月夜にワイン

wineid.exblog.jp

<   2020年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

そろそろ外で食事がしたいです。

京都大学総長の山極さん。
友人がシェアしていたこの記事を読んでから、何かと気になる存在です。
コロナの最中、様々な媒体で山極さんをお見掛けしたので、
いろんな方が山極さんの発するメッセージに希望を見たのでしょうね。

先日、偶然目にした読売新聞に、山極さんの寄稿文が掲載されていました。

サルたちは食べるときには分散するのに、
人間はむしろ集まって食事をする。
これは、サルたちにとって食物がけんかのもとになるのに対し、
人間は食物を親しくなるための道具として用いるからである。

そろそろ外で食事がしたいです。_b0016474_14272558.jpg

人があつまり、つながり、食事を楽しむ場に置かれるお酒。
ワインが、存在以上に意味を持つような時代になるのかなと、
そんなことを思ったり思わなかったり。

それにしても、文化人類学っておもしろい分野だなぁ。

大学に入りなおす機会があるなら、
酒をめぐる人類学の歴史っていうテーマで調べてみようかな。

飲みながらレポート書いて、結論なんてどうでもよくなりそう。

by wineID | 2020-06-30 14:55 | 日常のあれこれ

息を吸って吐く。それが生きる道。

息を吸って吐く。それが生きる道。_b0016474_14430693.jpg
ちょっと前にあったコジコジブーム

そこからさくらももこさんそのものが気になり始めて、
エッセイ『おんぶにだっこ』を読みました。

さくらももこのエッセイといえば『もものかんづめ』が有名ですよね。
ユーモア全開の、おもしろ短編集。

この『おんぶにだっこ』は、さくらももこが3歳くらい~小学校低学年までに感じたことを、
細かな感情の機微とともに綴っているエッセイです。

例えば、さくらももこ自身が

こころの存在に気が付いたとき
ずるをしてしまって、それを言い出せなかった時の胸の傷みなど、

同じ経験をしているわけではないけど、
ああ私にもそういう気持ちを持った時があったなぁと思うお話たち。
そんなシンプルな経験の積み重ねが大人になるってことなんだろうなと、
読み終わったとき、なんとなくせつなさを感じる本でした。

全てを読みおえたのち、あとがきが心に残りました。

ーーーーーーーーーーーーーー
今回の作品で私が皆さんにお届けしたい要素は幾つかある。
その中のひとつとして、人間の根源的な部分への帰還という事がある。
人間の思考回路の仕組みに気が付いた時の事や、善悪の判断や、死の概念等、
ある時、いつか誰でも気がついた時があったはずだ。
その時の気持ちを思い出してほしい。
それは人格形成への大きな影響を及ぼした瞬間であり、
すごくシンプルな自分の魂の骨格が見えてくるだろう。

実は自分はすごくシンプルだったんだという事を、たまには思い出した方がいい時もある。
この作品は、それを思い出す手がかりになるかもしれない。

次の要素として、人間は、幼い頃はピュアだけど、
年月を重ねるに従ってピュアでなくなるのかという事を考えてもらいたいという点だ。

この作品を書きながら、私はすごくその事を思った。

『おんぶにだっこ』あとがきより。
ーーーーーーーーーーーーーー

「自分はすごくシンプル」だということ。
そこに立ち返ることで、とても気持ちが軽くなった気がします。


by wineID | 2020-06-29 14:08 | 日常のあれこれ

涼を求めて修善寺へ。

久々のお出かけに修善寺へ行ってきました。
平日ということもあって、人もまばら。
涼を求めて修善寺へ。_b0016474_09342567.jpg
緑がとてもきれいな修禅寺。
何だか好きなお寺なのです。
涼を求めて修善寺へ。_b0016474_09343394.jpg
静かな境内。


お寺のまわりもぐるりと散策。
風がとても心地よい日で、川沿いを歩いているとそれだけでリフレッシュ。
涼を求めて修善寺へ。_b0016474_09344069.jpg

この後は、奥の院まで足をのばしてみました。
温泉場から車で20分くらいのところあります。
弘法大師が修行していたというだけあって、何だか雰囲気のあるとこだったなぁ。


久しぶりの休日らしい休日の過ごし方。

by wineID | 2020-06-26 09:38 | 日常のあれこれ

【出店情報】夜空と交差する森の映画祭

【出店情報】夜空と交差する森の映画祭_b0016474_16533463.png
久しぶりのイベント出店は、初めてのオンライン出店!
毎年、場所とコンセプトを変えてオールナイトで行われる映画祭
のフード&ドリンクブースに、オンライン出店しています。

このイベントを友人から紹介してもらった時、
なんて新しい時代のイベントなんだ!!!と、考えてくださった方に大きな拍手。
考え方次第でいろんな方法があることを教えていただきました。
映画祭の詳細はHPをご覧ください☆

この映画祭に合わせて、ルカワインでは赤ワイン、白ワインのセットを作りました!
ワインに合わせて「琥珀糖」という、寒天と砂糖をベースに作られるお菓子もセット。
この組み合わせがとっっっても美味しくて、
いろんな方に届いたらいいな~♡と思っています(*'ω'*)

セットはこちらの2種類をご用意しております。
映画祭に参加されない方も、どなたでもご購入いただけます。
おうち時間のおともに、また久しぶりに会いに行くあの人への手土産に・・・
様々な用途でお使いいただけたら嬉しいです!

①白ワイン&琥珀糖
「アプリコット」なワインとお菓子セット
【出店情報】夜空と交差する森の映画祭_b0016474_17002476.jpg

アプリコット香る南イタリアの白ワインに、
アプリコットを使った琥珀糖を。
【出店情報】夜空と交差する森の映画祭_b0016474_17120338.jpg
爽やかな風味が口いっぱいに広がり、梅雨も軽やかに乗り越えられそう!



②赤ワイン&琥珀糖
「宇宙」を漂うワインとお菓子セット
【出店情報】夜空と交差する森の映画祭_b0016474_17001501.jpg

宇宙飛行士がワインボトルを持ちながら宇宙を漂うイラストが印象的な赤ワイン。
フランス・ボジョレーで作られる、ガメイ100%の軽やかな赤ワインです。
滑らかなタンニンがとても心地よく、ゆるりと漂うような柔らかな味わい。
赤ワインに合わせるのは、様々なフレーバーの琥珀糖詰め合わせ。
琥珀糖を星のかけらに見立てて、まるごと宇宙なセットに仕立てました。

【出店情報】夜空と交差する森の映画祭_b0016474_17121105.jpg
見た目も味も、ゆるりと漂うようなおいしさです。


琥珀糖を作ってくださったのは、カンテンをこよなく愛するkanten_laboの岡本雅世さん!
お酒が大好きな女性がつくる琥珀糖なので、
もちろんワインとの相性もばっちりです☆

雅世さんといろんなアイデアを出し合って作り上げた美味しいセット。
おうち時間のおともに、ぜひお試しください♪


ただいま店頭&オンラインショップにてご予約受付中です!
※商品のお届け、お渡しは7月9日~となりますのでご注意ください
 詳細はお気軽にお問い合わせください☆

ルカワインのオンラインショップはこちらから。



by wineID | 2020-06-23 15:08 | イベント

続・テイクアウトランチ。

本町にある呉竹さんのテイクアウト弁当。
お値段も優しくて最高です。次は何を頼もうかな~♡
続・テイクアウトランチ。_b0016474_13390024.jpg


by wineID | 2020-06-22 13:39 | 日常のあれこれ

朝から反射炉ビヤさんへ。

朝から反射炉ビヤさんへ。_b0016474_11355225.jpg
今日は朝から反射炉ビヤさんへ。
せせらぎモヒート2回目の仕込みの進捗を見聞きしつつ、試飲を少しばかり。

ああ、朝ビール。
甘美な響き。




by wineID | 2020-06-21 11:37 | 日常のあれこれ

超えて6月。

超えて6月。_b0016474_13262222.jpg
今日のお昼。
クドウさんで購入したレーズンくるみパンとチーズ。
ワインはヴァンサントリコ。

ここ1か月くらい、あまりワインが美味しいと思えなくて。
そもそも飲みたいとも思わない・・・そんな日々が続いていました。

今日はなんだか気持ちがとっても良い日。
気候のせいなのかなんなのか、理由はよくわからないですが
「今日は気持ちがいいなぁ」
と、お店を掃除しながらひとりでつぶやくほど。

ワインがとても美味しくて、パンも幸せな香りで、
シンプルな食事を「いいなぁ」と思えた時間。

なんか、いろいろ戻ってきた感覚。


by wineID | 2020-06-20 13:31 | 日常のあれこれ

せつなさの極み、韓国ドラマ。



韓国ドラマは、曲まで美しい。

話題の韓国ドラマ「愛の不時着」を見始めた途端、北朝鮮の不穏なニュースが何とも言えず・・・。

-----
私にとっての初海外は、高校一年生の時。
私の学校には「海外体験学習」なるプログラムがあり、希望者が様々な国での研修に参加できます。
高校1年生は韓国。(めちゃくちゃいろいろあった研修だったけど割愛。)

この時、北朝鮮との軍事境界線である板門店にも訪れました。
入る時に「命の保証はしない」的な書類を渡され、「まじかよ!!」って思う気持ちを無視して署名を急かされた記憶。
指をさしてはいけない、北朝鮮の兵士に触ってはいけない、話しかけてはいけない
とか、いろんな約束事があった気がします。
だからめちゃくちゃ怖かった・・・・。

もう十年以上前の出来事なのに、あの時感じた緊張感とか怖さとか忘れないものです。

北朝鮮との軍事境界線には広大な森が広がっていて、
そこは絶滅危惧種の動植物がたくさん生息していると教えてもらいました。
豊かで平和な空間が広がっているのだと。


板門店含め、韓国での経験は結構尾を引いて、日本に戻ってからも暗く心に残っていました。
その後、韓国で感じたことを作文にして地域の弁論大会に出た気がする。


今思うと、だいぶ攻めた研修プログラム。
だからこそ、今もこうやって思い出すくらいの経験になったんだろうな。

恵まれた学生生活を送れたこと、両親に心から感謝しています。

by wineID | 2020-06-17 22:27 | 日本酒

せせらぎモヒートAle発売*

6月14日に販売をスタートしたルカワイン初のコラボビール、
せせらぎモヒートAle

想像以上の応援をいただき、第一弾の販売は即日完売となりました。
ありがとうございます!!
せせらぎモヒートAle発売*_b0016474_19102819.jpg


日曜日の朝、
お店を開けると同時に「ビール買いに来ました!」と、来店してくださる常連の方々。
「ブログを読んでビールを知って」と、入りにくいルカワインに来てくださったはじめましての方々。
遠方から頼んでくださる方々も、本当に有難いなぁ。。。と、胸が熱くなりました。

なんというか、とても励まされる1日。
売れるかなぁ・・・どうかなぁ・・・と不安だった日々を包んでくれるような時間でした。

同日、Bar YumotoさんではせせらぎモヒートAleの生ビールを楽しめるイベントも開催され、
こちらも大盛況!さすが湯本さんです~。

7月上旬をめどに、再発売の予定です。
ミントの季節を考慮して、この販売が今年ラストになると思いますm(__)m
この発売はオンラインショップでもお求めいただけるように準備しておりますので、
楽しみにしていただけたら嬉しいです*


by wineID | 2020-06-16 11:18 | 日常のあれこれ

システムを疑え!

システムを疑え!_b0016474_18405320.jpg
きら星のような出版社、ミシマ社
社長の三島さんが書いた『パルプ・ノンフィクション』が激熱だった。
うんうんうんとうなずいているうちに、なんか泣きそうなほど感動してしまった。



学生時代によく教授が言っていた言葉を思い出す。
「まず、システムを疑ってみよう。」

この本を読了した今、その言葉が目の前にででんと横たわっている。
小売りという商売について、
今まで漠然と思っていたもやもやが、私の中でいよいよ形を持ち始めている気配・・・・

たとえるなら、夜明け前の静寂。
革命前夜。


みんな、
逃げてー!!!!!!!

by wineID | 2020-06-12 18:52 | 日常のあれこれ