月夜にワイン

wineid.exblog.jp

小さくとも温かなつながりを。

フォトジャーナリストの佐藤慧さんが書いていた文章がとても優しく、とても響いた。


あの日からの8年間を「やっと」過ごしてきた人たちのことを想う。
仮設住宅で暮らす人がまだ多くいることは、意外と知られていないかもしれない。
新しく住宅を再建しても、今度は住宅ローンが始まる。
50を過ぎ、まだ学生の子どもを抱えつつ、住宅ローンを返済することを考えると、何も終わってはいない。
震災直後よりも被災地のことを思って涙があふれるのは、あまりの「終わらなさ」に気づいてしまったからだと思う。
あのとき感じたのとは違う無力さに、やるせなくなる。

昨年陸前高田を訪れたとき、大きなショッピングモールが完成していて、道も変わっていて迷ってしまうほどだった。
「どんな復興を目指すのか」を地元のひとたちが描いたら、私達はその希望を支える役割を担いたい。
もう忘れてしまいたいひともいれば、まだまだ最中にいるひと。いろんな想いを包むような。
慧さんがエッセイの中でこう記していた。

「復興」というものが、明日もまた生きていこうと思える希望を日々に与えるものであるならば、
そこに欠かせないのは、その「虚無」を抱えながら生きていくことを支える
「温もり」を、社会全体で創り上げていくことではないだろうか。
(略)
心の秒針の進む速度は、人によって異なるものだ。
8年経った今、温かな春を感じることのできる人もいれば、まだまだ長い冬の中で、
大切な人への想いを慈しみ、悲しんでいる人もいるだろう。
いつかまた、その心に陽光の差すときまで、周囲の人々、社会がその悲しみを温かく見守ることのできる世界になれば、
それこそが「復興」への第一歩となるのではないか。


これは震災からの復興だけに当てはまることではない。
様々な悲しみに出会ったひとを包む、優しい眼差し。
できるなら、私はいつもそんな温かさを感じあえる社会を目指したい。
小さなワインショップからできることを、小さく紡いでいけたらいいなと、8年目に想う。

自分にしっかりと言い聞かせる。
「祈るよりも、行動を」

それが、私を受け入れてくれて、必要としてくれている高田の人たちへの恩返しだから。






# by wineID | 2019-03-13 15:51 | 日常のあれこれ

3月になると開く本。

b0016474_20142691.jpg
私は岩手県陸前高田市に大きな思い入れがあります。
この時期は、やはり、いつも以上に心がいっぱいになります。
陸前高田市に足を運ぶ中で出会った写真家の安田なつきさんと佐藤慧さん。
口だけでなく、行動で示す、愛に溢れた写真家だと思います。
なつきさんが1年に1度出すカレンダーには必ず毎年陸前高田の写真が入っているし、
お祭りの時にはもちろん無料でたくさんの写真を撮っている。
とても丁寧に言葉を紡ぎ、何か陸前高田の写真を公に展示することがあれば写真に添える言葉を地元の人に確認してもらい、
慎重に慎重に言葉を選んでいます。


今年もこの本を開きます。
「当事者でないものが語るべきか」ということに、迷いながらも自分なりに答えが出たのはつい最近のこと。
私にとって人生の大きな分岐点となったあの日を、何度も何度も心に刻もう。




# by wineID | 2019-03-11 12:00 | 日常のあれこれ

ドメーヌ・レ・ドゥーテール来日試飲会へ行ってきました!


b0016474_22585247.jpg


フランスローヌ・アルディッシュのドメーヌ・レ・デューテールのワイナリーを訪問したのは去年の5月のこと。

3000人ほどが暮らす村の住宅街の先に白いキレイな建物が見えたら、それがドゥーテールのワイナリーだ。

b0016474_22592144.jpg

彼らのワインのエチケットはとてもかわいくて、見たらきっと忘れられない。
そのイラストはそのまま彼らを表しているから、初対面でもどこか懐かしさを感じたんだと思う。

小柄でぽっちゃりのマニュエルと、大柄細身のヴァンサン。
キャラが完成しすぎている(笑)

b0016474_22580857.jpg

ワイナリーの中はとてもキレイに整えられていて清潔感がある。
たくさん並べられた樽からマニュエルが試飲をさせてくれて、「軽やかで楽しいワインがいい」という彼らの目指すスタイルがよく伝わってくる。
固く考えず、天気のいい日に外で飲む姿がとっても似合う味わいだ。


私が特に好きなのが、このリーパイユというワイン。

b0016474_22574588.jpg

使いふるしたかばんに、ワインとバゲットが入っているだけのエチケット。
「リーパイユ=贅沢な食事」というワイン名とともにこのイラストが描かれているところに、ドゥーテールらしさを感じて、きゅんとしてしまう。


もともと違う仕事をしていた2人が農業学校で出会ったのは1998年。
卒業後はそれぞれ別のドメーヌで働いていたけれど、たまたま近くのドメーヌで働くようになりまた顔を合わせるようになったという。
それぞれの道でそれぞれが経験を積み、出会いから約10年後の2009年に2人のワイナリー、ドメーヌ・レ・ドゥー・テールが設立された。


離れた道を歩んでも、いつも心のどこかでお互いのことが気になっていたのだろう。
出会う人には、出会うべくして出会うのだなぁと気付かされる。


ドゥーテールは「2つの畑」という意味を持つ。

b0016474_23003963.jpg
マニュエルとヴァンサン、それぞれが違うエリアに畑を持っていることから命名されたもの。
具体的には南アルディッシュの「リュサス」と「ミラベル」というエリアだ。


それぞれの特徴は、

<リュサス>
✔フランス中央高地最南部のコワロン台地から吹き下ろす北風の影響大。
✔バザルト(玄武岩)土壌
✔フレッシュ&キレのある酸が特徴


<ミラベル>
✔コワロン台地からの北風の影響は少なく湿気がたまりやすい
✔アルジロ・カルケール(粘土石灰質)土壌
✔骨格のしっかりしたワイン


それぞれの畑からとれた葡萄を時にはブレンドしバランスを見極める。
個性の違う2つの畑を持っているからこそできる、ドゥーテールらしさの味わいの秘密だ。


そんな2人と再び会うために、ワイン輸入会社ヴァンクゥールの試飲会へ。
ワイナリー設立から10年経ってやっとの初来日ということで、気合入りまくっているらしい笑
何度説明を求められてもとにかく笑顔で接する2人の姿から、この来日を心から嬉しく思っていることが伝わってきた。
本当に無邪気でかわいらしい笑顔で、積極的にいろんな人と交流をする姿がとても素敵だった。心からこの来日が嬉しかったんだろうな。

b0016474_22572856.jpg

いつも仲良く楽しそうな2人。でも、ワインの話になるととても熱くなる2人。
僕たちのワインを売ってくれてるなんて本当に幸せ!情熱を持ち続けていこうね」
と、見つめ合ったときに感じた温かな気持ちは宝物です。


手から手へ、こういうワインをつないでいきたいな。





# by wineID | 2019-03-10 22:43

この時代に求められるプロ意識の行方。

b0016474_21020659.jpg
とある紳士がミモザを届けてくださいました!
国際女性デーに合わせて、3月8日はイタリアでは男性から女性にミモザを贈る日です。
女性への感謝と敬意をミモザにのせてプレゼント。なんて素敵。

先日、テレビで卓球の試合が放送されていましたね。石川選手と伊藤選手の決勝戦、すごい気迫だったなぁ。
2人の試合の迫力もぐっとくるものがありましたが、印象に残ったのは石川選手とコーチのやり取りです。
石川選手のコーチは中国人らしく、2人の共通語は中国語。
あれだけ集中力が必要となる場で母国語ではない言葉を使うのですから、相当体に染み付いているのでしょう。
その2人のやり取りを見ながら、石川選手の覚悟とプロ意識を見せつけられて、試合以上に感動してしまいました。

どんな分野のどんな情報も、ネットで簡単に情報が手に入る時代になりました。
ワインの分野に関して言えば、消費者と生産者が繋がることも容易です。知識も求めれば手に入り、国内外問わず生産地に行くことも可能です。
そうやって現場と繋がれるからワインの世界は盛り上がるし、何より楽しい。いい時代に生まれて幸せだなぁと思います。

でもその一方で、
その盛り上がりを見ながら、酒屋の役割はなんだろうか、と考えることも多くなった気がします。

石川選手が見せてくれたプロ意識。
同じ目線で語るのはとてもおこがましいけれど、自分の能力を伸ばすために最適な環境を探し、努力する姿がとてもまぶしかったです。

さて、自分は。








# by wineID | 2019-03-08 21:01

<有料試飲レビュー>カベルネ・フラン2016/ドメーヌ・ナカジマ

b0016474_18463988.jpg

3月2ー3日の有料試飲はこちらのワインをご紹介しました!

長野県東御市ドメーヌナカジマから、カベルネ・フラン2016です。


日本でこういうワインがあるの?!と驚いてしまうナカジマさんのワイン。

日本ワインの奥深さに触れられた1本でした!


Domaine Nakajima ワイナリー情報
ドメーヌナカジマは2014年に誕生したまだ新しいワイナリーです。
ルカワインでは「ペティアンアチュールロゼ」でお馴染みの方も多いかもしれません。
醸造と栽培を手掛けるのは中島豊さん。
東京で会社員として働いていましたが、フランスを旅行した際にサンテミリオンの丘に立った時に感じた「こんな風景の中で生きられたらな」という思いが忘れられず、今の道に進んだそうです。
東御のワイン事情については以前このブログで紹介しましたが、中島さんは早い段階からこの地を選んだ醸造家の一人と言えるでしょう。

b0016474_18440314.jpg

自社畑の葡萄を使用して作られるドメーヌものはとにかく生産量が少ないため、日本各地の酒屋さんでも手に入れるのはなかなか難しいです。

幸運なことにルカワインに入荷はしますが例にもれず入荷数が少ないため、一般販売はせず、このような試飲を通して皆さんにご紹介しております。

いつかもっとたくさんワインが出来たら嬉しいなぁ!


中島さんのブログ


中島さんのブログを見て驚くのは、プロ並みの料理の腕!!!
かつてはコルドンブルーに通っていたというのもダブルで驚き。
個人的に「料理が好きなワイン好き」がつくるワインと相性が良い・ω・

寡黙な人柄ながら、好きなことには徹底的に向き合うのが中島さんの性格なのでしょうか。
ワインの味わいからも、その真剣な眼差しが感じ取れる気がします。
決して熱い眼差しではないけれど、長く続くあたたかな眼差しです。


試飲レビューです。

Domaine Nakajima/CabernetFranc2016
キーワード;「裏表のない、透明感あふれるまっすぐなワイン」


とても淡いサーモンピンク。バラ、フランボワーズ、白コショウ、トマトの葉などの青さや土っぽさ。フレッシュな酸を感じる軽やかな香りがあります。
高い酸。とてもきれいで長い余韻。
軽やかでありつつも透明感があり、小手先の工作ではない裏表のない味わいです。
線の細さはありますが、ここに樹齢が追いつき果実味が増せばどれほど素敵なワインになるのだろうと想像すると楽しみで仕方ありません!

ブラインドで飲んだら、日本のワインだと言い当てる自信がありません。
まるでロワールのワインに通じる香りと風味があり、日本ワインの多様性に驚きと嬉しさを感じます。


今回は2016ヴィンテージを開けました。
香りは開き始めていますがもう少し酸が落ち着くのを待ちたいのであと1〜2年待ちたいところですが、アルコールの低さを考えると「長期熟成がおすすめです」と私は明言できないです。

開けて3日後に豆の風味が出てきます。しかし同時に、開けたてには感じ取れなかったカベルネ・フランらしい青い香りが強くなり、葡萄の個性がより感じられるようになるのでおもしろいです。


おいしさにたまげたワインでした!

中島メルローが大変なことになっていると各方面から噂が流れてきており、こちらもいつか試飲でご紹介できたらと思っております!


*****************

ご一読くださりあちがとうございます。

来週はなんの試飲にしようかな〜

*****************



# by wineID | 2019-03-07 14:49

きょうは誰かの誕生日。

b0016474_00395845.jpg
我が母、誕生日を迎えました。
知ってるはずなのに、年齢を聞いて毎度驚く姉とわたし。親って永遠に年を取らないと思っている節ありますよね。

我が家からはスパークリングワインのプレゼント。
母の目の前でワインを選び、レジを打ち、お金を払い、ラッピングし、渡す。毎度雑ですみません。
姉からは、甥っ子による母の似顔絵。うわ、私以上に雑&タダやん。

ずる!!!!

甥っ子にとってはおばあちゃんの誕生日などどうでもよく、お買い物ごっこのほうが楽しそう。
でも、一緒に遊んでる母も楽しそう。

とてもほっこりな日曜日。
なんてことない日々にじーんとするようになったんだなぁ・・・・遠い目。




# by wineID | 2019-03-04 00:49 | 日常のあれこれ

誰かの言葉で元気になれる。

b0016474_19274845.jpg
お昼を買いに出かけた帰り道、カモさんがちょっと早めのお花見をしていました。
写真を撮ってみるなど、ちょっとかわいいことしてみる(笑)

先日、フランスから生産者が来日しており試飲会に参加しました。
そこで大大大大先輩にあたる酒屋さんとお話する機会があり、とても元気をもらえた時間でした。

後日、その酒屋さんが「ルカワインの娘ちんは、バランス感覚がいいね」と話していたと他の方から聞きました。
意味あるのかな・・・とたまに思ってしまう毎日の積み重ねが報われた気がして、すごく嬉しかったです。

思わず言った言葉が、どこかで誰かを心底励ますことがあるんだから、私もしっかり思ったことを伝えなければ。

またコツコツ、がんばろっと(^^)

# by wineID | 2019-03-02 19:37 | 日常のあれこれ

さよならなんて云えないよ

今日は久しぶりに甥っ子と散歩。4歳を過ぎてあまり抱っこさせてくれなくなって、ちょっとさみしいです。
でも今日は手をつないでお店の周りをぐるりと一周しました。

生意気な口をきくようになったけど、手はまだまだもみじみたいに小さくて、ふわふわしてて、やっぱりかわいい。
ネコにびっくりしたり、どうみても普通の石を見てずっと笑ってたり、風が住んでいる場所を教えてくれたり、
彼が見ている世界は魔法であふれていて、手を繋いでいるときだけはその魔法に一緒にかかっているようです。


手をつなぎながらオザケンの「さよならなんて云えないよ」を思い出していました。

南風を待ってる 旅立つ日をずっと待ってる
“オッケーよ"なんて強がりばかりをみんな言いながら本当は分かってる
2度と戻らない美しい日にいると そして静かに心は離れてゆくと

彼の成長を嬉しく想うのと、ちょっとさみしい気持ちと。
とってもちっちゃい存在なのに、これほど幸せを教えてくれるなんて。


ちょっとおしゃれ風に書いているけど、ただのおばバカ日記。笑

# by wineID | 2019-02-28 20:23 | 日常のあれこれ

<有料試飲レヴュー>BOW!赤・白 / Domaine Oyamada

b0016474_12524500.jpg
2/23-24の有料試飲はこちらのワインをご紹介しました!
山梨県甲州市勝沼町にワイナリーを構える、ドメーヌオヤマダさんのBOW!白とBOW!赤の2種類です。

まさに日本のヴァンドソワフ!この味わいが1,000円台で買えることにいつも気持ちが追いつきません(;'∀')
今年もとっておきのワインを飲めてうれしいです♪

Domaine Oyamada ワイナリー情報

ドメーヌ・オヤマダの小山田幸紀さんは福島県郡山市出身。中央大学文学部ドイツ文学科卒という経歴ながらワインづくりの世界に。
山梨県笛吹市のルミエールに16年間勤務し、栽培・醸造責任者を務めました。

山梨ならではの気候・風土の中で最適な栽培方法を考え、実践し、選択する根っからの「畑の人」です。
2004年からビオディナミ農法をスタートさせましたが、ヨーロッパとは気候条件や歴史の成り立ちが大きく異なる環境の中では
調合剤を撒いても、茂った雑草に覆われ実際には地面に届かないのでは意味があるのだろうか。。。と常に疑問を持っていました。

小山田さんは日々の実践の中で、
●雑草といかに共生するか
●植生の多様化による虫の防除
●不耕起で草を生やす土づくり
これらの要素にそれぞれの答えを見出し、「日々の畑の観察とタイミングの良い管理作業」によりよい葡萄を育てています。

参考:ヴァンクゥール提供資料より
b0016474_13035038.jpg
とりちゃんを愛する小山田さん。本業は養鶏だそうです。コケコッコー。

文字だけを追うとなんだか気難しそうなひと・・と思ってしまうのですが、
確かな経験に裏打ちされた言葉には重みと説得力があり、フランクな人柄も相まって人としてもとても魅力的な作り手の一人です
小山田さんを慕う作り手、酒屋、飲食店が多いのも納得です。

私自身も小山田さんのふとした一言に学ぶことがたくさんあり、小山田さんたちの輪に入れてもらえる幸せをいつも感じます。

<ペイザナ農事組合法人>
ドメーヌ・オヤマダのワインは、ペイザナ農事組合法人中原ワイナリーにて醸造されています。
ペイザナ農事組合法人は、山梨市、広州市、笛吹市、甲府市、北斗市を拠点に活動。
農業人口の減少、若者の農業離れが進む中、「日本の農業の将来を見据え、農地を継承・活用し、農業従事者の雇用・育成を目的」として、
小山田さん、小林さん(共栄堂)により2011年に設立されました。

試飲レビューです。

①Domaine Oyamada / BOW! 赤 2018
キーワード:『飲みやすい!けど、それだけじゃない!』

生産者:ドメーヌ・オヤマダ(小山田幸紀さん)
生産地:醸造所は勝沼町中原、葡萄は山梨市内の3か所の畑から
品 種:カベルネフラン、マスカットベリーA、ムールヴェードル少量
その他:無施肥、合成農薬不使用、不耕起、草生栽培

〔コメント〕
グラスに注ぐと、マスカットベリーAらしいイチゴやフランボワーズのかわいい香りが溢れます。
グラスを少しスワリングするとそのほかのブドウの香りも程よく交じり合い、心地よい香りに癒されます^^
口に含んだ最初の印象は、口当たり軽やか、ピュア、フレッシュ。きれいな果実味が口をすーっと滑っていきます。
例年よりも色・香りともに薄め。落ち着かせると風味に変化が出るでしょうか?

※抜栓直後、香りに豆感がありましたが3日目に消えました。時間がたつごとに良いほうに変化してます。
 赤はもう少し置いてから飲んだほうがいいのか・・・判断が難しいです。


②Domaine Oyamada / BOW! 白 2018
キーワード:『そのおいしさにお手上げ。』

生産者:ドメーヌ・オヤマダ(小山田幸紀さん)
生産地:醸造所は勝沼町中原、葡萄は山梨市内の5か所の畑から
品 種:デラウェア主体、プチマンサン、シュナンブラン少量
その他:無施肥、合成農薬不使用、不耕起、草生栽培

〔コメント〕
砂糖漬けレモン、みかんの花、りんご、カモミール、洋ナシなど・・・、
南国系フルーツのニュアンスも感じる厚みのある味わいに、無条件に期待値があがります。
「フレッシュ」「華やか」では括れない香りの複雑さから、ロワールのソーヴィニヨンブランを連想させます。
果実感もたっぷり。やや粘性のある液体。
やや辛口ですが、透明感のある酸とミネラル感が果実感に寄り添い、静かな品格をもたらしています。
小ぶりグラスのほうが香りがふくよかに感じられ、私は好みでした!
4日目でも香り、味わいともにまだまだ元気!でも酸はだいぶ大人しくなるので、バランスとして考えるなら1~2日目が好みです。
4日目だと甘さがだいぶ際立ちます。日を追って楽しめる料理が変わるのがいいですね!

b0016474_12525394.jpg
BOW白と、揚げ出し豆腐を合わせました。出汁の風味とすごく合います!!!
おすすめです^^

**********
ご一読くださりありがとうございます。来週は何の試飲にしようかな~^^
**********

# by wineID | 2019-02-26 15:52 | ワインの感想

思い出に残るワインのはなし。

b0016474_11513326.jpg
昨年改装した時に作ったこのメッセージボード。
フランスのワイナリーめぐりをした時に、生産者さんたちが書いてくれた言葉を転写してあります。
(店前にひっそりあるので、たぶんあまり気づかれてない・・。)
台風対策?とか言われることもあったり(笑)

先日、東京のとあるビストロに気の置けない人たちと出かけた時のこと。
ブラインドでワインを出していただき、どこのワインか、なんの品種か、じゃあどのワイナリー??
などなど、ワイン好きならではの飲み方で楽しんだ夜でした。

そこで出てきた1本の赤ワインが忘れられません。
香りをかいで驚き。お寺で感じられるような、お香の香りがグラスに満ち溢れていました。
「わぁ~~~~!」とみんなが同じように思い、そして飲み、美しい味わいに酔いしれた瞬間でした。

香りから推察すると、北海道のピノノワール?でも色の濃さを考えると違うよなぁ・・・
と、なかなか答えは出ません。でも分かっていることは、とにかく美味しいということ。

そして答え合わせ。

運ばれてきたのは、domaine des Bois Lucas Cabernet Franc 2008 でした。
「まじかよ・・・・」ときっとみんなが同じように思ったと思います。衝撃的でした。

ボワ・ルカは、私達の店名にも使わせていただいているとても大切なワイン。
ボワ・ルカといえばあの香り、あの味わい、という私の凝り固まったイメージを軽々と飛び越え、
10年以上経ってもなお、いきいきと存在するその味わいの美しさに、言葉が出ませんでした。
こういう感覚のワインに出会うのは、久しぶりだなぁ。

写真は、ボワ・ルカの順子さんが書いてくださったメッセージ。
その言葉を、そのお店からの帰り道何度も反芻していました。
「ボトルの中でずっと生き続ける。たくさんの人と会話することができる。」
その意味が、この夜すとんと腑に落ちました。とんでもない世界に気づいてしまった、とちょっと怖くもなりました。

「どんなワインだった?」と聞かれても、きっと上手には説明できないけれど、
この日感じた気持ちぜんぶを、わたしはずっと忘れないだろうなと思います。

お酒強くないし、もともとワインが好きでこの仕事をしているわけでもないし・・・
なんて言葉を、何かに行き詰まると口にしていたはずなのに、ワインの世界にどっぷり浸かっているではないか。
表面化しないように見てみぬふりしていたこの事実と、向き合わねばならぬ時が来たみたい。

今思い出しても、胸に熱いものがこみ上げてくる夜でした。ワインってすごい。



# by wineID | 2019-02-25 12:16 | 日常のあれこれ