月夜にワイン

wineid.exblog.jp

<   2020年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

仕事終わりの千本浜が最高だった。

仕事終わりの千本浜が最高だった。_b0016474_11161722.jpg
日曜夕方の千本浜。

海から吹く風が心地よい午後6時。
階段に寝そべると、視界に入ってくるのは空と雲の流れだけ。
見ているもののなかに人工物が何もない時間を味わったのって、いつぶりだろう。

ただ空を見ているだけなのに、すっごくすっごく不思議な気分です。

いつもより早くお店が閉まる日曜夕方に、時々訪れる千本浜。
昨日はいつもよりも人が多くて、みんな思い思いの方法で終わりゆく日曜日を楽しんでいるようでした。

唐突に四川麻婆豆腐が食べたくなって帰りに華味さんに寄ったら、
なんとお弁当が3つで1,000円で売ってた!

らっきー(*'ω'*)




by wineID | 2020-08-31 11:37 | 日常のあれこれ

【お知らせ】ネットショップ価格改定しました。

【お知らせ】ネットショップ価格改定しました。_b0016474_19090637.jpg

ネットショップを開設してから、早いもので5ヶ月が経とうとしています。

「何が届くか分からない・自分でワインを選べない」
という、オーダーメイドでお届けするルカワインのネットショップ。

その不便さ・めんどくささに付き合ってくださる皆様のやさしさに支えられて、
続けていられるなぁと実感する日々です。

「地球はやさしい気持ちであふれているぅ・・・」と、オーダーをいただく度にじーんとしています。

さて、このたび、
ネットショップの価格を少し改定させていただきました。

これまで定番としてご愛顧いただいている
【おまかせ】6本 10,000円
のセットは、初回購入者さま限定のサービス価格とさせていただくこととしました。

この価格の範囲内ではお届けできるワインに幅を持たせることが難しく、
「この方にはこのワインを飲んでほしいなぁ・・・」
と思う気持ちを充分に反映することができない場面が度々あり、
心苦しく感じることが多くなってきたことが、その理由のひとつです。

突然の価格改定となってしまいご迷惑おかけいたしますが、
よりよいセレクトに努めて参りたいと思いますので、ご理解いただけますと幸いですm(__)m

ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。




by wineID | 2020-08-28 19:12 | Luca wine

「消費されること」へのもやもや。

「消費されること」へのもやもや。_b0016474_16461054.jpg
いまよりもっと若いときだったら、
「勉強になるからやってみよう」と、前向きな気持ちで取り組めたはずのこと。

お話をいただけるのはありがたいことだとは思いつつも、
少しずつ小さくなっていく自分のキャパとにらめっこしながら、どう向き合ったらいいのか悩む日々です。

一番もやもやとしているのは、
相手にとって私が単に「消費する」対象になっていると気づいてしまったとき。

失敗も反省もたくさんある毎日だけど、
私なりの日々の積み重ねに対して「そういうモノの頼み方はどうだろう・・・」と思うことが重なって、
なんとなく、疲れております。

松村圭一郎さんの著書『うしろめたさの人類学』の中に書かれていた、

誰に何を贈るために働いているのか。
仕事に贈り先が意識できなければたぶん立ち止まった方がいい

という一節。
そうか、相手の方にとっての「贈り先」が見えないから、
私も納得できなくてもやもやするんだ。
逆にその贈り先に納得できれば、私にできることだったらお手伝いさせてほしいと思う。

でも角度を変えれば、私もそういう対応をしてしまった時もあるわけなので
自戒を込めて。

「そんなに軽い女じゃないんだからっ!ぷんっ!」

とか言えたらいいんだけど、まあ言えないわな( ;∀;)

何言ってんだかわかんないですよね。
わたしもわかんないです。


贈与で回っていける世界って美しいなぁって思っていたけど、
自分もどっぷり交換経済の中のひと。
その境界をあいまいにしていきたいと思っていたはずなのにな。

自分がよく分からん。

by wineID | 2020-08-27 18:43 | 日常のあれこれ

【レポート】コラボビール第2弾、仕込み中!

醸造・反射炉ビヤ(伊豆長岡)、企画・ルカワインでつくるコラボビール。
第1弾は三島のオーセンティックバー「Bar YUMOTO」さんとのコラボで、
三島のミントをたっぷり使ったせせらぎモヒートAleを作らせていただきました。
(詳細はこちらの記事をご覧ください。)

秋に向けて第2弾のコラボビールが決定!
今回のパートナーは・・・・、
三島のビストロ、la table de Kudo さんのお菓子部門「Kudo菓子工房」さんです。
【レポート】コラボビール第2弾、仕込み中!_b0016474_11355553.jpg
クドウさん、反射炉ビヤ山田くん、ルカワインによる打ち合わせの風景。
今回のビールのコンセプトは、
”お菓子にベストマッチのビール”を作ること!

「まずお菓子があり、そしてビールがある」
という、とてもわくわくするような試みに挑戦です(*'ω'*)

お菓子はこちら!
SPICE COOKIE スパイス・クッキー
【レポート】コラボビール第2弾、仕込み中!_b0016474_13165244.jpg
カルダモン、コリアンダーというスパイス香る風味豊かな大人なクッキー。
なんとこのクッキー、
ビールの原料である麦芽入り!

このお菓子にベストマッチなビールを作るため、反射炉ビヤさんに仕込みに行ってきました!

~~~~~ここからは仕込みレポートです~~~~~

よく晴れた水曜日。
クドウさん、ルカワイン揃って、朝から反射炉ビヤさんに集合しました。

反射炉ビヤ醸造長・山田くんから、このビールのために組み立ててくれたレシピの説明。
私たちが表現したい味わいに加え、「想い」も味わいに反映してくれる山田くんのレシピ。
美味しいだけで終わらない、その先を感じさせてくれる醸造家です。
【レポート】コラボビール第2弾、仕込み中!_b0016474_13391354.jpg
ビールのイメージに合わせて事前に山田くんが選んでくれた麦芽を、
機会に投入して粉砕。
ビールづくりのはじまりは、クドウのマダム・ゆきさんのこの作業から。
【レポート】コラボビール第2弾、仕込み中!_b0016474_13433476.jpg
ここで粉砕した麦芽を、大鍋にざざざーっと投入!
だまにならないようにぐるぐるかき混ぜタイムです。

力仕事ということで、クドウシェフの出番。
夫婦二人三脚で、ぐるぐるぐるぐる。
【レポート】コラボビール第2弾、仕込み中!_b0016474_13450152.jpg
まるでレストランの厨房のような雰囲気で、テンポよく進んでいく仕込み作業!

粘性が強くなってくるので、棒でかき混ぜ続けるとなかなか重たくなってきます。
これがなかなかの重労働。

ずっとぐるぐるして、ちょっとお疲れ気味のシェフ。
【レポート】コラボビール第2弾、仕込み中!_b0016474_13475226.jpg

「ふぅ。。。いまここに伝説の給食のおばちゃんがいればなぁ。」

と、シェフから弱音が聞こえたそのとき!!!!


「わたしはいつでも、ここにおるでぇ!!」
【レポート】コラボビール第2弾、仕込み中!_b0016474_13564937.jpg
叫びにも似た力強い声とともに現れたのは、伝説の給食のおばちゃん。(ルカワイン店主。)
前回のせせらぎモヒートAleに続き、今回もどうしても給食のおばちゃん感が拭えないルカワインサイド。
今回も意気揚々と参加のおばちゃん。
髪の乱れなどなんのその。
その必死さを見てシェフも力を取り戻したように、棒をにぎる手にも力が入ります。

伝説のおばちゃんと、シェフ。
ふたりをつなぐのは
「美味しいビールを届けたい」という、確固たる想い。

カメラを見つめる二人の鋭いまなざし。
【レポート】コラボビール第2弾、仕込み中!_b0016474_14013786.jpg
「私たちはまだまだ止まっちゃいられない。」

言葉にせずとも、そのまなざしがすべてを語るー。

さてさて。
そうこうしているうちに、温度や時間をきっちり測り、まぜまぜ作業は終了です。
このあとは「お菓子に合わせるビール」の要、スパイスの登場!

まるでお菓子作りのような仕込み作業が続きます。
次回のレポートもお楽しみに!

by wineID | 2020-08-24 14:50 | クラフトビール

夏休みしてきました。

連休を使ってぐるり静岡旅してきました。

ずっと泊まってみたかった日本平ホテル!
Go to キャンペーン+静岡県民割を両方使って、ほぼ半額でお泊りできました。
こんな高級ホテル泊まる機会ないだろうなぁ~と思っていたから、うれぴい!
(Go to travelって文法的におかしいよね?)
夏休みしてきました。_b0016474_16213644.jpg


久しぶりにラグジュア~リ~なホテルに泊まりましたが、丁寧な接客に緊張しまくり。
「お荷物お持ちしましょうか?」とみんなが聞いてくれるけれど、
こんな薄汚いかばんを持たせるわけにはいかない!と、カバンを持つ手にも力が入ります。

身の丈という言葉が何度も頭をよぎるホテルステイ。
颯爽と泊まれる大人になれるように、精進精進。

夏休みしてきました。_b0016474_16295909.jpg
曇り空で富士山は見えなかったけれど、高い空が気持ちよくてとっても爽快。
この景色を見ながらの朝食がおいしかった~。
散歩したり、お茶したり、のんびりできました。

翌朝はもうひとつの目的のために、早朝から清水港へしゅっぱーつ!
夏休みしてきました。_b0016474_16341838.jpg
はじめましての駿河湾フェリー!
清水ー土肥間を70分間でむすんでおり、こちらも8月末まで県民は半額で乗車できます。
めちゃお得!


車ごとぶい~~んと乗り込んで、
夏休みしてきました。_b0016474_16360402.jpg
徐々に遠くなっていく港。
国一を車で走っているときに見える埠頭のキリンさんたちも、今日は海からさようなら。
間近で見る港の活気が楽しそうで、今度清水港の見学ツアーに参加してみようと、次の目標も決定。

すぐに船の四方を海に囲まれていきます。
夏休みしてきました。_b0016474_16381307.jpg
どこを切り取っても夏休み満載の写真が撮れる~。
黒から鮮やかな碧に、海の色が変わっていく様子がおもしろい。
途中イルカの群れにも遭遇!
船に乗っているみんなが、きゃあきゃあしてました。
おじちゃん3人組が「いるかだぞ!」と騒いでいるのもかわいかったな。
イベントはそのくらいで、あとは淡々と海が続く。


天気予報では35度の暑い日でしたが船の上はとっても快適。
風がいい具合に吹いて、海の青さは見飽きることがありません。
夏休みしてきました。_b0016474_16424038.jpg
500円払うとオーシャンビュールーム?に入れます。
コーヒーと小粋なお菓子付きで500円。安くない?!
ゆったりソファで快適なお部屋なので、おすすめです。




心配していた船酔いになることもなく、あっという間に土肥港に到着。
快適な船旅~。

土肥港についたらそのままの足で堂ヶ島へ。
こちらも、ずっと行ってみたかった堂ヶ島の遊覧船!
夏休みしてきました。_b0016474_16553686.jpg
50分のジオガイド付きツアーに参加しようと思いましたが現在は休止中。
ということで、20分の定期ツアーに参加しました。

夏休みしてきました。_b0016474_16573977.jpg
船からながめると、また違う印象の島々。
短い時間だけど、見所たっぷりで楽しめました。

夏休みしてきました。_b0016474_16594953.jpg
夏休みしてきました。_b0016474_17001050.jpg
船を降りて周辺をぷらぷら散歩したり、プチハイキング。
歩いてる場合じゃない暑さにへろへろになりながらも、小道を抜けた先には美しい景色が待っていてくれました。

この景色を見て旅は終了。
知らないだけで、身近なところに魅力的な場所がたくさんあるなぁと気づかせてもらった旅でした。

あまり所縁がない海を存分に堪能した2日間。
フェリーに乗っているとき、海面にぷかぷか浮いているプラスチックごみを見つけて、
脱プラに向けた取り組みをもっと腰を据えてやっていこう!と思えた旅でもありました。

いつでもどこでも、学びは近くにたくさん。









by wineID | 2020-08-23 17:05 | 日常のあれこれ

青空に映える。

青空に映える。_b0016474_18395129.jpg

行っちゃった・・・・。



by wineID | 2020-08-21 18:40 | 日常のあれこれ

戦争とうさぎ。

私のひいおじいちゃんは、左手の中指がありませんでした。
子ども時代にはそれが結構センセーショナルで、おじいちゃんの手をしっかり見られなかった記憶があります。

小学生のとき、「どうしておじいちゃんは指がないの?」と聞いたことがありました。
「戦争で落としてきちゃったんだよ」とおじいちゃん。
それから、戦争ではどんなことをしたのか、どんな気持ちだったのか、そんな話をたくさん聞きました。


しばらくして、おじいちゃんが亡くなった時。
「おじいちゃんは戦争で指をなくしたんだよね」と親戚と話していたら、誰かが、

「ちがうよちがうよ、おじいちゃんはうさぎにかまれて指をなくしたんだよ。

と、衝撃の事実を伝えてきたのです。


うさぎに、


かまれて、


指をなくした・・・・!!!


うさぎこっっっわ(llllll゚Д゚)!!!




それからずっとうさぎが怖くて、
ミッフィーのあの口のバツは、人をかむからバツなんだって本気で思っていました。


そして先日。
母とそんな話をしていたら、

「ちがうよ。あれはおじいちゃんが農作業中に機械にはさんで怪我しちゃったからだよ」

と、再び衝撃の事実。うさぎは?え、そもそもなんで戦争ってうそついた??

今となっては確かめる術はないですが、終戦の日とともに思い出すうさぎ。

てかさ、冷静に考えてみればうさぎが人の指噛み切ってたらやばすぎるだろ。

大人の話をまっすぐ信じていた、かわいいころの私のお話。


おわり。

戦争とうさぎ。_b0016474_16492897.jpg

by wineID | 2020-08-16 17:13 | 日常のあれこれ

リメンバーミー。

リメンバーミー。_b0016474_16595465.jpg
映画を観ました。
ディズニーのリメンバーミー。

どこか旅行に行く途中の飛行機の中で観たときはそんな・・?って思ったのに、
この前改めて見たら、大号泣だったんですけれど。

「相手を思い出すことで、その人は生き続ける。」
ってセリフがなんだかぐっと来たなぁ。



お盆だからかな。



by wineID | 2020-08-13 17:05 | 日常のあれこれ

この季節に思い出すこと。

この季節に思い出すこと。_b0016474_15581479.jpg
8月9日、長崎原爆の日。

高校2年生のとき、学校で長崎に行きました。
それは修学旅行という名前ではなく「祈りの会」という名前の旅行。
カトリックの学校らしくキリスト教にまつわる場所を訪れるもので、
来る日も来る日も教会巡り・・・という、教会好きにはたまらない日程です。

毎年この日が来ると、
原爆投下の時間に流れる市の広報サイレンとともに黙とうしながら、
長崎に行ったなぁと、思い出していました。


ところが去年あたりから、もっと具体的に思い出す光景があります。

それは、祈りの会最終日。
宿泊していたホテルから空港に向かうバスの中での出来事です。
3日間を共に過ごしたバスガイドさんが、
「みなさんに最後に伝えたいこと」と前置きをしながらマイクをにぎり、
永井隆の『この子を残して』を暗唱しはじめたのです。
原稿など見ず、まっすぐ前を見て。

十数分間の暗唱だったでしょうか。
なんというか、軽いおしゃべりなんてできない雰囲気がバスの中には満ちていました。

あのガイドさんは、きっと今の私と同い年くらいだったのかな。
「先人の営みを紡ぐこと」を、私たちに見せてくれたガイドさん。

原爆の日になると、そのガイドさんのまなざしをくっきりと思い出します。
それはここ数年の出来事。

高校生の時は気づかなかった大人たちの想い。
年を重ねてやっと気づけることが、増えている気がします。








by wineID | 2020-08-11 16:49 | 日常のあれこれ

日曜夜の定番。

すっかり半沢直樹に夢中な日曜の夜。
昨日もあっぱれでしたー。

思わずメモっちゃったのが、半沢直樹の仕事の信条。

1.正しいことを正しいと言えること
2.組織の常識と世間の常識が一致していること
3. ひたむきに誠実に働いたものがきちんと評価されること


沁みるわー。゚(゚´Д`゚)゚。!!!!!!

テレビに向かって拍手しちゃったよね。
特に3ね。

あたしゃがんばるよ、半沢さん。




by wineID | 2020-08-10 11:06 | 日常のあれこれ