID | 2018-05-16 16:58 | ワイン

フランスに行ってきました!

b0016474_14511117.jpg
フランスへ行ってきました!
アルザス、ロワールの生産者さんのもとを訪ね歩く勉強の旅でした。
b0016474_14523830.jpg
教科書でしか見たことのない仕立て。品種たち。畑によってがらりと変わる土壌。
b0016474_14544131.jpg
年月を経て熟成され、感動的なおいしさを教えてくれる美しいワインたち。
b0016474_14570641.jpg
伝統を重んじながら、その中で新しい波を起こす作り手たちの絶えまぬ努力。
b0016474_15061361.jpg
彼らの暮らしは、素朴。けれど、美しく気高い。
b0016474_15092243.jpg
ワインとの出会いが、こんな遠くまで私を運んできてくれた。
出会うはずのなかった人と、出会うことができた。

その一つ一つの奇跡に、心からの感謝と感動があふれる旅でした。
長いお休みをいただきありがとうございました!
今日からまた気持ちを込めて仕事をしていきたいと思います。

by wineID | 2018-05-14 15:11 | 日常のあれこれ

GWの営業時間

ゴールデンウイーク中の営業時間のお知らせです。
不規則な営業時間となりますが
どうぞ宜しくお願いいたします。

後半戦のワインの在庫は足りていますか?
お求めやすいワインも新人がいくつか登場しています。
またこの時期だからこそ、ゆっくり味わっていただきたい小布施ワインや
新ヴィンテージのグレースワインも並んでいます。
話題のオレンジワインに挑戦!というのもいいですよね。

ぜひ皆様のお越しをお待ちしております!


5/3(木) 10時~19時
5/4(金) 10時~19時
5/5(土) 10時~17時
5/6(日) 10時~17時


b0016474_19043477.jpg




















by wineID | 2018-05-02 19:05 | Luca wine