月夜にワイン

wineid.exblog.jp

【反射炉ビヤ!】

寒いよー!しかも雨も降ってきたー!

でも
美味しいビールがリリース&再入荷したのでお知らせしちゃいます。


NEW!
〇Juicy Drop IPA(Hazy IPA)
顔を近づけただけで、夏ミカン、白桃、レモンケーキ、
アプリコットなど色とりどりの香りに包まれます。
まろやかであり華やかである贅沢な味わい。
フルーティーなアメリカンホップとオーストラリアホップならではの豊かな香り。
少し早いですが夏先取りです!←今日は寒いから無理(笑)


NEW!
〇願成【がんじょう】IPL(インディアペールラガー)
北条時政が、頼朝の戦勝祈願のため建立した韮山「願成就院」
皆様の成功を祈願しこの名が付きました。
梨のような瑞々しい香りにしっかりとした苦みが特徴。
ドイツホップならではの引き締まった味わいは、
天ぷらとの相性が抜群です!


再入荷!
※こちらも限定ですが、個人的にこの3アイテムはイチオシです!ぜひ!!

〇ベルジャンペールエール(ベルジャンペールエール)
〇花見鳥【うぐいす】セゾン(バレルエイジドセゾン)
〇黄色椿【きいろつばき】(イングリッシュサマーエール)

633mlボトルビール
〇ベルジャンペールエール(ベルジャンペールエール)
〇黄色椿【黄色椿】(イングリッシュサマーエール)

もちろん定番も!
〇太郎左衛門(イングリッシュペールエール)
〇早雲(アメリカンペールエール)
〇農兵スチーム(カリフォルニア・コモン)


売り切れの際はご容赦くださいm(__)m

b0016474_1732315.jpg






◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# by wineID | 2018-04-17 17:37 | クラフトビール

試験終了。

b0016474_1382537.jpg

ワインの資格試験が終わりました。
昨年の10月から東京のスクールに通い始めて、はや半年。
あっとゆう間だったなぁ・・・。

暗記だけでなく、理論や応用力が求められる試験。
考えるちからがこんなに弱いのかと、日本の教育システムを憂いました。
(頭よさそうなことを言ってる風で、まったく手ごたえのなかった自分を肯定しているだけ。)

とりあえず結果は置いておいて・・・・。
試験までの過程で学んだこと、得た知識はほんとうに宝物。
様々な地域で様々な生産者さんたちが、工夫して努力してワインを作り出していることを知り、
1本1本をより愛おしく思えたことが、この半年間の1番の成果です。

試験終了後に、クラスメイトと健闘をたたえ合ってのプチカンパイ。
同志のようなこの一体感はなんなんでしょうか。(笑)
情熱があふれまくる先生のもとで学べて、
このクラスメイトに出会えたこと、同業者の輪が広がったことも大きな宝物です。


毎朝5時に起きて勉強していた日々もいったん終了。
なのに今日も5時に起きてしまった。習慣ってすごい。

でも・・・・
きっと不合格なので、再試験に向けて引き続きがんばります(ノД`)・゜・。





◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# by wineID | 2018-04-16 13:17 | 日常のあれこれ

5/24 スペインワイン会@オトロ!

スペインから生産者をお招きし、ワイン会を開催いたします*

b0016474_1718427.jpg


5/24(木)19:00~
三島広小路駅そばのOtroさんにて、生産者をお招きしてのワイン会を開催!

スペイン、バレンシア地方。
温暖な気候の中で無農薬でのびのび育つ元気なぶどうから、エンゲラ社のワインは生まれます。

当日は、エンゲラ社の醸造をしているアルバロさんがご来店!

気軽に楽しめるワイン会です。
初心者の方もぜひお気軽にご参加ください。

-------------------------------------------
5/24(木)19:00 スタート
会場 オトロ
会費 6000円
*要予約。
3日前より50%当日100%のキャンセル料
--------------------------------------------

ご予約・お問い合わせは
オトロ 0559831008
までどうぞ。

楽しくカンパイいたしましょ!



◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# by wineID | 2018-04-14 17:21 | イベント

ドメーヌ・タカヒコ情報*

b0016474_15271120.jpg

北海道のワインのお知らせが続きますね(*'ω'*)
アツシさんと同じく、余市の作り手さん ドメーヌ・タカヒコ入荷です。

少し落ち着かせてから販売しますので、販売時期未定です。
(ご予約は承っておりません。スミマセン。)

今年のワインたちは、どんなお味でしょう。楽しみだな~♪




◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# by wineID | 2018-04-13 15:27 | ワイン

新年度なんで。

先日、甥っ子の保育園の進級式に行ってきました。
(甥っ子の進級式に行くとかだいぶイタイって分かってるんで言わないでください。)

今まで1階だった教室が、今年からは2階の教室になった甥っ子。
階段をのぼる小さな背中が、ちょっとお兄さんです。

基本的にわたしは甥っ子に見下されてるので、

「ぼくはかいだんのぼれるのよ!ゆみちゃんは、かいだん、のぼれないでしょ。」

って、すっごい鼻の穴ひろげて上から目線で言われました。3歳児に。


自営業だと「年度」を意識することはあまりないですが、
階段をドキドキした気持ちでのぼっている子どもたちの気持ちを想像すると、
わたしもまっさらな気持ちで、この1年を頑張ろうと思えます。

b0016474_9423052.jpg

大社の桜も今年は見納め。また来年会おうね~。




◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# by wineID | 2018-04-10 09:42 | 日常のあれこれ

新しい世界の入り口。

b0016474_177216.jpg

シェリーに興味津々な今日この頃。
ワインスクールでシェリーを飲んで、その美味しさにびっくり。
もっと知りたい欲が高まっていたところ、
運よくシェリーミュージアムの中瀬さんをご紹介いただきました。

3種類のシェリーを飲み比べながら、
そのグラスごとに繰り広げられるシェリーの歴史、文化、風土のお話。
どこまでも広がる中瀬さんのお話がとてもおもしろく、とても興味深く、
まだふわふわと興奮の中にいるようです。

またひとつ、知らない世界に出会ってしまった~~。しあわせ(*´ω`*)
三島でシェリーのおもしろさを伝えていけるように、もっともっと勉強していかねば!



◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# by wineID | 2018-04-05 17:13 | 日常のあれこれ

このワインがすごかった。

b0016474_1415158.jpg

フランス・アルザス、マチューダイスさんがつくるこの1本。
なんか、すごく心にぐっときた。こういう衝撃を受けるワインは久しぶりだな。

34歳のマチューさん。
次の世代のワインの在り方をずっと考えている作り手のひとりです。

「ただ悩んでるだけじゃなく、しっかり形で示してこそだよ」と言われたようで・・・。

なんかおなか痛くなってきたので今日はここまで。



◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# by wineID | 2018-04-01 14:07 | ワイン

さくらが満開だよ~~。

三島大社の桜が満開です。
三島大社は桜もいいけど、池の鯉のがっつき具合もすごいからエサあげてみてね。

このブログ、どのくらいの人が見てくれているんだろうと思って、
週ごとの閲覧者数を久しぶりにのぞいてみました。
そしたら、2月19日に閲覧者数が異様に多い!!!
何か書いたんだっけなぁ・・・と確認してみたら、コレでした。


えっ(・ω・)







◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# by wineID | 2018-03-27 12:23 | 日常のあれこれ

【後編】ロンバルディアナイト in イル・ボルゴ!

ノビリのワインに続いて登場したのは、ビアーヴァの醸造長・マヌエル ビアーヴァさん。
明るく陽気な人柄で、会をたっぷり盛り上げてくださいました('ω'*)

ノビリと同じく、ロンバルディア州の山間で代々ワイン造りをするビアーヴァ。
”モスカートの芸術”と称えられる究極の甘口ワイン、
「モスカート・ディ・スカンツォDOCG」を代々作り続ける生産者さんです。b0016474_9224037.jpg

ビアーヴァが所属する”モスカート・ディ・スカンツォDOCG”は、全部で30haという小ささ。
この規模はイタリアで最も小さいDOCGです。
このエリアの特徴的なブドウ品種は、なんといっても”モスカート・ディ・スカンツォ種”。
このエリアで作られるモスカート・ディ・スカンツォ種は、
世界で唯一、黒い皮を持ったモスカートのブドウなのです!!!
特徴的なスパイシーでフローラルなアロマは、この品種だけに与えられた特別な香り。
中でもビアーヴァは、この品種の発祥の区画と言われるバスティア山の最も高い所に位置し、
日当たりがよく、香り高く味わいのしっかりとしたワインが生まれます。

この特別なブドウを陰干しで3か月自然乾燥して糖度を高め、
作られるのが幻のデザートワイン「モスカート・ディ・スカンツォDOCG」。
生産本数はわずか3000本。この少なさが、国内でも出会うのが難しいといわれる所以です。
(なのに富士で出会えるなんて・・・しかも生産者さんと一緒に。涙。。。)

b0016474_923339.jpg
こちらは辛口。辛口ワインも造られています。

この甘口ワインは、18世紀から19世紀にかけてロシア皇族の公式飲料であったという歴史を持ちます。
ビアーヴァ家でも、教会が所有していた畑を代々耕し、教会用にワインを献上していました。
献上する先は、教会の中でも上位層。2003年まではすべて教会用に作られていたといいます。
ワイン造りに関してもたくさんの決まりがあり、教会が決めたレシピ通りにワインを造る必要がありました。
そのため、ぶどうの乾燥に扇風機などの機械の使用が認められておらず、
知恵と工夫によって全くの手作業によってのみ、陰干しが達成されていたのだそうです。
その伝統は今でもワイナリーで継承され、ぶどうは自然乾燥されています。

様々な規則の中でワインを作り続けることは、ビアーヴァ家にとって大変なことも多かったでしょう。
しかしその規則があったことで、畑が守られ、伝統が継承され、
私たちのもとに素晴らしいワインが届けられるパラドックスに感謝しなければいけないなぁ・・・と。

b0016474_92427.jpgb0016474_9241816.jpg
会の終わりに、二コラさんとマヌエルさんのメッセージをイルボルゴさんの壁に。
イルボルゴさんにお食事に行った際には、ぜひ探してみてくださいね♪

b0016474_9244327.jpg
今日の会を作り上げた男たち~~~。かっこいい~~~。

b0016474_925474.jpg
ビストロ・ユイットさんに移動して、ささやかな打ち上げを。
みなさまおつかれさまでした!この日は富士に宿泊し、翌日は名古屋にてお仕事。
日本滞在も終盤です。最後まで、よき日本滞在となりますように・・・。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

***********

「水を飲もうかな」という小さな選択から、
「家を買おう。」というような大きな選択まで、私たちは一瞬一瞬の選択を積み重ねています。
今日までいろんなことを選択して生きてきて、その選択のすべてがあったから、
出会うはずのなかった遠い遠い山の中の生産者さんと縁ができて、
こうして彼らが造ったワインを、しかも目の前で一緒に飲むことができる。
これが、奇跡以外のなんなのだろうかと、じんわりと幸せをかみしめる富士の夜なのでした。

ああああ、イタリア大好きーーー!!!!!!!!!!


翌日。
b0016474_9252191.jpg
新富士駅から新幹線に乗る直前に、切符をなくしてしまったマヌエルさん。
「彼はまだここにいたいみたいだなぁー('▽')あっはっは」と笑い合って、
素晴らしきロンバルディアナイトが幕を閉じました。






■special thanks■
①ワイン会会場:IL BORGO (イルボルゴ)
 ランチ 水~金 11:30~13:30
 ディナー 月~金 18:00~22:00 土祝日 17:30~21:30
 定休日 :日曜日 
 TEL 0545-65-7075 (電話はなるべく営業時間をはずしてお願いします。)

②ワイン会打ち上げ会場:ビストロ ユイット
 ディナーのみ 月~土 17:30~24:00
 定休日 : 日曜日
 TEL 0545-62-0798

③今回の生産者さんのワインの輸入・販売・通訳
 株式会社 仙石 仙石恭子さん









◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# by wineID | 2018-03-25 17:30 | イベント

【前編】ロンバルディアナイト in イル・ボルゴ!

3月14日(水)ホワイトデーのこの日、
イタリア・ロンバルディア州より3名のイタリア人ゲストをお迎えしました!!
ワイン会の会場となったのは、富士市・IL BORGOさん。
後藤シェフとのはじめてのワイン会・・・とてもとても楽しみにしていた日がやってきました(^o^)

生産者さんが来てくれるたびに
「こんなに遠くまで来てくれてありがとう!」という気持ちがあふれます。
ため息が出るような長い月日の積み重ねが、
ワインという形を通して現代まで受け継がれるイタリア。
そのワインを口にするだけで、私たちは国境も時空も超えてどこまで旅をすることができます。
決して派手な暮らしではない。淡々と、次の世代に変わらぬものを受け継いでいる人たち。
その営みの美しさに酔いしれた、とても素晴らしくとても幸せな夜でした!

17:00頃、3名のゲストが富士駅に到着!
この日は天気がとてもよく、大迫力の富士山を見ることができました。
b0016474_185352100.jpg
カメラの先にはマウントフジ。

富士山を眺めながら、今夜の舞台、イルボルゴさんへ向かいます!
イルボルゴさんは今年でオープン4周年。
素朴な味わいの中にある忘れられない美味しさ、料理とお客様、仕事に対する後藤さんの誠実な姿勢に、
お店を訪れるたびに多くの学びをいただいています。

さあ、宴のはじまりです!みんなでカンパイ!
b0016474_2251196.jpgb0016474_22512338.jpg

ワインを楽しみながら、いま飲んでいるワインがどんな場所から来ているのかお話しします。
まず登場したのは、ルカ・マッツォレーニさん。彼だけ、生産者さんではありません。
ワインジャーナリストとしての活動や、各国にイタリアワインを紹介したり、
”ヴェロネッリ”という屈指のイタリアワインガイドの評論家も務めていたワインの専門家。
ルカさんがロンバルディア州についての概要を説明し、
想像もできなかった遠い場所の輪郭が、はっきりと見えてきました。

北イタリア・ロンバルディア州は、ファッションとデザインの街ミラノを有する有力な工業産地。
面積の35%が山で、その地形を利用した山間部での葡萄栽培もこの土地のワインを特徴づけています。
そんなロンバルディア州には、フランチャコルタDOCGやオルトレポー・パヴェーゼDOCGなど、
素晴らしいワインが産出されるエリアが点在しています。

2人目のゲスト、二コラさんはヴァルテリーナDOCGにワイナリーを構えるノビリ社のオーナー兼醸造家です。
b0016474_235494.jpg
左に立つのがルカさん、右に立つのが二コラさん。

北イタリアの男性を象徴するような、寡黙な人柄の二コラさん。
しかし、畑の話やワインの話がはじまると、慎重に言葉を選びながら想いを伝えてくれました。
ノビリ家の歴史は1591年に遡るほど古いもの。ヴァルテリーナの中でも最も古くから存在する生産者です。
古い葡萄畑と伝統的な醸造方法(発酵には自然酵母、発酵樽は伝統的なスロヴェニア大樽と栗の大樽を使用する)を厳格に継承しています。

「先祖がつないできたこの暮らしを守り、次の世代に引き継ぐことが自分の使命。」

と話す時の真剣なまなざしが忘れられません。
b0016474_236724.jpg
特徴的な棚畑と、ブドウを収穫する風景

ヴァルテリーナDOCは、東西を走るアッダ川の日当たりの良い南斜面に広がり、
人の手によってアッダ川河口から土を運び、棚畑が造られました。
その総面積は1000haにもおよび、数百年前の祖先たちによって形成されたといわれます。
冬は厳しい寒さが訪れ、夏にはサボテンが生息できるほど気温が上昇するこの土地で生きるために、
先人たちの工夫と努力が今でも息づいています。
この土地の気候はキアヴェンナスカ(ネッビオーロ種)と非常に相性がよい産地。
近年の研究では、ピエモンテ州よりも古くからネッビオーロ種の歴史があることが分かっています。

ヴァルテリーナでの1ヘクタールあたりの一年間の農作業時間は1000~1200時間。
バローロやキャンティは300-400時間、チリでは50-100時間だというのですから、この地の過酷さがわかります。

b0016474_043232.jpgb0016474_044572.jpg

今日登場したワインも、もちろんすべてキアヴェンナスカ(ネッビオーロ種)100%
■「インフェルノ」 ヴァルテリーナ・スペリオーレ
■「サッセッラ」 ヴァルテリーナ・スペリオーレ
キアヴェンナスカ(ネッビオーロ種)100%から造られています。
「インフェルノ(地獄)」や「サッセッラ(岩)」は、DOC内のサブゾーンにつけられた名前。
それぞれのエリアから造られる葡萄であることを表し、味わいも全く異なります。

そして最後に登場したのは、
■イル・モンテスカレ スフォルツァート・ディ・ヴァルテリーナ です。
ここまで飲んできたワインもとても美味しかったのに、これまで登場したワインと一線を画す味わいに驚き。。。。
凝縮感と滑らかな口当たり、きめ細やかなタンニンが心をつかんで離しません。
スフォルツァートは、樹齢70年を超える良いブドウを選りすぐり、
そのブドウを陰干しすることによって糖度を上げる技術です。
陰干しによってネッビオーロの旨みを最大限に引き出し、官能的な味わいをもたらしています。

b0016474_034833.jpg

ワインに合わせてテンポよく登場するのは、ヴァルテリーナの郷土料理。
そば粉を使ったパスタに、チーズをフリットしたシアットなど。
腹持ちのよい料理は、寒い山間の地域ならでは。
濃厚で塩分もしっかりついており、ワインとの相乗効果で現地を旅しているようでした(*'ω'*)
b0016474_0375569.jpgb0016474_038726.jpg

シアットを食べた瞬間に、一気に緊張がほどけた様子の二コラさん。
「日本でロンバルディアだー!!!」と、食べてるところを写真に撮ってくれとせがむ様子(笑)



書き始めたら長くなってしまいました(汗)
後編に続く!



◆営業時間◆

OPEN 10:00~19:00
      (但し、日曜・祝日は17:00まで)
定休日 水曜日


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Luca wine (ルカワイン)
静岡県三島市中央町2-6
http://www.luca-wine.com
FaceBook http://www.facebook.com/wine.luca
TEL (055)983-0755
FAX (055)983-0756

OPEN : 10:00-19:00 (Sunday 10:00-17:00)
CLOSED: Wednesday

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

# by wineID | 2018-03-21 00:47 | イベント