月夜にワイン

wineid.exblog.jp

<   2019年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

伊豆散策

伊豆長岡にある湯谷神社へ秋を探しにお出かけ。
このあたりは”古奈”と呼ばれる温泉場で、古くは吾妻鏡にもその名前が登場するそうです。
伊豆散策_b0016474_17014518.jpg
坂道をのぼった先に見えてくる、小さな湯谷神社。
伊豆長岡温泉発祥の地だそうで、鳥居の前にはこんな碑がありました。
伊豆散策_b0016474_17015376.jpg
神社の奥には石切り場の跡があり、なかなか見ごたえのある佇まいを今も近くで見ることができました。
切り出された石は何に使われていたんだろう?

この辺り一帯を歩いていると、荒々しい山肌が突然住宅地の間から顔を出す光景に出会えます。
近くの公園では足湯でくつろいでいる地元の方がいたり、
とんびがぴーひょろ鳴いてたり、高校生が河川敷で野球をやっていたりと、静かな風景の中に暮らしが感じられます。

帰りは長岡にある珈琲店、ガリオンさんで一杯。
地元のおばあちゃんたちが集まって、何やら楽しそうに話す笑い声と珈琲のいい香り。
窓から指す西日が少しまぶしかったけれど、それも何だかいいなぁと思う温かな時間でした。

三島から20分程度しか離れていないけれど、ここで暮らす人や、この場所の暗黙のルールみたいなのを私は知りません。
ちょっとよそ者の私が、地元の人であふれる珈琲店に入って、何気ない顔で珈琲を注文する。
心の中すこしどきどきで、珈琲をいただきながらニヤニヤ。

私が注文したのは、メニューの一番下に書かれていた”モカ・マタリ”。
ほう、きみがコーヒールンバか・・・( ´_ゝ`)フッ


by wineID | 2019-12-10 17:20 | 日常のあれこれ

やったー!残ったー!

やったー!エスパルス、ぎりぎりのとこでJ1残留したー(*^^)v
今年はなかなかスタジアムに行けずで、やっと行けた試合が最終節。
引き分け以下でJ2降格という、なんともしびれる試合でした。

目の前でドウグラスのどーーーーーん!と豪快なゴール!いい締めくくりになりました。


スタジアムで買ったテセキムチ。
チョンテセ選手の奥さんが作っている自家製キムチです。
保存料や着色料などが一切入っていないとてもシンプルな味付け。
やったー!残ったー!_b0016474_14012364.jpg
これがうんまぁい(*''▽'')!!!!!!


スタジアムではテセ選手の奥様が売り子さんをしていて、その美しさにもメロメロ。。。
もともと韓国で大統領専用機のフライトアテンダントをしていたという奥様。
テセ選手とともに日本に来て、川崎から清水に引っ越し、なれない中で生活をするのは苦労があると思います。
そんな中でも、清水に根を張ってこうやって新しい挑戦をしている姿も応援したくなります。

普段スーパーで売ってるキムチがもう食べられなくなりそうな美味しさ!
また清水に行ったら買ってこよっと♪♪

ここからも買えるみたいです。テセキムチHP。

by wineID | 2019-12-09 14:09 | 日常のあれこれ

中伊豆ワイン電車、出発進行!

金曜日は中伊豆ワイン電車!
これは、伊豆箱根鉄道・三島駅⇔修善寺の往復の道中をワインを飲みながら楽しむイベントです。
伊豆箱根鉄道さんと中伊豆ワイナリーさんが共同企画しているもので、なんと今回で10周年だそう。

中伊豆ワイン電車、出発進行!_b0016474_12455594.jpg
ワインナビゲーターとして、中伊豆ワイナリーのワインをご紹介するのが私の任務!
乗務員室に入って車掌さんとおなじマイクで話す貴重な機会でした(*'ω'*)

私からはワインのご紹介のほかに、ワインと料理のペアリングとは何ぞや?についてお話させていただきました。
ペアリングの方法は、

1.似ているものを合わせる(例:さっぱりした白と、さっぱりした味)
2.ワインと食材の産地を合わせる(例:伊豆産のワインと、伊豆のしいたけ)
3.正反対の味覚を合わせる(例:青かびチーズと甘口ワイン)

などが代表的な例として挙げられます。
ワインと共に用意されたお弁当の内容をこれらの例にあてはめながら、具体的にペアリングの実践も。
料理とともにあることで広がるワインの世界を楽しんでいただけていたら嬉しく思います。

ペアリングを自宅で実践する場合には、ワインの色と食事の色を合わせることから始めると分かりやすいかもしれません。
これにはルールはありませんし、味覚もさまざま。
その日に開けたワインと、その日の食事を合わせながら探すのも楽しいですよ。
やっていくうちに意外な組み合わせに出会うことがあるのもペアリングのおもしろさです(*^^)v
(誰か、ホヤに合うワインを教えてください。)


初めての経験にどきどきしましたが、とっても楽しかったです。
ワインを通じて様々な新しいことに挑戦出来た1年だったな~~~。まだ終わってないけど~~~!

ご乗車くださった皆さまありがとうございました!

by wineID | 2019-12-08 13:53 | イベント

今年も!

昨夜は富士市のイタリアン、イル・ボルゴさんにてメーカーさんと忘年会でした。
後藤シェフの心意気と低音ボイス。
そして「イタリアそのもの」を感じさせる料理の数々に、明日からも頑張ろう!と心から思えた時間でした。

イタリア料理というのは、その土地でできたイタリアワインがあって完成するということをつくづく感じます。
料理があって、ワインがある。そのシンプルな組み合わせが気取らずそこにあることが、とっても楽しいし美味しい。
イルボルゴさんの料理を食べると「イタリアワイン大好き!」と素直に思います。


そ・し・て♡

昨日のハイライトはこれ。白トリュフ!

今年も!_b0016474_19311815.jpg
食べ方はもちろんタヤリンと。寝起きから食べられるわー。
人を魅了する危険な食べ物、白トリュフ・・・・。今年も食べられるなんて、本当に幸せ!


すっかり気分はイタリア人。イタリア人だったら、食後にはやっぱりナルディーニしょ(*''▽'')!!!!!!!今年も!_b0016474_19394966.jpg

撃沈(꒪ཀ꒪」∠)。




やっぱり日本人だった。

by wineID | 2019-12-05 19:43 | 日常のあれこれ

模様替えをしました。

昨日、道端で小学3年生くらいの女の子が「キューリー夫人」の伝記を読んでいました。
「この子は私よりもキューリー夫人について詳しいんだ・・・・」と、
負けてられない!!と思った冬の帰り道。

さて。
ルカワインがクリスマスバージョンになりました。
今年は山を描いてみました。
去年の方がいいの描けたなぁ・・・と過去の栄光にすがるようになる自分が悔しいです。
模様替えをしました。_b0016474_13135667.jpg
そして、毎年頭を悩ませるのが、
模様替えをしました。_b0016474_13140211.jpg
このリース。
べろ~んと伸びてるリボンは、どうするのが正解なのかが分かりません。
分からないまま、今年も店先でベロを垂らしています。



by wineID | 2019-12-03 13:28 | 日常のあれこれ

時々やってくるかわいい子。

時々やってくるかわいい子。_b0016474_11142518.jpg
植物がことごとく枯れていくことでお馴染みの、ルカワインの軒先。
「これは絶対枯れません!!!」とお墨付きをもらっても、生きて帰ったものはいない過酷な場所。

去年改装した時に「これがダメならもうあきらめる」と気合を入れて迎え入れたのが、
このグミの木でした。ロシアオリーブという名前だったかな?
春先には葉がすべて落ち、やはり今回も・・・・という気持ちだったのですが、
突然息を吹き返し、10月ころからかわいらしい赤い実をつけるようになりました。

最近では、その実を食べにかわいい鳥さんがやってきます。
何の種類なんだろう。今度図書館で調べてみよう。
(「しゅるい」って入れると最初に「酒類」に変換される。)

今日はやっと写真におさめることができました。

私の定位置であるカウンターからよく見えるグミの木と鳥さん。
できれば定休日じゃないときに、食べに来てほしいなぁ。

by wineID | 2019-12-02 11:14 | 日常のあれこれ

12月!

高校生の時にクリスマスの曲を集めたアルバムを借りたことがありました。
そのアルバムの中に入っていたこの歌がずっと好きです。


昨日は今年初めてのストーブを付けた日。
灯油のにおいに冬を感じますね。
近所のスーパーでは、くず湯や、甘酒や、みかん、いちごが並び、家ごもりの雰囲気を盛り上げています。

私はというと、
ストーブで汗ばむくらいに暑くなった部屋でぼーっと考えごと。
人付き合いの難しさに思いをめぐらせながら、みかんをたらふく食べました。

さて、12月です!
とにもかくにも健康第一でがんばりましょうっ!




by wineID | 2019-12-01 11:02 | 日常のあれこれ